So-net無料ブログ作成

Yamaha RTX1200 を入手。 [通信・ネット関係]

昨年末にルーターをNECのWG1800HP2に買い換えたばかりで少し勿体ない気はしたのですが、今年の3月くらいから土日や夜間のネット回線速度の低下が急激に酷くなってきたのでこれまで使ってきたPPPoE方式からIPv6 IPoE+DS-Lite方式へ切り替えるべくYamahaのRTX1200という業務用ルーターをヤフオクの中古で入手しました。既に後継機のRTX1210が出ているのでリースアップ品がかなり潤沢に中古市場に供給されているようで価格を含め入手性はかなりよいです。WG1800HP2の方はブリッジモードに設定してWi-Fiのアクセスポイントとして使うことにします。

販売開始が2008年10月とかなり前なので今となってはCPU性能が32bitのMIPS系300MHzと低いですが、中小規模拠点向けとはいえさすが業務用ルーターというだけあってその他の基本スペックが高いので一般家庭レベルではまだまだ充分使っていけると思います。なお、2016年5月末をもって既に生産は完了していて、修理受付は2021年5月末までとなっています。(このクラスだと買い換えた方が安上がりでしょうが。)
ところでこの機種、MADE IN JAPANだったのですね。ちょっと嬉しくなってしまいました(笑)。

rtx1200-1.jpg若干の汚れが見られはしますが綺麗なものです。LANが3系統あってそのうちのLAN1はL2の8ポートスイッチングハブになっています。普通はLAN2かLAN3をWANポートとして設定して使うことになるでしょう。正面には他にコンソール用のシリアルポートやUSBポート、Micro SDスロットやもうほとんど使われることは無いであろうISDNポートなどがあります。背面は電源スイッチとアース端子くらいです。家庭用ルーターを使ってきた人は奥行きの長さに驚くかも知れません。270mmもあります。

rtx1200-2a.jpg中古なので一応電源の状態くらいは見ておこうと思って開けてみました。特にコンデンサ周りにも問題はなさそうです。
電源スイッチは一工夫されていて、搭載されている「パワーオフ・ログ保存機能」によって電源スイッチを切る動作をするとCPUに通知が行き、DRAM上のデーターをフラッシュメモリに退避させてからCPUの指示で電源を切るという仕組みになっているそうです。電源基板上のコネクタから出ているコードのうち赤・黒は電源用ですが、青のコードによってCPUとの通信を行っているそうです。(ITPro)

シールド部分はネジ以外にも3箇所ほど熱伝導シートでCPUなどとくっついているところがあり、隙間から覗いた感じではシールド内部に液体電解コンデンサは見受けられなかったのとその熱伝導シート状のものがなかなか強力そうだったので外して中を見るのはやめておきました。筐体こそプラスチックですが放熱もそれなりに考えられているようです。家庭で使うにはファンレスという点もポイントの一つです。

マニュアルは付属していませんでしたが、 http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/manual.html から「取扱説明書」と「コマンドリファレンス」を落とすことができます。


最初はコンソールポート用にシリアルーUSB変換ケーブルが必要になるかと思っていましたが、LANで繋いでからのtelnetで行けるようなのでそちらで設定していきます。先日の Windows10でtelnetクライアントを使用できるようにするためのメモはこの為でした。

☆ 初期化
   初期化済みとのことでしたが念のためもう一度やっておくことにします。RTX1200の初期化は、SD・
   USB・DOWNLOADの3つのボタンを同時に押しながら電源を入れることで行えます。

☆ telnet接続
   まずはRTX1200のLAN1の任意のポートとPCを直結します。
   次にWindowsボタン右クリックからコマンドプロンプトを立ち上げた後「telnet」と入力してtelnetク
   ライアントを立ち上げ、「o 192.168.100.1」と入力してRTX1200にログインします。Passwordが
   要求されますが初期化直後は設定されていないのでenterを押せばokです。
   つらつらとファームウェアバージョンなどが流れるので確認し、古ければ更新します。

☆ ファームウェア更新
   搭載されていたファームウェアは10.01.34とかなり古いものでした。ファームウェアアップデートは
   USBメモリから行うことにしてYamahaのページから最新の10.01.71を落としてきます。ただ、この
   USBメモリはFAT32でフォーマットしていないと認識しないようで、最初64GBのexFATでフォーマッ
   トしたUSBメモリで行おうとして認識されずちょっと悩みました。
   USBメモリを本体に取り付け、USBボタンを押しながらDOWNLOADボタンを3秒以上押し続けると読
   込を始め、更新終了後自動的に再起動します。更新中の電源断にだけには注意。
   再起動したら再びログインし更新を確認しておきます。
   telnetから抜けるには「quit」と入力すればokです。

☆ ファームウェアバックアップの作成
   今後のアップデートや万一に備えてファームウェアのバックアップを作っておきます。
   RTX1200にログインした状態から「administrator」と入力し、管理ユーザーへ昇格します。ここも初
   期化直後はパスワードの設定はありませんのでenterだけでokです。
   「show exec list」と入力すると0番に今のファームウェアが格納されていることが分かります。
   「copy exec 0 1」と入力すれば0番のファームウェアを1番にコピーすることができます。
   コピーが終わったら再び show exec list で確認しておくとよいでしょう。
   ファームウェアの切替は「set-default-exec 0または1」とした後「restart」で行えます。

☆ パスワードの変更
   「login password」「administrator password」コマンドでそれぞれ設定。

☆ ログインタイマーの変更
   「login timer 600」            初期設定値300秒はさすがに短いので600秒へ変更。


ひとまずはこのあたりで。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0