So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Synology DiskStation DS218j で DiXiM Media Server を試してみました。 [PCハード]

さて、せっかくNASを Synology の DiskStation DS218j に変更したので、今回NASの機種変更する動機の一つとなった「DiXiM Media Server」を試してみることにしました。TV番組の録画には nasne も使っているのですが、購入から4年とそろそろ故障の心配も必要になりそうな頃合いに差し掛かってきているので、残しておきたい番組データを移すのに使ってみたかったのです。

「DiXiM Media Server」はDigiOnが開発したDTCP-IP対応のメディアサーバーソフトウェアとのことで、DS218jを使ってホームネットワーク内で録画したTV番組などを共有することができるようになります。
利用できる機種の拡大予定はあるようですが、今のところDS218jにのみ対応しています。どちらかというとハードウェアエンコーダを搭載していてストリーミング再生時にトランスコードの出来る上位機種向きの機能じゃないかなとは思いますが・・・。


「DiXiM Media Server」のアプリはブラウザのDSM(DiskStation Manager)上で「パッケージセンター」→「マルチメディア」と進み、「サードパーティー」製ソフト一覧から購入することができます。
DMS-01.jpg
価格は米ドル建てのみで 8.5 ドル(現在の為替レートでカード会社の手数料込みでギリギリ1,000円にはならない程度)です。決済はクレジットカードかApple Payでできるようになっているのですが、私はここでちょっと嵌まってしまいました。
調べてみるとどうやらJCBカードを決済に使おうとした事が原因のようでした。使えるクレジットカードの種類がVISA、Master、AMEXとなっていてJCBは対象カードに含まれていないようですね。これはApple Payに登録しているJCBも駄目でした。(VISAはデビットカードでも可能のようです。)
また、以前はPayPalでの決済も出来たようですが現在は支払い手段の選択肢に入っていないようです。
結局Apple Payに手持ちの別のMasterカードを追加登録して再び決済してみたところ、今度はiPad ProのSafari からすんなりと支払いを済ませることができました。

決済が終わればすぐにインストールすることができるので、DSMのメインメニューから「DiXiM Media Server」をクリックするとブラウザの別タブに「ようこそ」画面が表示されます。「サーバーの基本設定」画面はまあ触れば分かると思います。接続を許可/拒否する端末や配信するファイル形式などの設定画面です。

DMS-02.jpg
まずは「ダウンロード」画面にてDS218jにコンテンツを取り込みます。操作は移動元のメディアサーバー(今回はnasne)を選んだ後移動させたいコンテンツにチェックを入れてダウンロードボタンを押すだけと非常に簡単でした。
ただ、nasneの転送速度の問題もあるのかも知れませんが、約4.6GBのファイルを転送するのに30分弱とそれなりの時間はかかりるようです。一旦ダウンロードを始めてしまうと途中で中止しても元のファイルのコピー可能回数の残りは回復しないことには注意が必要です。



以下のリンクにわかりやすく書かれているので見ておかれるとよいかと思います。




移動させたコンテンツの再生にはDTCP-IP対応のプレーヤーが必要です。手持ちのDTCP-IP対応プレーやが少なくてあまりきちんと検証出来ていないのですが、とりあえずPC上では PC TV PlusPowerDVD 16 Ultra 、他には PlayStation 3 からは移した番組の視聴が出来ることは確認できました。iPad・iPhone用の再生アプリとしては評価はあまりよくないようなのですが、「 Media Link Player for DTV 」というアプリが少なくともうちの環境では利用できることを確認しました。1,080円と有料ですが、「Media Link Player for DTV Lite」という評価版があるので購入する前に使えるか確認することができます。(こちらは再生時間が一番組辺り60秒に制限されています。)

PlayStation 4 にもDLNA対応のメディアプレーヤーはあるのですが、まだDTCP-IPに対応しておらず残念ながら視聴出来ない模様。PS4のメディアプレーヤーも対応フォーマットが追加されてFLACの再生が可能になったりProの方では4k動画の再生ができるようになるなど徐々に改善はされているものの、DTCP-IPにはいつになったら対応するのかはわかりません。DTCP-IPのライセンス料の支払いも実装のネックになっているのでしょうかね・・・。

まあnasneの番組をPS4で見たいというのならわざわざNASに移したのを見なくてもPS4の「torne」を使えばいいだけなのですが、他のレコーダーを使っている場合はそうもいきませんしPS4のメディアプレーヤーがDTCP-IPに対応するのを待っている人は結構いるんじゃないかと思います。


DS218j用のDiXiM Media Serverを使う上で気をつけておかなくてはいけないのは、「DS218jからのムーブアウトの機能は搭載されていない」という点です。
このためDS218jに移した(ムーブさせた)録画データを更にBlu-rayレコーダなどに移動(送信)することはできないようです。所謂コンテンツの「墓場」という状態になってしまうのですが、RAID1ならある程度の冗長性は確保されるので古くなって故障の心配が要りそうな機器に入れておくのよりはましかなとは思います。(それでもNAS本体が壊れてしまえばどうしようもないわけですが・・・。)

それにしても著作権を守るためとは言えこの種のコンテンツ保護技術というのは利用者のことはあまり考えられてないなとしか思えませんな・・・。制限はややこしいし環境を整えるのも面倒なことこの上ないです。まあ少しずつ色々試してみようと思います。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

NAS を Synology DiskStation DS218j に入れ替えました。 [PCハード]

NAS(Network Attached Storage)は一旦導入してしまえば便利なことこの上ない装置です。今回HDDの交換を兼ねてNetgearのReadyNAS104からSynology DiskStation DS218jへ変更しました。HDDの増設だけなら今まで2ベイしか使っていなかったReadyNAS104に足しても良かったのですが最近性能不足を感じ始めていたので・・・。ただ、512MBとやや心許ないメモリの搭載量が気になってDS218 play(こちらは1TB)と悩んだのですが、少し安く買えるタイミングがあったので思わず飛びついてしまいました(笑)。QNAPも性能が良いのはわかっているのですがどうもあのデザインが気に入らないんですよね。

Synologyは2000年に設立されたネットワーク機器の展開を柱にしている台湾の会社で、NASの分野ではしっかりと御三家の一角を占めています。この4月には日本法人も設立され、最近では家庭用ルーター事業にもかなり力を入れているようです。

DS218j-1.jpgとてもシンプルなパッケージですが取っ手も付いているので電車などでも普通に持って帰れそうです。派手でもないですしね。
代理店はアスクさんのようです。ただ、米尼などと比較してみても特に日本での価格の上乗せがされているというようなわけでもないようですし、故障などがあった際に2年間の日本語でのサポートが得られるというのはやはり安心感がありますね。中には本当に簡単なペラペラの組み立てガイドしか入っていないので事前に下記のPDFマニュアルは落としておいた方がよいでしょう。


前面にスリットなどは無く、背面に92mm角の冷却ファンが一基搭載されていて両サイドのSynologyのロゴの部分から取り入れた外気を排出するようになっています。NAS本体は台湾製で、ACアダプターは中国製となっていました。背面のUSB端子は3.0でバックアップ用HDDなどを接続することができます。
DS218j-2.jpg

DS218j-3.jpgHDDは積み重ねてネジで固定するタイプで、ホットスワップには対応していません。搭載されている排気ファンは極一般的な3ピンタイプのコネクタが使われているので、故障した場合でも自分で容易に交換することはできそうです。
HDDの熱をすぐ後ろのファンで吸い出すようになっているのですが、HDD接続用のライザーカードが空気の流れを邪魔をしてしまうような感じになっているので、もう少し設計の工夫があっても良かったかなとは思いました。

下の写真はメイン基板です。サムネイルがちょっとボケてしまっているのでくっきりした画像を見てみたい方は写真をクリックしてみてください。メモリは512MBのSK hynixのチップが基板に直付けされており、残念ながら増設は不可能です。CPU自体は発熱が少ないのか特にヒートシンクなどは付けられていませんでした。
DS218j-4a.jpg

今回搭載するHDDは4TBのこちら。某所のテストでは故障率が断然低いとして評判のHGST製NAS用HDDの0S04005(HDN726040ALE614)です。同一ロットで揃えられている上に少し安くなっていた2個パックの方を購入してRAID1で使うことにしました。タイで今年の3月に製造されており、3年間の保証期間が付けられています。キャッシュ128MB、回転数7200rpmとNAS用HDDとしてはスペックが高いのでアクセス速度は期待できそうですが、その反面やや発熱量が多めな事とガリガリと駆動音が大きめなことが欠点でしょうか。個人的には東芝製の7200rpmのHDDよりは静かだと思いますが。
DS218j-5.jpgDS218j-6a.jpg

HDDは上段がNo.1、下段がNo.2となるようです。ドライブの取付が終わったら後はカバーを閉じてACアダプターとLANケーブルを繋いで電源ボタンを押し、PCのブラウザのアドレスバーに「 find.synology.com 」か「 diskstation:5000 」と入力するとWeb Assistantが立ち上がってDSM(DiskStation Manager)のインストールを始めることができるようになります。
後は画面の指示に従っていくだけで基本的なセットアップが行われてそのまま使うことができるようになるのですが途中でRAIDの構成を選ぶことは出来ず、SHR(Synology Hybrid RAID)というSynology独自方式の構成でセットアップされます。HDD2台構成の場合SHRとRAID1でどう違うのかよくわからない所ですが、なにかトラブルがあった場合に独自方式よりは汎用性のある方式の方が対処しやすいのじゃないか?という勝手な思い込みからRAID1に変更して運用することにしました。

DS218j-7.jpgDS218j-8.jpg

RAIDの構成を変更するには一旦今の構成を破棄する必要があります。(この作業を行えば当然ながらディスクのデータは全て削除され元には戻せなくなりますのでご注意を。
RAID構成の破棄は、DSMのメインメニューから「ストレージマネージャー」のアプリを開き、「ボリューム」から「削除」を選択すると行えます。その後改めて「ボリューム」から「作成」をクリックすると「ボリューム作成ウィザード」が開きます。「モード選択」画面では「カスタマイズ」を選び(クイックを選ぶとSHRで構成されます。)、「RAIDの単一ボリューム」を選択して「RAIDタイプの選択」で「RAID 1」を選ぶと作成することができます。データを入れて行ってからディスクの不具合が見つかるとかえって面倒ですし「ディスクチェックを実行」は一度はやっておいた方がいいでしょう。「Parity Consistency Check」というテストが行われ、HDD各社のチェックツールのロングテストとほぼ同様のチェックができるようです。
(ちなみに4TBx2台、RAID1でのチェックに約7時間半ほどかかりました。)

DS218j-9.jpgReadyNAS 104の方はSeagate製5900rpm /cache64MB/容量2TBのST2000VN000、DS218jの方はHGST製7200rpm / cache 128MB/容量4TBのHDN726040ALE614と搭載しているHDDの基本性能からして差がありますし、何度か試行して平均を取ったわけでもなくざっと計っただけなので単純に比較できるわけはなく、あくまでもほんの参考値にしかなりませんが、少なくとも以前の環境より読込や反応が体感でかなりよくなりました。
512MBと搭載されているメモリの量が少ないことを懸念していましたが、今のところ特に問題となるような事は起きていません。アプリをあれこれたくさん入れてしまうと影響は出てくるでしょうが、必要なものだけを最小限に入れていくという事だけ気をつけていれば家庭で使う分にはあまり心配する必要はなさそうです。

DSM(DiskStation Manager)はグラフィカルで評判通り非常に使い勝手がいいですね。Webブラウザ上での動作にもかかわらずとてもレスポンスがいいのでストレスを感じることがありません。

ただ、以下を参考にSynology NASのデフォルトで用意されている管理者アカウントだけは早めに無効になっていることを確認しておいた方がよさそうです。アカウント名がadmin、パスワード空白とこの製品を知っている人なら誰でも簡単にアクセスできてしまいかねませんので・・・。



ひとまずはこんなところで・・・。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Yamaha の RTX830 と RTX1210 向けに v6プラスに正式対応したファームウェアが公開されたそうなので早速試してみました。 [通信・ネット関係]

つい先日 Yamaha の RTX830 RTX1210 向けに正式にv6プラスに対応したファームウェアが公開されました。特にRTX830の方は昨年10月の発売以来初めてのファームウェアアップデートとあって、v6プラス対応以外にも機能追加や仕様変更、バグフィックスなど膨大な数の修正が入っています。

RTX830 Rev.15.02.03 リリースノート
  ・脆弱性対応: 0件
  ・機能追加 : 26件 (CLI機能拡張、GUI Forwarder、v6プラス対応機能、Oracle Cloud
          InfrastructureとのIPsec接続対応、FQDNフィルター、PPPoEパススルー等)
  ・仕様変更 :42件
  ・バグ修正  : 103件
RTX1210 Rev.14.01.28 リリースノート
  ・脆弱性対応: 0件
  ・機能追加 : 12件 (v6プラス対応機能、Oracle Cloud InfrastructureとのIPsec接続対応、L2MS
          対応機種追加等)
  ・仕様変更 :26件
  ・バグ修正  : 23件


これまではUSBメモリにファームウェアをダウンロードし、ルーターに読み込ませて更新していましたが、今回はWebの管理画面からのファームウェアアップデートを試してみました。
firmupdate-1a.jpg「管理」タブから「保守」へ進み、「ファームウェアの更新」→「ネットワーク経由でファームウェアを更新」で「進む」をクリックすると自動的に更新可能なファームウェアがあるかどうか確認されます。更新可能なファームウェアがあった場合は「実行」をクリックするとソフトウェアライセンス契約が表示されるので「同意する」を押すとものの30秒ほどで完了しました。その後再起動させてやると即座に新しいファームウェアが適用されます。
もちろん従来のUSBメモリを使ってのアップデートやCUIから「http revision-up go」と打って行うことも可能です。ただ、簡単とは言えファームウェアアップデートであることには違いは無いのでくれぐれも更新中の停電にだけは要注意です。最悪メーカー送りになってしまいます。


さて、早速正式にv6プラスに対応したということでサンプルも公開された新しい形式でのconfigを試してみることにしました。config設定例や解説などは以下のサイトに書かれています。


ただ、仕様書を読んでいると気になる記述が・・・。
   「ONU直下での動作を推奨しますが、「v6プラス」に対応しておらず配下にIPv6アドレスを配布する     ホームゲートウェイであれば動作が可能です。「v6プラス」に対応したホームゲートウェイの配下     では動作しません。」

まず、ひかり電話契約が無くRAプロキシの方のconfigを使える方は上記「ONU直下での動作」にあたるのでほぼYamahaさんの設定例を放り込むだけですんなりと動くだろうと思います。

うちのHGWはPR-S300NEなのですが、残念ながらどうも駄目な方の条件に当てはまっているようです。まあとりあえず試してみるかと設定例を放り込んでみたのですが、IPv6の通信はできるもののやはりトンネルが上手く張れない様子。フレッツジョイントの管理画面「 http://192.168.1.1:8888/t/ 」から「IPv4の一時停止」にチェックを入れてHGWのCEとしての機能は殺してますし思いつくことはそれなりに色々試してはみたのですがこれ以上は私の手には余るようです。マップサーバーとの通信はフレッツジョイント対応のHGWがあると通して貰えないのかも知れません。回線契約上の制限だとおっしゃっている方もいらしたようですしYamahaでも検証された結果そういう記述になったのでしょうから仕方なさそうですかね。
  
「 tunnel encapsulation map-e 」、「 nat descriptor address outer 1000 map-e 」と記述するだけでアドレス計算やポートレンジ設定が自動化されるということはプレフィックスやマップルールが変わった場合の心配をする必要が無くなり、保守もかなり楽になりそうだったので残念です。

固定電話の必要性もかなり低くなってきていますし、仮にひかり電話契約を廃止してHGWのルーター機能を停止してもらった場合にどうなるのかはちょっと気になる所ではあります。


ただ、新しいファームウェアを適用するとv6プラスでの通信が出来なくなってしまうかというとそういうわけではなく、これまでやっていたようにIPv6アドレスのプレフィックス部分からIPv4アドレス、割り当てられたポート番号、CEのIPv6アドレスを割り出して書き込んだconfigを使えば問題無くv6プラスを使うことができています。自動設定の恩恵は受ける事ができないというだけです。将来的にプレフィックスが変わった場合は再計算が必要になる事もあるかも知れませんが、一応やり方はもう分かっていますしそれはまあその時ということで・・・。半固定と言われていますしそれ程頻繁にコロコロ変わることも無いでしょう。

キモとなる部分で楽が出来る新しい形式のconfigが使えなくても基本的には 「以前の記事」 の設定で大丈夫なはずですが、今回のファームウェアアップデートによっていくつか改善されている点は反映することが出来ます。

まず、前回のRTX1210のファームウェアアップデートで実装されたのと同じくRTX830でも「nat descriptor masquerade port range」コマンドで設定できるポート範囲の個数が4個から16個に増やされ、ポートレンジ指定は1行にまとめることができるようになりました。

つまり、16ポートx15ブロック=240ポートの指定は、

と書くことができるようになっています。これまではちょっと裏技的な方法でしたからこれで安心して利用できそうです。変更後確認してみると以下のようになりました。


また、「ip tunnel tcp mss limit」は設定の初期値がautoになって省けるようになっています。他にもセキュリティ強化、FQDN(Fully Qualified Domain Name)フィルター機能への対応、フィルターなどの負荷軽減、Web GUIのレスポンス向上などは享受することができます。

4月中旬にv6プラスへ切り替えてからまだ一度も回線が切断されたというようなこともありませんし、コンスタントに回線速度も出ていてやはりYamahaのルーターの安定性はなかなかのものだと思います。サポート期間も長いですし10G回線が本格的に普及してくる頃くらいまでは十分頑張ってくれるだろうと期待しています。


今回はセキュリティ強化が主ですが、NVR510やFWX120など多くの機種へのファームウェアアップデートも同じ日に来ています。すでに販売が終了されているRTX1200や発売から15年も経っているRT57iまで未だに更新されているというのは驚きです。マイクロソフトのOSの切り捨てっぷりと比べると凄さがよく分かります(苦笑)。



まだまだYamahaルーターを使ってv6プラスの設定を行っている方の情報は少ないのでもしここはこうした方がいいよというのがあればお知らせ願えると助かります。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

  • 出版社/メーカー: ヤマハ(YAMAHA)
  • メディア: Personal Computers


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Windows 10 April 2018 Update を適用してみました。 [Windows関連]

日本では5月1日になってしまいましたが米国時間の4月30日に公開直前で不具合が発覚したようで延期されていた Redstone 4(RS4)こと Windows 10 April 2018 Update の一般利用者向け配信が始まりました。

Win-AU1.jpg
放っておいてもWindows Update経由で5月8日以降自動配信されるそうですが、さっさと適用してしまいたい人やPCを複数台所有している場合などはISOファイルを落としてしまってインストールする方が時間節約もできると思います。大型アップデートとなるとそれなりにPCが使えない時間が生じてしまいますしね。
ISOファイルは以下のサイトから落とすことができます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックすると「MediaCreationTool1803.exe」というファイルがダウンロードされます。このツールを立ち上げて指示に従っていくと任意のフォルダにアップデート用のISOファイルを作成することができます。私の場合ファイルサイズは3.5GBになりましたが、環境によって多少の増減はあるかも知れません。
USBメモリやDVD-ROMを作成しておけばクリーンインストール用のメディアも作成できるようですが、アップデートするだけならISOファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「エクスプローラー」で開くで仮想DVDドライブにマウントすることができるのでそこから「setup.exe」を立ち上げてやればOKです。

まずAMD FX-8300 + Radeon 7850 のサブPCの方へ入れてみて再起動ループなど致命的な事にはならなそうだという事を確認した後 Core i7-4790S + GTX1070 のメインPCの方へ入れることにしました。
インストールにかかった時間はサブPCの方が約1時間、メインPCの方が40分程でした。それぞれ2~3回再起動していたと思います。再起動が始まるまでは作業しながらでも大丈夫ですが、やはりそれなりに時間的余裕のある時にアップデートした方がいいと思います。


インストール後、半ば予想はしていましたがドライバーの上書きによって Creative Soud Blaster ZxR の音が出なくなっていました。前回のFall Creators Updateの時もそうだったのですが、S/PDIF関係の入出力が認識されないようです。なんでこんなドライバが認証通ってるんでしょうかね。この問題はもう何度か遭遇しているので、デバイスマネージャーからZxR関係のドライバを一旦削除して再起動し、現時点で最新版の(Creativeのサイトでもう長いこと放置されているのですが)「SBZxR_CD_L13_1_01_05.exe」というドライバセットを再インストールすることで解決することができました。

前回のFall Creators Update時は無効化していたハイバネーションや高速スタートアップがOSアップデートによって有効化されてしまったりといった事もありましたが、こちらに関しては今回は大丈夫でした。

ああ、あとひとつ。アップデート後タスクマネージャーを見ているとSSDの書込が100%近い状態がずっと続くようになってしまっていたのですが、どうもOneDriveが悪さをしていたようで一旦PCとのリンクを解除し、HDDに移動させたOneDriveフォルダに設定し直す事で大人しくなったようです。


Excel、Photoshop Elemnts 15、PowerDVD 16、各種取引ツール、Shuriken等のJustsystem製品、iTunes、TV視聴ソフト、ブラウザ各種などチェックしてみましたがとりあえず今のところ問題はなさそうです。


追加された機能などは以下の記事を読むと把握できるでしょう。



※ 5/9 追記 ※
JustsystemのATOKを利用していていざ入力しようとするとMicrosoft IMEに勝手に切り替わってしまうことが時々あって煩わしいため削除していたMicrosoft IMEがまたもやOSアップデートの適用で復活していました。使いにくくてしょうがないのでスタートボタンから、「設定」→「時刻と言語」→左側メニューの「地域と言語」で「優先する言語」の「日本語」をクリックし、「オプション」ボタンで「キーボード」のリストの中から「Microsoft IME」を削除しておきました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Yamaha RTX830 を使ってv6プラスの接続試験をしてみました。 [通信・ネット関係]

まずは略語の整理。
   MAP-E=Mapping of Address and Port Encapsulation
   PE=Provider Edge router(事業者側ルーター)
   BR=Border Relay(事業者側のリレールーター)
   CE=Customer Edge router(ユーザー所有のルーター)
   CPE=Customer Premises Equipment(顧客構内設備:ユーザー所有のルーター)
   PSID=Port Set ID

テスト用なのでフィルターなどの設定は省いています。上手くいかなかった時に少しでも分かりやすいようできるだけ最小構成でテストを行い。RTX830でv6プラスが問題無く使えることのを確認するというのが今回の趣旨です。尚、今回のconfigはひかり電話契約のある場合(HGWがある場合)のものです。

   
v6プラスでは付与されるIPv6アドレスのプレフィックス部分(前半64bit)に依存して人によってそれぞれ設定値が異なることになるので単純にconfigをコピーして流し込めばOKというわけにはいきません。最低限各自でIPv4アドレス、割り当てられたポート番号、CEのIPv6アドレスの計算が必要になります。(DS-Liteよりはかなり設定の敷居が上がってしまいます。)

ただかなり分かりやすく解説して下さっているブログなどがあるので、以下のサイトを参考に設定させて頂きました。(感謝)
(参考にさせて頂いたサイト)
 ● IPIPトンネリング (Yamaha)
    IPIPトンネリングの設定例
     →IPv4 over IPv6 IPIPトンネル接続 日本ネットワークイネイブラー株式会社 v6プラス (固定IP)
 ● 風柳メモ
    ・v6プラス関連の覚え書き
 ● 疲労コンパイル
    ・v6用語の基礎知識
 ● ネトゲー回想録
    ・v6プラスのIPアドレス&ポートの計算方法
    ・v6プラス導入(NVR510)
 ● 5ch
    ・【ハードウェア板】YAMAHAヤマハブロードバンドルーター スレ
    ・【プロパイダー板】v6プラス関連 スレ

ひかり電話契約があってHGWにフレッツジョイントで設定ソフトが配信されている場合はIPv4アドレスと割り当てられたなポート番号については表示されているものを控えておくとかなり楽ができます。(自分でIPv6プレフィックスから計算したものと一致しました。)
ただし、HGWがv6プラスのCEとして稼働している状態では配下に他のルーターを繋いでもv6プラスのCEとしては上手く機能しないみたいなので(重複してしまっている?)、確認を済ませた後はフレッツジョイントの管理画面から「IPv4の一時停止」をしてHGWのCEとしての機能を停止しておく必要があるようです。(うちはこれでうまく動くようになりました。)

自分で計算する場合は上記の「疲労コンパイル」さんと「ネトゲー回想録」さんのブログがわかりやすいと思います。

PSIDから自分に割り当てられたポートを計算する際にはExcelを使って簡単な表を作っておき、「HEX2DEC関数」を使って16進数→10進数へ変換できるようにしてやると便利です。また、同様にIPv4グローバルアドレスの下位16ビットも同様にコロン(:)で区切られたIPv6プレフィックスの3番目のフィールドを16進数→10進数へ変換すると分かります。(上位16ビットはマップルールから。)
CEのIPv6アドレスを計算する際は逆に「DEC2HEX関数」を使ってIPv4グローバルアドレスを10進数から16進数に変換してやります。


それではYamahaの設定例を元に「ネトゲー回想録」さんのNVR510での例も参考にして接続テスト用のconfigを書いてみます。(これはひかり電話契約ありの場合です。)

【経路設定】 IPv4はIPIPトンネルへ、IPv6は直接WANへ。


【LAN設定】


【NGNとの接続設定】


【MAP-Eトンネルの設定】
  ※ BR IPv6アドレスはJPNEの場合は anycast で大坂と東京にBRが設置されているらしく、
    『 2404:9200:225:100::64 』でいい模様。但し、今後変更があるかも知れない。
  ※ nat descriptorに関しては後述の方法で与えられた240ポート全ての指定が可能。
    とりあえず最小構成でのテストということで1つだけを設定。


【NAT設定】
  ※ RTX830のIPマスカレードで利用できるポートレンジの指定は1本あたり4ブロックまで。
    そのままでは16ポートx4ブロック=64ポートしか指定できませんが、後述の方法で割り当て
    られた240ポート全ての指定が可能。


【DHCPの設定】


【DNSの設定】


とりあえず上記の設定でv6プラスでの接続が可能かどうかを下記のサイトを使って確認してみます。
   http://hantei.janis.or.jp/  →特に試験9・10がOKになっていれば大丈夫。IPv6・IPv4のアドレス
                  が取得できていることも確認。
   http://test-ipv6.com
   http://ipv6-test.com
確認してみたところひとまず無事通信できているようでした。


Yamahaのコマンドリファレンスによると、Rev.14.01系以降の機種( RTX 1210/830 NVR 510/700W)には『ポートセービングIPマスカレード』という機能に対応していて、IPマスカレード時に同一のポート番号を使用して複数の接続先とのセッションが確立できるようになっています。このポートセービングIPマスカレードによって上の設定例では64個しかポートの指定ができていませんが、その64個のポートに対して1000個以上のセッションを張れるのでこのままでも実用上はほぼ問題ないかとは思います。

ただ、上記のようにポートレンジの指定が4つまでしか行えないことから利用可能なポートが最大64個に制限されてしまうのではないかという点がYamahaのルーターをv6プラスの環境で使う際の懸念事項とされていました。ところがこの3月末頃に5chの掲示板でポートレンジを変えたnat descriptorを複数設定することでこの問題を回避できる方法を発見した方がおられました。つまり、16ポートx4ブロックのnat descriptorを4本(最後は3ブロック)設定することで割り当てられた240ポート全ての指定ができるようになるというわけです。そこで上記configに加えてWeb GUIの「管理」タブから「保守」→「コマンドの実行」と進み以下のconfigを追加してやります。(もちろんCUI上から行ってもかまいませんが、Web GUIから入れると誤字など設定にミスがあった際にエラーを出してくれるので便利です。)




上記configを流し込んでおいてわざと一気にブラウザをたくさん立ち上げ、タブも複数開けていろいろなサイトへアクセスして試してみたところ以下のような感じになっていたのできちんと動いてはいるようです。ピーク時には最初の64ポートに1600ものセッションを張っていたようですね。

また、「show nat descriptor address」コマンドでポート範囲の割り当て状況なども確認できます。

RTX1210についてはつい先日ファームウェアのアップデート(14.01.26)が行われ、「nat descriptor masquerade port range」コマンドで設定できるポート範囲の個数が16個に増え、1行でv6プラスで割り当てられた全てのポートを指定できるようになっています。これによって上記の点を心配する必要はなくなりました。同様のアップデートがRTX830やNVR510・700Wにも近いうちにあるだろうと思います(期待しています)が、いつになるかは分かりません。


とりあえず無事にRTX830での動作の確認は取れましたので、これを元にフィルターや機器のバインド指定など細々した設定を追加して常用することにしました。v6プラスのMTU値は、「ping -f -l」コマンドを使って確認してみたところDS-Liteと同じ1460で良いようですね。既に1週間ほど使ってみていますが、今のところDS-Liteを使っていた頃に起こっていた夜間のピークタイム時に回線速度が大幅に落ち込んでいたようなことも起こっておらず、動画配信サービスの視聴も支障なく非常に快適に利用することができています。



⇒⇒ Yamaha の RTX830 と RTX1210 向けに v6プラスに正式対応したファームウェアが公開されたそうなので早速試してみました。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター NVR510

ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター NVR510

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

早速 So-net へv6プラスへの切り替えを申し込んでみました。 [通信・ネット関係]

先月中旬に突然、しかしひっそりと始まったSo-netの接続先VNE事業者がIIJ系のインターネットマルチフィードが提供しているtransixサービスからKDDI系の日本ネットワークイネイブラー(JPNE)のv6プラスに変わるという告知の通り、4/17から自発的な切替の受付と提供が始まったようです。また、一部の利用者については自動的に切り替えられるケースも出ているようですが、どういった条件に当てはまっている人が自動移行の対象になっているのかといった事については知る由もありません。

告知がされていたページはそのままのアドレスで今はサービス紹介と手続き案内のページに変わっています。

一度So-netのサポートに電話してみて聞いてみたのですが、4/17以降すぐに今までtransixを使っていた利用者全員がv6プラスへ「強制的に」切り替えられるという訳ではないそうです。So-netからv6プラスへの切り替え案内メールなどが届いていない(私もそうでしたが)利用者は当面の間は(いつまでかは分かりませんが)そのままtransixの利用を続けることもできるとのことでした。ただ、将来的には全面的な移行を考えているが時期は未定という事だそうです。また、新たにIPv6 IPoEの利用を始める人については今後v6プラスのみを案内するとの事でした。

私の場合は、ここ数ヶ月間DS-Liteを使っていても夜間のピークタイムになると酷く回線速度が落ち込んでPPPoE接続より遅くなったり半月くらいするとまた回復したりという状態を繰り返していましたし、いつになるかは分からないにせよどのみちv6プラスに切り替わる流れならばさっさと自分から切り替えてしまえ!というわけで、受付の始まったばかりのv6プラスに早速利用申込をする事にしました。


自分でv6プラスの切り替え手続きする場合は、
の 「ご自身で「v6プラス」のお申込み手続きをされる場合」 以下にわりと分かりやすく手順や移行状況の確認方法が書かれているので目を通しておくとよいでしょう。

補足として一応手順を書いておきますと、

 1. 一旦旧 IPoE(IPv6)オプション(フレッツ・v6オプション)を解約。
    IPoE接続を新規に始める人は関係ありませんが、So-netで既にIPoE接続サービスを利用していた場
    合は一旦そのサービスを解約して新たに申込直す必要があります。工事費などはかかりません。
      「So-netトップページ」 → 「マイページ」 → 「ご契約サービスのご利用状況」 
        → 「オプションサービス・コンテンツサービス」 → 「オプション解約」ボタンで確認
          画面が表示されるのでそこから解約手続きを済ませます。
    オプション解約はNTTの「NGNサービス情報サイト(http://flets-west.jp/)」から行うこともでき
    ますが、どのみちSo-netでv6プラスの申込が必要なのでSo-netのマイページから手続きした方が
    いいでしょう。解約情報のやり取りで余計な時間がかかる可能性もありますし。
    「IPoE(IPv6)オプション」の解約手続きが完了すると、So-net メールアドレス宛に『【So-net】
    「IPoE(IPv6)オプション」ご解約のご連絡』という通知メールがが送られてきます。このメールは
    やや遅れて届くことがあるようです。
 
 2. 「v6プラス」の申込手続きを行う。
     IPoE(IPv6)オプションの解約手続きが済むとすぐに同じ「オプションサービス・コンテンツサー
     ビスご利用状況」のページからv6プラスの申込ができるようになりました。内容を確認して申
     し込みボタンを押せばOKです。
     しばらくすると、So-net のメールアドレス宛に『【So-net】「v6プラス」お申し込み受付け完
     了のご連絡』が送られてきます。申込み手続きが完了したことを確認しておきましょう。

v6プラスでの接続が開通すると再び So-net のメールアドレス宛に『【So-net】「v6プラス」ご利用開始のご案内』というメールが届きます。申し込み完了後、約1日程度で「v6プラス」の利用ができるようになると案内ページにはありますが、始まったばかりで混雑しているのかそれよりも若干時間がかかるようです。
私の場合で17日23時頃申込→20日17時頃にSo-netからの開通通知メールでした。(回線自体は20日の1時頃には繋がっていたようですが。)また本日(21日)NTTの方から書面で「フレッツ・v6オプション」の利用開始通知が届きました。(書面上のフレッツ・v6オプション利用開始日は18日と記載されていました。)

今はv6プラスが申込から利用できるまで少し時間がかかっているようですが、IPoE(IPv6)オプションの時のようにしばらくすればまた早ければ申込から数時間で利用可能になるようになるのかも知れません。

-----------------------------------

私はひかり電話も契約していてHGW(Home GateWay)が使えるのでとりあえずそちらで接続の確認をしてみることにします。うちに貸与されているのはNECアクセステクニカ製の「PR-S300NE」という機種ですが、300番台以降の機種ならばフレッツジョイント機能が使えるそうです。HGWが貸与されていない場合はNTTにレンタルを申し込んだり市販のルータを購入するなどv6プラスを利用する為に別途ルーターを調達する必要があります。

フレッツジョイントa.jpghttp://ntt.setup:8888/t」からフレッツジョイントのソフトウェアにアクセスできるはずなのですが、どうも名前解決が上手くいっていないようでアクセスできないのでもうひとつの方法である「 http://[HGWのアドレス]:8888/t/ 」の方(PR-S300NEの初期アドレスは192.168.1.1だったのでこの場合は「 http://192.168.1.1:8888/t/ 」)でアクセスしてみたところようやく管理画面に入ることができました。

「配信済み事業者ソフトウェア一覧」という画面にHGWの追加機能としてIPv4の設定ソフトが配布されています。フレッツジョイントの機能は何もしなくても対応機種なら自動的に配布されますが、このソフトウェアの配信は少し待たされるケースもあるそうです。

フレッツジョイント-Top.jpgトップページにはIPv6プレフィックスから算出されたIPv4アドレスと16ポートx15ブロック=240個の利用可能なポートが表示されます。

フレッツジョイント-高度な設定.jpg
初めてTop画面以外の機能にアクセスする場合は「ユーザー名」と「パスワード」の設定が必要になります。
また、HGWは使用可能だが自前のルーターを使ってv6プラスを利用したい場合は、左の画面の「IPv4の一時停止」の所の「機能停止」のチェックボックスにチェックを入れ、「設定」を押すと即座にフレッツジョイントのMAP-E方式を使ったトンネル機能が停止されます。自前のルーターを使わない場合は停止してしまわないよう注意して下さい。後でHGWの管理画面にアクセスしてみると、v6プラスの利用が始まってからグレーアウトしていたIPv4 PPPoEの接続が有効になっていました。利用していたかどうかにかかわらずIDと接続パスワードの設定が済んでいれば切り替わるようになっているようです。


v6プラス 確認1.jpg
接続状況の確認にはこの辺りのサイトを使うとよいでしょう。
   http://test-ipv6.com
   http://ipv6-test.com
   http://hantei.janis.or.jp/
左は http://test-ipv6.com/ で見てみた結果です。


速度測定はこの辺りを。
   http://flets-west.jp/        NGN内部の速度測定(サイト内バナーリンクから)
   http://speedtest6.iijmio.jp     IIJmio IPv6スピードテスト(β) (下りのみ・要Flash)
   http://www.speedtest.net
   http://netspeed.studio-radish.com/index.html
   http://www.dslreports.com/speedtest


HGWのLANポートに複数のルータを繋いでのv6プラスの利用とIPv6 PPPoE+IPv4 PPPoEの平行利用が可能な事も確認しました。特定ポートの解放がどうしても必要という場合はそういった利用方法も可能だと思います。Yamahのルーターに関してはRTX830での接続と割り当てられた240ポート全ての設定が可能なことを確認しましたが、長くなってしまったのでまた近いうちに別途記事にしてみようと思います。



※ 4/25追記 ※
私が電話で聞いていた内容とは異なりますが、transixサービスからv6プラスへの自動移行と思われるケースが増えてきているようですね。案内もなくいきなり切り替えが始まったという方もいらっしゃるようです。もし強制移行でネットが使えなくなってしまった場合、一時的にPPPoE接続に戻せばとりあえずネットは使えるようになるはずなので一旦そちらに変更してSo-netへ問い合わせるなど様子を見てみる事をお勧めします。相変わらずどういった条件の方が自動移行の対象になっているのかも分かりませんし、どうもSo-netはこのあたり不親切な気がしてなりませんが・・・。

※ 5/26追記 ※
5月の中旬辺りから本格的なv6プラスへの強制移行が始まっているようですね。混乱を緩和するために少なくとも数ヶ月間くらいの猶予はあるのでは無いかと思っていましたがあまり意に介していないようです。DS-LiteについてはSo-netが貸出していたルーターを利用していた人以外のサポートは一切なく、あくまでも非公式でこちらが勝手に利用していた形になっていたので文句を言える筋合いでは無いのですが、中には移行が始まったという連絡が来たきり数週間待っても切替が終わらず、問い合わせてみたらSo-net側で手続きにトラブルが出ているので再度フレッツv6オプションを解約して申込直してくれとまで言われるケースも出ているそうです。結局さっさと見切りを付けて開始早々申し込んでおいてよかったということか・・・。
ようやくSo-netのトップページからもv6プラスの申込ができるリンクが張られましたが当分の間混乱は続きそうですねえ。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター NVR510

ヤマハ ギガアクセスVoIPルーター NVR510

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

NTT西日本のNGNサービス情報サイト(フレッツ情報サイト)へアクセスできるようにしてみた。 [通信・ネット関係]

IPv6 IPoEで回線が繋がっていればNGNサービス情報サイト(http://flets-west.jp/http://flets-east.jp/)にはそのままで繋がり、NGNの網内回線速度の測定や各種申込・Club NTT-Westのポイント交換などが可能なはずです。

ただ今回v6プラスへの切り替えを申し込むにあたって一旦今まで契約していたフレッツ・v6オプションを解約して再度v6プラスへ申し込むという必要があったのですが、フレッツ・v6オプションの解約をNGNサービス情報サイトから辿れる「サービス申込受付ページ」で行ったところ解約ボタンを押した瞬間にそれこそ即座にIPv6 IPoEでの回線接続が切れてしまい、その後の契約状況の推移が見れなくなってしまいました。まあHGWに直結するかそのまま何日か待ってフレッツ・v6オプションの再契約が完了すればアクセス出来るようになるだろうことは分かっていましたが、以前からやってみようと思っていた事でもあったのでRTX830でPPPoEでIPv4を利用しつつNGNサービス情報サイトにアクセス出来るconfigも書いてみることにしました。

余談ですが、So-netへv6プラスの切替申込を行う際はどのみちv6プラスの申込をしなければ行けませんし  このページ の案内に従って素直にSo-net内のページから手続きをした方がよさそうです。その方がIPv6 IPoEでのネット回線利用ができない時間が少なくて済むと思います。


設定にあたってYamahaの以下の設定例を参考にしました。
NTT東日本向けの設定例となっていますが、NTT西日本でも大体このままで利用可能です。但し。ひかり電話を使っている場合は「ra-prefix」となっているところは「dhcp-prefix」に修正してやる必要がありました。
以下はひかり電話契約のある場合の設定例。

【ゲートウェイの設定】 

【LANインタフェースの設定】 

【サービス情報サイトの設定】 

【IPv4 PPPoE設定】 

【NATの設定】 

【DHCPの設定】 

【DNSの設定】 

テスト用なのでフィルタ関連は省いています。http://flets-west.jp/http://flets-east.jp/ にアクセスして速度測定サイトが繋がればOKです。


一旦configを書いてしまえば切り替えて再起動するだけなので便利です。フィルターなど細々した設定を追加して何かの時のためにこれはこれで保存しておくことにしました。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Yamaha RTX830 を購入しました。 [通信・ネット関係]

So-netのVNEがインターネットマルチフィードのtransixサービスからJPNEのv6プラスへ変更されるという事で、これまではYamaha のRTX1200をIPv6 IPoE+DS-Liteの環境で使っていましたが色々調べていたところv6プラスで使うにはNAT関連の能力不足な感じがしていましたので、3月末に決算セールなどもあって安くなっていた RTX830 を思い切って購入しました。とは言え一部は期間限定のポイントバックなのでどう使い切るか考えておかなければなりませんが・・・。

NVR510でもいいかなとは思ったのですが、うちは西日本なので小型ONUには縁がなさそうなのとそれ程購入時点で価格差もなかったのでこちらにしました。まあ10年くらいは十分頑張ってくれるでしょう。

830-1.JPG正面のサイズはほぼ同じですがコンソールポートはmini-USBに変更されていて、LANのポート数はRTX1200のちょうど半分になっています。USBメモリを接続する場合は相変わらずFATかFAT32でのフォーマットにしか対応していない点は注意です。exFATの大容量USBメモリを繋いでも認識されませんので慌てないように。CD-ROMは付属しておらず、マニュアルとコマンドレファレンスはWebから落とすことになります。
830-2.JPG高さと幅はほぼ同じですが、RTX1200と比較して奥行きが2/3くらいになってかなりコンパクトになりました。どちらの機種もファンレスですが、RTX830の方は筐体が樹脂製から金属製に変更されて放熱性が良くなったおかげか放熱用のスリットも無くなっています。電源は両機種共に内蔵されていますが、RTX1200の電源ケーブルが筐体から直出しだったのに対してRTX830ではメガネコネクタで着脱できるように変更されているので断線リスクは減ったかなと思います。RTX1200は日本製でしたがRTX830の生産地はマレーシアとなっていました。
830-3.JPG
横のネジを外すだけでカバーが外せる簡単な構造だったので中を見てみたいという欲求(笑)に負けて開けてみました。RTX1200と同じく電源は別基板となっていて、電源部のコンデンサにはきちんと105℃品が使われていました。
CPUはMIPSコア300MHz(シングル)から ARMベースの1,333MHz(デュアル)へと大幅に強化されています。ヒートシンクも外してみたという方によるとCPUはMarvellのARMADA 385ということでした。NASなどでよく使われているものですね。

830-4.JPGWeb GUIはかなり進化して見た目も格好良くなりました。ダッシュボードのガジェットは用意されているものを自由に配置できるようになってます。LANマップで接続している機器の状態を確認することができるのも面白いですね。かなりの部分はWeb GUI上で設定できますが、やはりCUIでの操作もできるようにしておいた方がいいでしょう。

ファームウェアは15.02系と言うことでNVR510(15.01系)やNVR700W(15.00系)と同世代ということのようです。CPUも周波数が違うとは言え同じARMベースのデュアルコアですしね。RTX1210などは発売後しばらくの間不具合が出たりしてかなりガチャガチャやってたみたいですが、発売から半年を過ぎて未だに一度もファームウェアのアップデートがないところを見てもかなり安定しているのでしょう。Yamahaのルーターはサポート期間が長いことでも有名ですし今後の機能追加などにも期待したいところです。


個人的にはLANケーブルを繋げばtelnetでアクセス出来るしWeb GUIもとても使いやすくなっているので普段コンソールポートで接続することは無いとは思うのですがせっかくなのでこちらでの接続も試してみました。
先に「ヤマハネットワーク機器 USBシリアルドライバー」をインストールしておき、USBケーブルでPCとRTX830を繋いだらTera TermでUSBシリアルポート接続を選択して立ち上げてやればOKです。文字化けする場合はTera Termの「設定」→「端末」から「漢字ー受信」と「漢字ー送信」で「SJIS」を選択してやれば正常に表示されるようになるはずです。操作はtelnet接続時と同じで「quit」で終了する事ができます。

機種変更をしてもconfigはUSBメモリーを使ってコピーして流し込めばほぼそのまま動くのはいいですね。(無効なコマンドはスルーされてしまうので確認は必要ですが。)とりあえず以前RTX1200で使っていたIPv6 PPPoE+IPv4 PPPoEとIPv6 IPoE+DS-Liteの設定を流し込んでみましたがフィルター関連の設定が一部蹴られた以外はどちらも問題無く動いています。CPUが2つあるのでWeb GUIでもとてもスムーズに動きますし回線速度もかなり上がりました。やはり古いCPUがボトルネックになっていたのでしょう。再起動時間だけはRTX1200の方がかなり早いですね。RTX1200の方はとりあえず予備機として待機させつつL2スイッチとして余生を過ごして貰おうかと思っています。まあそのうち売りに出すかもしれませんが。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

新たなパブリックDNSサービスが始まったそうです。 [通信・ネット関係]

無料で利用できるパブリックDNSとしては「8.8.8.8」の Googl Public DNS が有名ですが、CloudflareとAPNIC(Asia Pacific Network Information Centre)が協力して新たなサービスが公開されたそうです。4/1からツイッターなどで情報が出まわっていたのですが、「1.1.1.1」なんてどうせエイプリルフールネタなんだろうと思ってスルーしていたところどうやら本当の事だったようです(笑)。

(Internet Watch)
(公式アナウンス:英文)
(日本語公式ページ:一部英文ですが設定方法なども書かれています。)


回線障害以外で時折インターネットが繋がらなくなってしまう場合の原因の一つとして考えられるのがDNSの障害。DNSは普通自動取得にしているケースがほとんどでしょうが、パブリックDNSに変更してみると改善される場合もあるのでそうした場合に備えて他のものも含めてメモとして残しておくことにします。


今回新たに公開された APNIC と Cloudflare による Public DNS。高速性の確保とプライバシーへの配慮を謳っています。とりあえず研究のためという位置づけで、少なくとも5年間は提供してくれるそうです。(5年が経過した後どうなるかは今のところ不明です。)



Googl Public DNS。「8.8.8.8」と分かりやすいこともあってかなり有名です。



Cisco系の「OpenDNS」。こちらもかなり高速ですが、一部広告が表示されることがあり得るなどいまいち評判の良くない部分もあるようなので敢えて使うほどではないかも知れません。




※ 追記 ※

注意点が一つ。パブリックDNSを指定しているとClub NTT-Westのポイント交換などNTTの回線に紐付いているサービスの一部が使えなくなることがあるようです。(HGWの管理画面アクセスは問題ありませんでした。)必要な場合は自動設定に戻し、操作が終わってから改めてパブリックDNSを指定するようにするとよいでしょう。
※ さらに追記 ※

新たに公開されたCloudflareのパブリックDNSでちょくちょく障害が起こっているようです。サービスが始まったばかりですし安定して利用できるようになるまでもうしばらくかかるかも知れません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

AVアンプを Marantz NR1608 に交換! [AV機器]

そろそろ4k対応のディスプレイを買いたいと思っていたのと、年度末かつそろそろ後継機が発表される時期にさしかかっている事もあってお買い得価格になっていたので、2月の終わりにAVアンプをONKYOのNR365から MarantzのNR1608 へと買い換えました。1ヶ月ほど使ってみたので感想など書いてみようと思います。NR365を買った時は個人的に4k環境なんてまだまだ必要ないだろうと思っていたのですが、PS4 Proが発売されたり動画配信サービスで4kに対応する所が出てきたりと予想以上に普及してきているようです。

AVアンプというとスピーカーも含めて入出力端子の多さから大型で背の高い重量級モデルが多く、コンパクトなモデルを探そうとすると選択肢がかなり限られてしまいます。その少ない選択肢の中でMarantz の NR1608 は機能的にも音質的にも頭一つ飛び抜けてるのではないかと思います。(他のコンパクトモデルとは少し価格帯も上になりますがお買い得な時期ですし。)

1608-1.jpgHDMIの入力は前面も合わせて8系統もあって十分な数が確保されています。最近ではゲーム機やApple TV、Fire TV Stickといった動画視聴サービス用のSTB(Set Top Box)などのHDMI入力が必要な機器が増えているのでこの数は将来的にもかなり安心感があります。
反面HDMI出力は1系統しか用意されていませんが、このコンパクトな筐体と背面にぎっちり配置された端子群を見ているとやむを得ないかなとは思います。
スピーカー端子もバネ式の簡素なものではなく、バナナプラグにも対応したしっかりしたものを備えています。
「かんたんスタートガイド」以外の取扱説明書はPDFマニュアルです。NASに入れてiPadで見れるようにしているのでかえって邪魔にならずありがたいです。
電源ケーブルとHDMIケーブルをモニターに繋いで電源を入れるだけで画面上に「セッタップアシスタント」が表示され、マニュアルなど読まなくても指示に従っていくだけで一通りのセットアップができてしまうというのには驚きました。接続に不慣れな人のことまでよく考えられていると思います。

リモコンを使って画面を見ながらセットアップを進めていくわけですが、噂通りリモコンの操作性はボタンを押してからワンテンポ遅れるような感じで決していいとは言えませんね。いや、はっきり言ってかなり悪いです。iPhoneなどでiOS用アプリである「Marantz 2016 AVR Remote」と「HEOS」アプリがダウンロードできるのでできるだけ早く落としてスマホをリモコンとして使えるようにした方が断然快適に操作することができると思います。

MarantzのAVアンプには「Audyssey MultEQ」という使用する部屋の音響特性に合わせて最適な音場補正を自動で行ってくれる機能が搭載されています。こちらも付属の測定用マイクを繋いで画面の指示に従って何度か測定してやるだけで簡単にセットアップできるのですが、カメラ用三脚などを持っていない人のために立派な紙製の組み立て式マイクスタンドまで付属しています。他にもスピーカーケーブルを区別しやすくするシールセットが付属していたりと細かな気配りがなかなかすごいと思いました。測定後に自分で微調整はした方がいいと思いますが、大体の設定を自動でしてくれるというのはやはり便利なものです。


さて、NR-1608にはFM/AMチューナーが内蔵されています。これまではONKYOのT-433というFM/AMチューナーを使っていましたが機材整理も兼ねてこちらに任せることにしました。ただ購入前に色々調べているとNR1608に内蔵されているFMチューナーへアンテナ線を繋ぐにはPAL型のコネクタが要る模様。PAL型というと主に欧州で使われている規格だったと記憶していますが、日本で使われているオーディオ機器のFMアンテナ接続部はF型がほとんどで私もコネクタなどは持っていません。しかもPAL型コネクタと言われてもオスとメスの区別があって更に太さの異なる種類もあるようで、製品写真から適合しそうな変換プラグを探そうとして困ってしまいました。
1608-2.jpgそこでNR1608の取扱元であるディーアンドエムホールディングスのサポートにメールで連絡して聞いてみたところ、日本アンテナの「LP-P-SP」というF型L字接栓を案内して頂けました。
営業時間中でしたが連絡してから2時間ほどで丁寧な回答を頂けましたしサポートセンターの対応はなかなか迅速でよいのではないでしょうか。早速購入してみましたが、小型の部品の割にとても作りがしっかりしていて見事にNR-1608のFMアンテナ端子に適合し、ばっちりFMも聴けるようになりました。

今時のAVアンプらしくネットワークオーディオプレイヤーとしての機能も充実していて、「HEOS」という機能を使ってNASからの楽曲再生はもちろんのことTuneInで提供されている世界中のインターネットラジオや、有料プランでの契約があればSpotifyやAmazon Prime Musicなども利用できます。ただ、残念ながら日本では既にかなり普及しているradikoの直接再生機能がありませんでした。
1608-3.jpgなんとか再生できる方法はないものかと思っていたところ、Apple製品を使っている場合は「AirPlay」という機能が使えることに気付きました。AirPlayという機能の存在自体は以前から知っていたものの具体的にどういう風に使えるのかよく分かっていなかったのですが、使ってみるといやはや便利便利。
繋ぎ方はiPhoneなどでradikoアプリを立ち上げて再生しておき、画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示させたら左の画像の赤丸の部分をタップして表示される「Marantz NR1608」を選ぶだけ。
これでradikoに限らずiPhoneやiPadなどで再生している全ての音声をNR1608から鳴らすことが出来、ゲームのBGMすら飛ばすことができます。(遅延は結構ものすごいですが。)
さらにiPhoneやiPadからコントロールセンターのスライダーを上下させるだけでアンプのボリューム調節まで出来てしまう(!)便利さには本当に驚きました。

AirPlayの話が続いてしまいますが、PCで起動しているiTunesの再生もネットワーク経由で直接NR1608を鳴らすことができます。M-DAXという圧縮オーディオの補正機能も併用できるのですが、これは結構効果が得られるようでちょっと分かるくらい差のある豊かな再生音が得られて驚きました。

フロントDali Zensor3、センターDali Zensor Vokal、リアONKYO D-108M、サブウーファーFostex PM-SUB8でセットアップしてみましたが映画を観るにも音楽を聴くにも個人的にはなかなか満足いく環境にできました。リアも変えたいところではありますが欲を言えば切りが無いし・・・。現時点で利用可能なオーディオフォーマットに幅広く対応していますし、プリアウト端子を装備していたりバイワイヤリングに対応していたりと将来的な拡張性があるというのは頼もしい限りです。4k映像出力に関してはまだ肝心のモニターが用意できていないのでもうしばらくの間はお預けです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -