So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

CENTURYのBLACK PAWNという67キー省スペースキーボードを買ってみました。 [PCハード]

少し前にジャストシステム直営のECサイトのアウトレットセールでサブPC用にCENTURYの「BLACK PAWN」という67キーのコンパクトキーボードを入手しました。購入したのはCHERRY社の「茶軸」スイッチを採用したモデルでブルーLEDのバックライトが搭載されています。発売は2013年末とかなり前のモデルですが、キーボードですからね。数年で劇的な進化があるわけでも無いので気にすることはありません。

メインPCのキーボードは以前購入した東プレxJustsystemのREALFORCE108UG-HiProで定着しました。使い始めこそ独特のキートップの窪みに指が引っかかったりして若干の違和感がありましたが現在ではすっかり手に馴染みました。ジュースや珈琲でもぶちまけない限り10年は余裕で使えるでしょう。

実はサブPC用としてPFUの Happy Hacking Keyboard Lite2 を使っていたのですが、どうもキーのやや変則的な配置に馴染めず、メンブレンの打鍵感も好きになれなかったので小型の手頃な物は無いかと探していました。また、サブPCのキーボードはあまり使うことが無いのでちょっと奥まったところに設置しているので夜間などはちょっとパスコードを打つだけでも難儀していたので、できればうるさくない程度のバックライト付きのものが欲しいなと思っていたところでした。

BP-01b.jpg「箱破損品」ということでアウトレット扱いになっていたのですが、若干擦り傷や箱の広がりがある程度で綺麗な物でした。所謂箱蹴り品という奴です。
Just My Shopのアウトレットはたまにお得な品が手に入ることがあるので時々チェックしておくといいことがあるかも知れません。ただここ、一度買い物するとスパムメール並に宣伝が届きます。Shuriken という Justsystem のメールソフトで迷惑メールフォルダに自動隔離するようにしていますが(笑)、一日に何通も届くのはさすがに酷いと思います。また、ショッピングで結構ポイントがついたりもするのですが、会員ランクによるポイントの利用制限などもあって正直あまり使いやすいとは言えません。

交換用のキートップが4つとキーの引き抜き工具、1.5mのUSBケーブルが付属していました。
このキーボードのUSBケーブルは着脱式でキーボードの左上にMini USBコネクタがあります。今回の私のケースのように普段はほとんど使わないけどたまに手元に持ってきて操作したいというような場合には手持ちの別のケーブルをPCのUSBポートに刺してさっと使えるので、このケーブルの脱着ができるというのはありがたいものです。ただこのMini USBコネクタ、耐久性に若干問題があるらしく現在ではほぼ使われなくなっています。あまり頻繁に抜き差ししていると認識しなくなったりするかも知れません。
引き抜き工具は樹脂製の簡単な物ですがキーに傷を付ける心配も無くそこそこ使いやすく感じました。キーボードの掃除に一つあるととても便利なのでこの種のおまけは嬉しいですね。

BP-02b.jpg

裏面にはキー配置入れ替え用のDIPスイッチと滑り止めのゴムが付いていますが、キーボードの傾きを調節できるチルト機構のようなものは付いていません。

BP-03b.jpg漢字入力をよく使うのでEscキーだけE/Jキーに入れ替えました。説明書通りに裏面のDIPスイッチでキー配列を変更し、引き抜いたキーを交換するだけです。キートップは二色成形されていて文字部分がバックライトを透過して発光する仕組みになってるので、使っているうちにキーの印字が薄れてしまうという心配はなさそうです。スイッチ上部にLEDが付いていること以外は一般的なCherry軸スイッチなので、文字部分の発光を気にしないのであれば市販の交換用キートップに入れ替えて色などを好きにカスタマイズすることも可能です。


BP-04b.jpg写真上が夜間に輝度を最大にした状態、下が最低にした状態です。写真では紫がかった色になってしまっていますが、実際は綺麗な青色です。輝度最低の状態でも文字の判別はしっかりできます。
最上段は数字が発光するように数字と記号の印字を逆にして欲しかったですね。「0」にあたるキーは発光しません。
67キーと最小限のキー数なのでファンクションキーや機能キー(HomeやPrint Screenなど)は「FN」キーと他のキーの同時押しで使うことになります。
また、FNキーとVキーの同時押しで発光のON/OFF切替え、FNキー+Bキーで明るく、FNキー+Cキーで暗くすることができ、7段階に輝度を調節することが可能です。

W295 x D102 x H38mm と非常にコンパクトに作られていますが約570gあって意外にずっしりとしています。裏面の滑り止めもあるので打鍵中に動いてしまうというようなことはないでしょう。下の写真はHappy Hacking Keyboard Lite2 との比較です。縦サイズがコンパクトなのでかなりスリムに感じます。キー配列もかなり素直なので他のキーボードを使っている方でも馴染みやすいのではないかと思います。

BP-08b.jpg

押し心地は「茶軸」は「赤軸」と「青軸」の間の位置づけとのことで、軽めの打鍵感に僅かなクリック感が感じられます。人気のCherry MXキースイッチだけあって打ち心地はさすがになかなかのものですね。気持ちよくタイピングすることができます。タイプ音はそれなりにするので夜間だと少し気になるかも知れません。


欠点としてはまずメカニカルキースイッチの宿命とも言えるチャタリングが起きるようになってしまう可能性があります。過去に何度かこの問題でイライラさせられたことがあるので、私個人としてはメカニカルスイッチ式のキーボードをメインで使う気にはなれません。東プレのRealforceシリーズが採用している「静電容量無接点方式」では原理的にこの問題と無縁なので普段使いはやはりこちらを選んでしまいます。
また、DeleteキーがFnキーとBack Sapceキーの同時押しで入力するようになっているため、PC起動時にはこの同時押しが認識されないようで、DeleteキーでBios設定に入るタイプのマザーボードではBios画面に辿り着くことができません。このことに気付くまで若干悩みました。Back SpaceとDeleteキーのDIPスイッチによる入れ替えもできると良かったのですがね。こちらの件はHappy Hacking Keyboard Lite2でも同様でした。


欠点もありますがコンパクトな割にしっかりとした作りですし、USBケーブルの脱着が可能、暗がりに置いてもバックライトのおかげでキーの判別が容易とサブで使うにはなかなかよさげです。

既に生産は完了していて市場に出回っているのは流通在庫か中古のみとなっていますが、Just My Shopではショップの検索ボックスに「black pawn」と入力するとまだ数種類が処分セール価格で購入可能なようです。(4軸混合なんてネタ的な機種もありますが・・・。売り切れの場合はご容赦を。)
ちなみに「BLACK QUEEN」という63キーのモデルが後継機に当たるようで、記号では無く数字のキーが光るようになっていたりとそれなりに改良されている模様です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

GIGAZINEの懸賞に当たってました。 [その他]

ある日ニュースサイトのGIGAZINE編集部から「GIGAZINEからのお知らせです。」という件名の一通のメールが届きました。若干訝しがりながら確認してみたところ、GIGAZINEが定期的に行っているアンケートプレゼント企画の当選通知でした。

ただ、どれに当選したのか書かれておらず、自分が何に応募したかも覚えていない(笑)。放置してると権利が移ってしまうそうなのでとりあえず送付先等を連絡して約2週間後、届いたのがこれ。

gigazine-1a.jpg◆33:かき氷専門店「ソルビン」のオリジナルスプーン(1名様)

ソルビンというかき氷専門店など全く知りもしませんでしたが、そこそこ有名どころのようですね。関西には店舗も無いようなので知る由もありませんが、下記リンクのお店みたいです。
   かき氷専門店「ソルビン」

見たところ「かき氷」というよりパフェのような感じですね。かき氷はやはりシンプルな方がいいかな。まあわざわざ訪れることは無いでしょう。

どうやら九州にできた新店舗のオープン記念品と同じ物のようで2本セットで頂きました。長さが20cmもあるのでカレーやシチューを食べるのにもなかなか良さそうです。まあ当たるときは当たるものですね。スマホやギフトカードなども賞品にありましたのでそちらに応募者の多くが流れたのでしょうか。

ただ、送付先を入力した後受付確認のようなメールくらいは欲しかったですね。その後賞品が届くまで全く音沙汰が無かったので流行の詐欺の一種かと勘ぐってしまいました(苦笑)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

Civilization VI "SUMMER 2017" アップデート [ゲーム]

Civilization VI に "SUMMER 2017" アップデートと追加のDLCが実装されました。Mac版とLinux版は少し遅れるそうです。
(公式HP上のパッチ内容はまだ日本語化されていないようですが、SteamライブラリのCiv6→ニュース→英語のパッチ情報のタイトルをクリックすると日本語訳が見れるようになっています。)


今回の追加DLCはヌビアという文明とそのシナリオパックです。追加料金498円でSteam上で購入可能ですが、Delux版購入者は今回のDLCも追加負担無しに楽しむことができます。当初の予定では前回のPersia and Macedon Civilization & Scenario PackまでがDelux版で追加料金無しに得られる範囲のはずでしたが、不満が多かったのか今回のヌビアともう二人の指導者を含むDLCまでが含まれるようになったそうです。In the coming monthsとなっているので秋頃には遊べるようになるのでしょうか。

多数の要望が寄せられていたにもかかわらずバグが残っていたためずっと実装が延期されていたという、生成されたゲームの「リスタートボタン」がようやく実装されました。ゲーム中の「メニュー」から「最初から」を選ぶと同じマップでのリスタートができるようです。ただこの場合でもスタート位置や資源配置はランダムになるようで、全く同じ条件からの再スタートができるというわけではないようです。

今回もバランス調整や不具合修正が多数入っているようですが、外交画面ではかえって不具合?が増えてしまっているような気がします。他国との交渉時に美術品や遺物などを要求しようとした場合に、一見交渉できるように見えて実際にはボタンが押せないことがありました。どうやら自都市の遺物などを入れるスロットに空きが無い場合にこのような挙動になってしまうようです。他にも同盟が非常に組みにくくなっていたり、相手側から和平の申し出があったときに異常にたくさんの都市を要求できたりとどうも挙動がおかしい印象を受けます。AIに関しては大分良くなってきているとは思います。また、破城槌と攻城塔が現代の都市攻撃にも有効という訳の分からない仕様も修正されたようです。アップデート後のフリーズはゲーム中にOSを巻き込んでというのが1回、ゲーム終了時のフリーズは特に影響はありませんが何度か遭遇しました。

継続的にアップデートされているのは有り難いことなのですが、新たな不具合が出てきたりバランス調整が極端になったりと完成という状態になるのはいつのことなのでしょうかね。


SPRINGアップデートでは上書きされてなかった worldinput.lua に再度手が入ったようでファイルをいじっている場合はまた書き直しが必要になります。動作確認済みの修正記事のリンクを張っておきますのでよろしければご利用ください。
Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール
Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法
Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール  [ゲーム]

※ SUMMER 2017 アップデート動作確認済み ※

Civilization VI ではデフォルトでマップのスクロール方法がマウス左ボタンホールドでの掴み移動とキーボードのカーソルキー(←↑↓→)に割り当てられています。また、設定でマウスカーソルを画面端に持っていくと自動スクロールさせるようにすることも出来るのですが、ちょっと敏感すぎたりして使いにくいのでこちらの機能はOFFにしています。
このままでもゲームはできますが、やはり右手にマウスを持ちながらキーボードのカーソルキーを触るより多くのゲームで標準になっている「WASD」キーを使った移動のほうが馴染みがあってやりやすいと感じる方が多いでしょう。

こちらもゲームファイルの編集で可能にすることができますので方法を書いておきます。
他と同様、Steamクライアントのニュースから辿れる "Civilization 6 Tweaks And Tips" という記事
を参考にさせて頂きました。

Civilization VI ではデフォルトで「A」を攻撃、「W」を傑作画面の表示に割り当てられていますので、事前準備として ゲーム中のキー割り当て画面で先に適当なキーを割り振っておいてください。
私はついでに「スペースキー」を攻撃に、シヴィロペディアを「F1」に振っておきました。

また他と同様ゲームファイルをいじることになりますので試す方は必ず以下の方法でバックアップをとり、いつでも元に戻せるようにしておいてください。実は私も以前ここの設定で何かを間違えたらしく、一切ゲーム画面のスクロールが出来なくなってしまったことがあります。バックアップからリネームして戻すことで無事事なきを得ましたので、やはりバックアップは大事だと感じた次第です(苦笑)。

また、こちらもファイルの修正はゲーム起動中でも可能です。ファイル内容を修正して上書きすれば直ちに適用されます。バックアップから戻す場合は一旦ゲームは終了してください。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. 編集→検索から DefaultKeyDownHandler で検索し、
     if( uiKey == Keys.VK_UP ) then
  を
     if( uiKey == Keys.VK_UP or uiKey == Keys.W ) then
  で置き換える。
  以下同様に
     if( uiKey == Keys.VK_RIGHT or uiKey == Keys.D ) then
     if( uiKey == Keys.VK_DOWN or uiKey == Keys.S ) then
     if( uiKey == Keys.VK_LEFT or uiKey == Keys.A ) then
  で置き換える。(もちろんWASD以外のキーを割り振ることも出来ます。)
5. これでWASDキーでマップスクロール出来るようになりますがこのままだと一度キーを押すと押しっぱ
  なしの状態になってしまうので次のセクションの DefaultKeyUpHandler でも同様に置換していきます。
     if( uiKey == Keys.VK_UP or uiKey == Keys.W ) then
     if( uiKey == Keys.VK_RIGHT or uiKey == Keys.D ) then
     if( uiKey == Keys.VK_DOWN or uiKey == Keys.S ) then
     if( uiKey == Keys.VK_LEFT or uiKey == Keys.A ) then
6. 上書きして終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに一旦戻してやり
  直してみる。


これで右手にマウス、左手はキーボードのオーソドックスなスタイルで快適にプレイできるようになります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法 [ゲーム]

※ SUMMER 2017 アップデート動作確認済み ※

Civilization VIでは、視点を回転させるにはAltキーを押しながらマウス左ボタンをホールドすることで両方押している間は自由にマップの回転が可能になるのですが、マウスなりAltキーなりを離すとクルッとデフォルトのカメラ位置へ戻ってしまいます。

視点を回転させた状態で固定させるにはゲームファイルの修正が必要です。
方法は Steamクライアント のニュースの "Civilization 6 Tweaks And Tips" という記事中リンクから辿れる
   How to keep camera rotated - solution
   http://steamcommunity.com/app/289070/discussions/0/340412122410046153/
に書いてあるのですが、英語なので一応日本語で紹介しておきます。

ただゲームファイルをいじることになりますので試す方は必ず以下の方法でバックアップをとり、元に戻せるようにしておいてください。確認はしていますが最悪再インストール等が必要になってしまう可能性もないとは言い切れません。

ファイルの修正はゲーム起動中でも可能です。ファイル内容を修正して上書きすれば直ちに適用されます。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. 編集→検索から UnitMoveRestrictions を探し、
     local m_kTutorialUnitMoveRestrictions :table = nil; (140行目)
  の後の行に以下の2行を加える。

5. 再び検索から UpdateDragMap を探し439行目からの
     if m_isALTDown then
     UI.SpinMap( m_dragStartX - x, m_dragStartY - y );
     else
  を

  で置き換える。
6. また検索から EndDragMap を探して直下の行(455行目)をコメントアウトする。
    例)「UI.SpinMap( 0.0, 0.0 );」の冒頭に「--」を付けて「-- UI.SpinMap( 0.0, 0.0 );」とする。
7. 上書き保存して終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに戻す。

以上でAltキーとマウス左ボタンを離しても離したときの状態で視点位置が固定されます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法 [ゲーム]

※ SUMMER 2017 アップデート動作確認済み ※

ゲームファイルをいじることになりますので修正前に元のファイルのコピーは作成しておいてください。今回のファイルの修正はゲーム起動中でも可能です。上書き保存後直ちに効果が得られます。

Steamクライアント のニュースから "Civilization 6 tweaks and fixes guide" という記事を参考にさせて頂いています。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. 編集→検索から local PAN_SPEED を探し、
     local PAN_SPEED :number = 1;
  のようになっている部分の number = 1 の数字を2に変える。
5. 上書き保存して終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに戻す。

マウス移動では効果がよくわかりませんがカーソルキーやWASDキー(別途書き換え必要)で移動させる場合は体感でわかるくらいにスクロール速度が上がったはずです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ノジマ(7419)の株主優待メモ [投資関係]

関東地盤の家電量販店であるノジマの優待を取ってみたのですが、若干優待の利用手続きが面倒なので使い方をメモしておきます。

株主優待制度の内容
http://www.nojima.co.jp/ir/stockholder/


直近ではインターネットプロバイダのniftyの買収で話題になっていました。自社株買いのアナウンスは毎年わりとあるようですが、実際には購入していないというケースも多いところのようなので長期保有にはやや注意が必要かも知れません。今年については権利確定後も業績・株価ともに順調な推移をしてはいるようです。


以前の優待制度には保有株式数が多くなるほど還元率が下がるという批判が株主から上がっていたそうで、この3月に一部の内容が変更されて以下のように見直されたようです。まあ100株保有の優待利回りが15%近くあったのに対して2,000株保有者のそれが4%未満ではそりゃあ不満も上がるだろうなという気はします。

ノジマの株主優待制度の内容
保有株式数 株主優待内容 年間還元相当額
100株以上200株未満 株主優待割引券(最大1,000円):5枚×年2回
株主来店ポイント券(500ポイント):2枚×年2回
最大12,000円相当
200株以上500株未満 株主優待割引券(最大1,000円):10枚×年2回
株主来店ポイント券(500ポイント):4枚×年2回
最大24,000円相当
500株以上1,000株未満 株主優待割引券(最大1,000円):25枚×年2回
株主来店ポイント券(500ポイント):6枚×年2回
店頭サービス優待券:1枚×年2回
最大61,400円相当
1,000株以上 株主優待割引券(最大1,000円):50枚×年2回
株主来店ポイント券(500ポイント):12枚×年2回
店頭サービス優待券:2枚×年2回
ノジマPBエルソニック商品×年1回(9月)
最大125,800円相当

基準日:3月・9月(末日)


実店舗に持っていって使うのが一番簡単確実ですが、あいにく関西には店舗がありませんので直営ネット通販の「Nojima Online」での使い方について書いておきます。

「株主優待割引券」
 ・割引券1枚につき1,000円を上限として複数枚の同時利用は可能。(上限50枚)
   ・10%の割引が受けられるのは「代金引換」と「銀行振込」のみ。
   ・クレジットカード・コンビニ払い利用時は割引率8%となり、1枚につき800円が上限。
   ・dケータイ払いプラスの利用は不可。
 ・購入後にWebのマイページから申請が必要。(有効期限に注意。)
   ・申請後に優待割引券と購入明細書の郵送が必要。
   ・「優待割引券」記載の有効期限日の消印までが申請期限となる。
 ・割り戻し金の受け取り方法は「銀行振込」と「ノジマオンラインポイント」のみ。
   ・銀行振り込みでの受け取りには別途振込手数料540円が必要。
   ・2,000円未満の割戻金の受け取りはノジマオンラインポイントのみ。
 ・割戻金の受け取りはポイントの場合約2週間、銀行振込の場合は約1ヶ月後となる。

「株主来店ポイント券」
 ・ネット通販のノジマオンラインでも利用可能。
 ・注文商品一つにつき1枚(500円分)まで使用できる。
  (複数商品を注文すれば1回の注文でも複数枚利用可能)
 ・商品購入後に優待割引券と同時に送付すれば約2週間後にポイントが付与される。


優待割引券・来店ポイント券送付先 (変更される可能性もあるのでご確認ください。)

     〒220-6126 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
           クイーンズタワーB棟 26F
           株式会社ノジマ ノジマオンライン「株主優待割引券事務」係

※ オーディオスクェア購入の場合はこちら参照のこと。


今後も利用予定があるのなら迷わずポイント受け取りでよいでしょう。通常ポイントとして付与されるので利用に制約はありませんし、通常のショッピングにdケータイ払いプラスが使える数少ない店の一つなのでオンラインショップとしての使い勝手は悪くは無いとは思います。(色々制約に注意は必要ですが。)
特にApple製品のようになかなか値引きされることの無い商品や大型家電などの高額商品の購入時にこの優待はかなりお得だと思います。たまにほんとの掘り出し物のあるアウトレット品への利用も魅力的です。
優待の申請方法に関してはまあオンラインショップなのに今時手間と日数のかかる郵送でのやり取りが必要だったり銀行振込なら手数料引かれてしまったりと正直あまり使い勝手がいいとは言えませんけどね・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

EVGA製の電源 SuperNOVA 650 P2 を個人輸入してみました。 [PCハード]

今まで使っていたクーラーマスター社のV750 Semi-Modular(RS750-AMAAG1-JP)がある日なんの前触れも無く壊れてしまったので以前から気になっていたEVGA SuperNOVA 650 P2(220-P2-0650-X1)を米国Amazonから取り寄せてみることにしました。久しぶりの個人輸入です。

SuperNOVA-650P2-1.jpgスペックは以下のような感じです。

容量:650W
  (100-240 VAC,10A,50-60 Hz)
80 PLUS認証:Platinum
搭載ファン :140mm
      (Double Ball Bearing)
サイズ:86mm x 150mm x 165mm
MTBF :10万時間
保証 :10年間

日本製コンデンサを100%使用、+12V系統はシングルレーンです。また、保証期間の長さもありがたいところです。

電源はやや重量があるので送料が高くなりがちです。(今回のケースでPriority Shippingにすると40ドル近くかかってしまいます。)そこで一番安い AmazonGlobal Standard Shipping で頼んだのですが、思わぬトラブルに遭うことになってしまいました。
米国Amazonからの荷物がi-percel で行方不明に。。。
そう、”missing package” です。amazonとi-percelの言い分は見事に食い違っていましたが結局Amazonが追加料金無しで速達にて送り直してくれることになりやれやれです。まあ、元々i-percelの評判はお世辞もいいとは言えないので可能であればPriority Shippingで頼んだ方が精神衛生上もいいのは間違いないですね。

nova-1.gif結局
   4/11 発注
   4/12 出荷連絡
       (i-percel で5/2 迄に到着見込)
   5/ 2 荷物が動いている気配がなかったので i-percelと
      Amazonに問い合わせたところ荷物が行方不明に
      なっていることが判明
   同日 Amazonから再出荷(UPS便で5/8迄の到着予定)
   5/ 7 国内でヤマトに引き継がれて着荷
となりました。

日本国内に入ってからのトラッキングナンバーを教えてもらおうとUPSにメールを送ってみましたがGW期間中でしかも日本到着が週末にかかってしまったため事務所はお休み。返信が来る前に荷物が届きました。

このように電源本体は箱の中でウレタンでしっかり中空保持されているので輸送時に損傷を受ける可能性は低いと思います。付属のマニュアルは英・独・仏・伊・スペイン・ポルトガル語の6カ国語で日本語化はされていませんが、特に難しいことが書いてあるわけでもないので自作PCの経験がある方なら問題ないでしょう。

SuperNOVA-650P2-2.jpg

EVGAの電源の魅力の一つはこの付属品の充実ぶりです。各種ケーブルの他に結束バンドや使わなかったケーブルをまとめておけるポーチまで付いています。電源ケーブルは3ピンですので2ピンへの変換アダプタか電源タップを使ってください。また、「Power On Self Tester」なる赤〇印のパーツが付属しています。ATX電源はマザーボードに繋ぐコネクタのPS_ONとCOM(20Pinの場合14Pinと15Pin、24Pinの場合16Pinと17Pin)をショートさせることで電源単体での起動テストができるのですが、上記パーツを使うことで簡単にこのテストを行うことができます。たったこれだけの簡単な物ですが、故障の判別時などに何番と何番だっけ・・・といったことがなくなるので一つあると地味にありがたいおまけだと思います。

SuperNOVA-650P2-3.jpg

電源の前後とファンの様子です。MB用のメインケーブルも含めフルモジュラー式です。OEM元はSuper Flowerとのことです。Super Flower製の電源は一時期ドスパラなどで取り扱われていて評判も上々だったようですが、最近ではめっきり見かけなくなってしまいました。140mmのファンも非常に静かです。
英語ですが、tom's HARDWAREに分解写真も含めた詳細なレポートがあるので興味のある方は参考にしてみるとよいでしょう。
EVGA SuperNOVA 650 P2 PSU Review

SuperNOVA-650P2-5.jpg

せっかくの長期に渡る製品保証の権利を得るためにもユーザー登録は早めにしておきましょう。登録はEVGAのHPから「Member」→「Product Registration」と辿れば行うことができます(要EVGAアカウント)。
登録に必要なinvoiceが入っていなかったり不完全な場合はAmazonの購入履歴からダウンロード可能です。製品登録後にinvoiceの画像アップロードが必要になります。
保証規定については日本語で書かれたページもあるので目を通しておくと良いでしょう。

SuperNOVA-650P2-6.jpg組み込んでみた感じです。

気になった点としては、SATA電源ケーブルが若干短いように感じました。裏配線を行う場合には取り回しに若干の注意が必要なケースもあるのではないかと思います。また、SATAのコネクタ部分がややきつい感じがするので固いからと言ってHDDなどを繋ぐときに力任せにして割ってしまうことのないよう気をつけた方がいいかも知れません。米国Amazonのレビューで何人かそのような方を見かけました。
ATX24ピンのメインケーブルに関してもかなり太くて堅いようです。メインPCのケースとして NANOXIA Deep Silence 1 を使っているのですが、裏配線スペースが狭めなので若干取り回しに苦労しました。
EPS(CPU)用の4+4ピンケーブルの長さは充分でした。
ecoモードの切替スイッチもありますが、使わなくても充分静かです。電源からの発熱もあまりなさそうです。



以前米国Amazonからグラボを輸入したときには特に気にした覚えはないのですが、今回はチェックミスから段ボールに入れられること無く製品パッケージに直接伝票が貼られて空輸されてきてしまいました。何でも初期状態では 「easy-to-open packaging」が選択されていて、他にも何か注文していて同梱されてくる場合で無ければこのように扱われてしまうそうです。個人的には中身が無事であれば製品パッケージの汚れや多少の凹みくらいは気になりませんが、国際配送便は雑な扱いを受けてしまうケースも少なくはないようですのでやはり段ボール箱くらいには入った状態で送らせたいかなと思います。

SuperNOVA 650 P2.gif注文時に指定してやればきちんと段ボール箱に詰めて発送してくれます。
オーダーの最終確認画面で赤〇印のボタンをクリックし、「Ship in Amazon box」にチェックを入れて「Save」してやることで変更することが可能です。
余計なゴミが減ること自体はとても良いことなので賛同したいところですが、如何せん輸入する場合に関しては中身が分かると盗難されてしまうリスクも上がりそうな気がしますので今後輸入するときは注意していきたいと思います。
最初の発注時に荷物が行方不明になってしまった一因もこの辺じゃないかなと思うんですよね・・・。


購入価格に関してはタイミングが良ければあと10ドル程度安く入手することができるかと思います。わりと頻繁にセールをやっているようなので時間的余裕のある方は狙ってみるといいかも知れません。


※ 追記 ※

  6/17 付でAmazonからRefundの通知があり、今回はDeposit分全額が返ってきました。
  取り替えて一月ほど経ちましたが電源の方も今のところ何も問題はありません。

Win10 で画面の任意の部分だけをピンポイントでキャプチャする方法。 [Windows関連]

少し前の記事ですが「窓の杜」で便利なキャプチャ方法が載っていたので忘れないようにメモ。

ツールなしで“矩形キャプチャー”が可能!「Creators Update」に新搭載されたスクリーンショット機能が便利


通常Windows10で画面をキャプチャするには「Print Screen」キーで表示されている画面全体をクリップボードに保存し、それをペイントなどに貼り付けた後必要な部分だけを切り抜くと思いますが、上記で紹介されている方法では最初から必要な部分だけを指定してキャプチャすることができます。

先日の「Creators Update」で標準機能として実装され、マイクロソフトサポートのTwitterアカウントで紹介されていたそうです。

方法は
   1.[Windows]+[Shift]+[S]キーを押す。
   2.画面全体が白くなるので、切り取りたい部分をマウスで矩形の範囲でドラッグ指定。
       (マウスのボタンを離すとクリップボードにコピーされる。)
   3.ペイントなどに保存されたクリップボードの画像を[Ctrl]+[V]で貼り付けて保存。

いちいち編集する必要がなくなるので何気に便利。


クラウドファンディングで参加した Siphon Grande (LED電球)がやってきた。 [投資関係]

2月中旬にクラウドファンディングの Makuake で申し込んでいた大型LED電球の Siphon Grande が4/28に無事到着しました。当初4月発送予定とのことでしたのでギリギリではありましたが確かに公約通りです。クラウドファンディングでは見通しの甘さや予期していなかった問題が生産段階で生じたりして遅延してしまうプロジェクトも少なくない中きちんと計画通り進められたのはやはり既にプロジェクトを大成功に導かれている経験も大きいのでしょうね。一月ほど使ってみた感想を書いてみたいと思います。



私が申し込んだのはサイフォングランデ(ボール200)と特製のペンダント照明器具がセットになったコースでした。この電球はE39という水銀灯や投光器などといった主に屋外で使われる大型の照明器具で使用されている口金を使用しています。普段家庭で使われる口金の主流はE26というタイプで、市販されている照明器具でE39の口金を使っているものはあまり見かけないと思います。これまで使っていた既存のE26タイプの照明器具を使い続けたいという場合はE26→E39の口金変換ソケットというものを使う必要があります。
今回のMakuakeでの企画ではペンダント照明器具とのセットの他にフロアランプ器具とのセットもありましたが電球本体のみのプランで参加された方の方が多かったようですので、どういった照明器具で使われているのか興味があります。


Siphon-Grande-2bb.jpgこのような深い青色を基調にしたパッケージで届きました。シリーズの中にFishermanという漁り火をイメージしたモデルがあるので海を意識した色調になっているのでしょう。サイズ比較のためにiPhone SEを置いています。

仕様は以下のようになっています。

- Ball 200 -
寸法:Φ 200×290mm
口金サイズ:E39
色温度(K):2200K (暖系電球色)
定格寿命(h):15000h
定格電圧(V):100(50/60Hz)
定格消費電力(W):4.5
全光束(lm):450(白熱電球で30Wくらいでしょうか)
※ 調光は条件付き対応
消費電力7W→4.5W、全光束400lm→450lmと製品化にあたって若干の仕様変更があったようです。


Siphon-Grande-1a.jpgセットの照明器具はこのような感じです。申込時にこのシーリング電源タイプとライティングレール用のタイプとどちらかを選べる形になっていました。
コードは柔らかいので好きな長さにループさせて長さを調節することが可能で、シンプルですが造りはしっかりしているので電球によく合っています。せっかくなのでシーリング電源のコネクタの部分にも本体と同じ質感の黒色のカバーが欲しかったかなと思います。

Siphon-Grande-3a.jpg
できるだけ天井に近づけて設置して天井からの長さを計ってみました。これでも40cmちょっとあります。
本当は Fisherman タイプのものが欲しかったのですが、あちらは電球だけで40cm程になるため天井の低いうちの家では頭をぶつけたりしそうだと思って断念しました。形としては非常に魅力的だったのですけどね。
消灯時でもこのようにフィラメント部分がオレンジ色になっていてなかなかの存在感を主張しています。
フィラメント下部に樹脂製の部品がありますが募集時点ではらせん状のガラスっぽい部品が付けられていましたので、ここも製品化にあたって仕様の変更があったようです。またフィラメント部分自体も計画時の4本から6本へ増やされているように見受けられるので強度確保の必要性もあったのでしょうね。
こうした試行錯誤の様子が覗えるのはクラウドファンディングならではの楽しみなのかなと思います。


点灯時の様子です。昼間でもものすごく雰囲気がよく、カフェやバー・ロッジなどの木製内装の建築物にこれがあると本当に似合うだろうなと思います。下から見上げるとフィラメント部分から放射状に影ができていて独特の雰囲気を醸し出しています。

Siphon-Grande-4a.jpgSiphon-Grande-7a.jpg




















SiphonのLED電球は一般的なLED電球にある放熱部を廃し、デザイン性を最優先にして電球のガラス全体を使って放熱させるという尖った設計にしている結果あまり光量を上げられないので夜はさすがにこれ一灯だけではやや暗いのですが、とても落ち着ける灯りなので食事をしたり音楽を聴いたりするには最適ではないでしょうか。2200Kという色温度もあってリラックスしすぎて眠くなってくるかも知れませんけど(笑)。
読書するには読書灯なりデスクライトなりは必要になると思います。


Siphon-Grande-6a.jpgフィラメント部分の拡大写真です。
よく見ると小さなLEDがたくさん一つのフィラメント状の部分に入っていて、子供の頃ピーピー豆としてよく遊んだカラスノエンドウの実の部分のように見えます。
先ほど電球のガラス全体を使って廃熱していると書きましたが、白熱電球と違ってうっかり触ってしまってもやけどするようなことはありません。
製品保証は1年とのことですが、本当に商品だけしか入っていなくて保証書や納品書・説明書というものが一切入っていなかったのはちょっと気になるところではあります。まあ電球なので説明書は別に要りませんが。
また、ガラス製なので全体が発泡スチロールで保護された上で化粧箱に入っていたのですが、あまりにギチギチに入っていたので取り出すのにちょっと苦労しました。
ネックはやはり価格とE39というやや家庭用としては特殊な口金の大きさでしょうか。この辺りで人によってかなり評価が変わってきそうです。


今回の Siphon Grande 3種のLED電球の発売でSiphonシリーズは、Fisherman、Teardrop、Ball 200/125/95、エジソン、オリジナル、シャンデリアの8種類となります。このSiphon Grandeをメインに小型のSiphonを組み合わてみるなど色々と組み合わせを考えるのも楽しそうです。
正式発売は6月の予定だそうで、 Only Oneさんのオンラインショップ をはじめ楽天やAmazonでも購入できるようになると思います。また、Makuakeのショップの方でも予約受付中のようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
前の10件 | -