So-net無料ブログ作成

So-netへIPv6のIPoE方式への切り替えを申し込みました。 [通信・ネット関係]

手持ちに11ac規格対応機器が増えてきたことから昨年末にルーターをNECのAterm WG1800HP2に買い換えた後、数ヶ月は特に程ストレスも感じること無く使えていたのですが、今年の3月に入った辺りから土日や夜間のネット回線の速度低下が急激に酷くなり、酷い時には1Mbpsを下回るようになってしまいました。
ここまで悪化してしまうとWebページの閲覧すら待たされますし、iTunesやYoutubeのストリーミング再生なんてブツブツ切れてしまってまともに視聴出来たものじゃありません。

これはPPPoEという接続方式においてNTT側とISP側との接続点にあって認証機能を担っている機器のキャパシティオーバーが主因だそうで、NTTやISPでも設備増強は行っているとはいうもののNTT側に主導権があるためISP側は自由に増設するわけにもいかず、利用者と流れるデーター量の増加ペースに到底追いついていないというのが実情とのことです。回線ガチャと呼ばれる繋ぎ直しで改善することはあるもののあくまでも一時的な対処法です。

WG1800HP2に買い換えてから半年くらいしか経っていないので勿体ない気もしましたが、抜本的に改善される見込も薄いのでこのままストレスを感じ続けるよりはと思い切ってIPv6をIPoE方式へ切り替えることにしました。ルーターはYamahaのRTX1200をヤフオクの中古で入手することにし、WG1800HP2にはWi-Fiアクセスポイントとして頑張って貰うことにします。
So-netでは今のところこちらの接続方式を推奨しているわけではなく希望者のみに案内するという状態なので自分から連絡して申し込む必要があります。HP上での切り替えの案内なども今現在はありません。

So-netの会員サポートページから連絡先を探して電話をし、IPv6のIPoEへの切り替えを申し込みました。メールでも申し込めますが電話の方が話が早いと思います。また、この手の問い合わせに悪名高きナビダイヤル(0570)を使わせる企業が多い中フリーダイヤルを使わせてくれるのは非常に有り難いですね。
色々聞かれるかと思って空いている時間と夜間の酷い時の回線速度データやping値・tracerouteの状況など一応用意していたのですが、「夜間の回線速度の落ち込みが酷いのでIPv6の接続方式をIPoEへ切り替えたい」と言ったところすんなり手続きしてもらうことができました。NTTの光回線番号を伝えればNTTとのv6オプションの契約手続きもSo-netが代行してくれます。尚、DS-Liteに関してはSo-netとしてはにサポートしていませんので聞いても無駄です。自分で情報を集めましょう。

5/19(金)に申し込んだところ3営業日かかるとのことで開通予定日は5/23(火)の12時とのことでしたが、実際には前日の21時には使えるようになっていました。特に何の連絡もありませんでしたが更に数日後NTTからV6オプション利用開始の通知書類が届きました。

So-netから切り替え後の案内は申込時の電話での簡単な説明(開通予定時間を過ぎたらHGWを再起動するようにとのこと)以外一切ありませんでしたが、HPにFAQがひっそりと3つ載せられてるので事前に目を通しておくとよいでしょう。
   ☆ IPoE 導入後の設定について
   ☆ IPoE 導入後 IPv6 対応ページの表示が遅くなった
   ☆ IPoE 申し込み後も IPv6 で接続されない(So-net のトップページで「IPv4」と表示される)


開通後、RTX1200のコンフィグを用意して置いたIPoE接続テスト用のものに切り替えたところ無事アクセス出来ることが確認できました。IPv6 IPoE+IPv4 PPPoEという接続形態ももちろん可能ですが、IPv4の通信に関してはDS-Lite(Dual-Stack Lite)という方式を使うことにします。DS-LiteはIPv6ネットワーク上でIPv4インターネットへの接続環境を実現する技術(IPv4 over IPv6トンネル)で、IPv4パケットをIPv6でカプセル化してNGNへ流します。IPoEのIPv6データとして処理されるのでネックとなるPPPoE認証装置の影響を受けずに済むのですね。任意のポート解放ができないので自宅サーバーなどを運用している場合は困難になったりといったデメリットもありますが、Yamahaのルーターならフィルターを使って必要のある機器の接続をPPPoEに振り分けたりといった事も可能だと思います。



PPPoEとIPoE方式についてや夜間の回線速度が遅くなる理由、DS-Liteなどについては以下の記事がとても参考になりました。
   (ASCII.jp) NTT東西のIPv6サービスが2方式あるわけ
   (てくろぐ) 【試してみた】IPv6「ネイティブ接続」
   (てくろぐ) IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)
   (てくろぐ) DS-LiteでIPv4してみませんか?


具体的なRTX1200での設定については別記事にて。





※ 7/15 追記 ※

So-net内にIPoE接続の案内ページができているようです。一応このページからも申し込めるようですが、まだサイト内検索からかろうじて辿り着ける状態で分かりやすく案内されているというわけではないようです。
また、これまでIPoEへの切替を申し込んでから数日かかっていたのが今では早ければ数時間で開通するようになっているそうです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

DD021055

とうこうしゃサマは、DSLITE申込むしたあと、ルーターは、なにをつかってますか??
by DD021055 (2017-07-14 16:51) 

ちべっとぎつね

記事中にも書いていますが、ルーターはYamahaのRTX1200を使っています。
また、あくまでもSo-netにはIPoE接続の申し込みができるのであって、「DS-Lite」の申し込みができるわけではありませんのでお間違えなく。DS-LiteについてはSo-netではサポート対象外ですので自己責任でお願いします。
by ちべっとぎつね (2017-07-15 01:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0