So-net無料ブログ作成
検索選択

まずはRTX1200の動作確認を兼ねてPPPoEでの IPv6+IPv4の接続を試してみました。 [通信・ネット関係]

まずは中古で入手したRTX1200の動作確認と勉強を兼ねて今までWG1800HP2で使っていたPPPoE方式での IPv6+IPv4 の接続を確認してみることにします。IPv4に関してはRTX1200のGUIだけで楽に設定できましたがIPv6の方は多少手直ししてやる必要がありました。RTX1210やNVR510/500など新しい機種ではGUIのウィザードに従っていくだけでも問題無く設定できると思います。

正直昼間の空いている時間帯のPPPoEでの接続速度に限って言えばWG1800HP2の方が速いです。
RTX1200のCPUはMIPS系の300MHzと今となってはかなり低い性能なのでボトルネックになってしまっているのかも知れません。販売開始も10年近く前ですしね。そもそも最大セッション数(WG1800HP2は非開示)やVLANやVPNが使えるなど機能面で大きな違いがあるので同じ土俵で語るようなものではないですし、今回RTX1200を買った主目的はピーク速度をどうこうというより耐えがたい程の夜間のネット回線のスピード低下をIPoE+DS-Liteの環境に切り替えることでどうにかすることです。まあ予算があるのであれば素直にNVR510(デュアルコアARM 1.2Ghz)やRTX1210(PowerPC 1GHz)の方を買うに超したことはありませんけど。今後私もNTT西日本でも小型ONUが使えるようになればNVR510に買い換えるかも知れません。

夜間の速度に関してはもうフレッツ網とプロバイダーとの接続点にあるPPPoE認証装置の混雑という根本的な問題があるのでどちらにせよ遅いですね。大差ないです。所謂IPガチャや設備増強工事などで一時的に改善することはあっても利用者の増加ペースには到底追いついていないようなので時間が経てば元の木阿弥です。これはIPv6だろうがIPv4だろうがPPPoE方式で接続する以上フレッツ網では逃れられないでしょう。


ウィザードを使ったとりあえずの設定を元に見直したコンフィグをUSBメモリにconfig.txtとして保存して本体にコピーし、とりあえず無事通信ができることは確認できました。コンフィグを5箇所3世代ずつまで保持できるのでトライ&エラーで少しずつ変えながら試していけるのはいいですね。ルーター再起動からの復帰も早いです。これはこれで何かの時のために設定の一つとして保存しておくことにしました。

メモとしてRTX1200でのPPPoE接続設定例を載せておきます。Yamahaのサイトやいくつかのブログを参考にさせて頂きました。長くなるのでフィルタ設定とクライアントのバインド指定は省いています。

高速回線(光ファイバー)を利用する(RTX1200 GUI設定例)
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/internet/opticalfiber_gui/
フレッツ光ネクスト インターネット(IPv6 PPPoE)接続
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/flets/flets_other_service/flets-next-ipv6_pppoe-rtx1200/



何分素人なので妙なところがあれば指摘して頂けると助かります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0