So-net無料ブログ作成

RAM Disk 導入記 (Windows10) [Windows関連]

5月半ばに PC用の DRAM がかなり安くなって8GBx2が6千円を切っていたので思い切って増設してメインPCの方のメモリを32GBにしました。その頃はまだWindows10のアップグレードライセンスが無料アップグレード期間終了後どういう扱いになるか分からなかった(マザーボード交換などで無効になってしまう懸念があった)ので当分使えるように余裕のある構成にしておこうというのが理由の一つでした。
(こちらは幸い杞憂に終わりましたが。)
また、情報収集用に数種のブラウザに多数のタブを開いたりトレード用のソフトをいくつかとExcelやPDFを複数開いたりとわりとメモリをガンガン使っていたため多くて困ることもなかろうと思ったこともあります。
たださすがに半分以上はメモリが余っている状態になっていたため、前から一度試してみようと思っていた RAM Disk を導入してみることにしてみました。
ついでにブラウザのタブをたくさん開いているとSSDにかなり遠慮無しに書き込みしてるようだったのでキャッシュ関連もRamdiskの方へ移しておこうと思います。

注意点としては落雷等による突然の電源断や強制終了などでデータ消失の可能性があること。大事なデータをこちらに保存しないようにだけしておけばそれ程神経質になる必要はないと思います。

導入にあたって AMD のホームページに置いてある AMD Radeon RAMDisk というのを使ってみることにしました。こちらは Dataram RAMDisk のOEMのようですが一応CPUメーカーのお墨付きがあるなら安心かなと思っただけで本家の Dataram の方でもなんら問題は無いと思います。
無償版でも 4GB までの Ramdisk を作成することができ(設定画面起動時に広告が出ます)、64bit の Windows10 にもしっかり対応していますのでキャッシュ等に使う程度では十分でしょう。
動画編集などで容量が欲しい方は 10ドル~19ドル払うことで 12~64GB まで容量を増やすことができます。(作成できる量が実メモリ搭載量の制限を受けるのは言うまでもありませんが。)
支払いには Paypal や VISA,Master などが使えるようです。

インストールフォルダはデフォルトのままで問題無いと思います。
 (但し Cドライブにインストールファイルを置いてないとインストール時にエラーが出るようなので注意)
インストールできたら「Radeon RAMDisk Configuration Utility」のショートカットをダブルクリックして設定画面を立ち上げます。

ramdisk 1.gif
「Setting」タブで作成したい容量(無償版は最大4GB)とドライブレター、ラベルなどを設定し「Start RAMDisk」をクリックすると「このデバイスソフトウェアをインストールしますか」と確認画面が出ます。そのままインストールを押すと NTFS でフォーマットされた Ramdisk が作成され、数秒で使えるようになります。
私は分かりやすいようにドライブレターを「R」、ラベルは Ramdisk としておきました。



ramdisk 2.gif
「Load/Save」タブではディスクイメージの作成に関する設定ができます。イメージファイルを置く場所の指定やシャットダウン時にイメージとして残しておくか、起動時にイメージを読み込むかなどの設定をします。HDDにイメージを置きたい場合は次の画面での設定が別途必要となります。





ramdisk-4.gif
「Option」タブの「Allow Image file to be saved in non System Drives」にチェックを入れることで Cドライブ(起動ディスク)以外のHDDなどにイメージファイルを作成することができるようになります。
起動・シャットダウン時に若干時間がかかりますが、SSDの書き込み量を抑制したい場合などに設定しておくとよいでしょう。





ramdiskmark.gif
DDRⅢ-1600と一世代古いですがHDDやSSDより遙かに高速です。ブラウザキャッシュをこちらに移したおかげでパッパと非常に気持ちよく表示されるようになりました。

しばらく使いながら様子を見ていましたが、特にエラーなどが出ているというようなこともなさそうなのでこのまま色々と設定を済ませて運用していこうと思います。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0