So-net無料ブログ作成
検索選択

RTX1200でCUI操作によく使うコマンドのメモ [通信・ネット関係]

Yamaha RTX1200 でCUI操作によく使うコマンドのメモ



☆ 管理ユーザーへ昇格
   「administrator」と打って管理ユーザーへ昇格。(初期化直後はパスワード不要。)

☆ 機器環境の表示
   「show environment」 実行中のファームウェアバージョン・configの確認等

☆ 設定ファイル(config)一覧
   「show config list」             最大5箇所にそれぞれ3世代まで

☆ 稼働中や過去の世代のconfig確認
   「show config (0~4.2)」

☆ config の保存とコピー
   「save (0~4) (コメント)」        USBメモリも指定可。場所省略時は0番に保存。
   「copy config (from) (to)」
         ex. copy config usb1:config.txt 0 (USBメモリから0番へコピー)
   「set-default-config (0~4)」         デフォルトのcofigを変更

☆ 再起動
   「restart (ファームウェア番号) (コンフィグ番号)」       コンフィグ番号は省略可


☆ 状態確認
   「show status lan1/lan2」      
   「show status ipv6 dhcp」「show status dhcp」        DHCPの状態確認
   「show ip route」「show ipv6 route」               経路情報確認。
   「show ipv6 address lan1/lan2」                 IPv6アドレスの設定の確認


※ 関連サイト

RTX1200製品情報
http://jp.yamaha.com/products/network/routers/rtx1200/
ヤマハネットワーク周辺機器技術情報ページ
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: