So-net無料ブログ作成

念願の Garmin ForeAthlete 235J を手に入れたぞ。 [ガジェット]

5月のヒマラヤの会員セールでかねてから欲しかった Garmin ForeAthlete 235J を購入しました。海外では Forerunner 235 という製品名で販売されていて、日本版は日本語化と「みちびき」への対応がされているようです。

g235-1a.jpgAppleの製品などと比べてパッケージにはほとんど気を使わないようで、はっきり言って3万円を超える程度の価格帯の商品とは思えない程の安っぽさです(苦笑)。色はオレンジ/黒をチョイスしてみました。
手首に付けた状態で計れる光学式心拍計を搭載しているので別途心拍数を計測するベルト等を着ける必要がありません。(精度はそちらの方が高いそうです。)
50m完全防水なのでランニング後に水洗いしても大丈夫ですし、約42gと非常に軽いので付けて走っても全く気になりません。
Apple Watch 2はApple Payが使えるのでかなり魅力的だったのですが、如何せんGPSを使った状態での電池の保ちが気になったので結局こちらを選びました。

付属品一式です。充電ケーブルと表裏の色が反転した交換用のベルト、ベルト交換用の工具と説明書が入っていました。説明書はWebからPDFで落とすこともできるのでiPhoneなどに転送しておくと便利かと思います。保証期間は購入から1年間となっています。
以前使っていたランニングウォッチ(TIMEXのもの)はベルトの付け根から折れて使えなくなってしまったということもあったので、ベルトの交換できるという点は個人的にかなりポイントが高いです。ベルトにはたくさん穴が開いているので自分の手首の太さにぴったりと合わせることができるのもいいですね。

g235-2a.jpg
充電ケーブルの長さは1mほどで、時計本体にクリップを挟んでUSB充電器等を使う形になります。私には1mはさすがに短く感じたのでAmazonでエレコムのUSB延長ケーブルも買いましたが、データ転送はともかく充電に使う場合は延長ケーブルと充電器との相性のようなものが出る可能性があるので注意が必要です。
(Amazon basicの延長ケーブルでは充電できませんでしたが上記エレコムのケーブルでは大丈夫でした。)


初期設定をしようと電源を入れてみたところバッテリーが放電してしまっていたようで先に充電する必要がありました。充電が終わり改めて電源を入れてみたところ、初っ端からトラブルに遭遇です。
起動画面の「Garminのロゴ」が出たまま数分経っても待てど暮らせど一向に立ち上がる気配がありません。
どうやらいきなり起動画面でフリーズしてしまったようです。

マニュアルに記述のあるマスターリセット方法は、
   1. ForeAthlete235の電源を切る
   2.『LAP』ボタンを押しながら『POWER』ボタンを押して、電源を入れる
   3.『ユーザーデータを消去しますか?』とメッセージが表示される
   4.「はい」を選択するとユニットが再起動され、工場出荷時の初期状態に戻る
なのですが、そもそも起動画面のGarminのロゴが出ている状態でフリーズしてしまっているので「1」の電源を切る操作ができない状態になってしまったのでどうしようもありません。

初期不良品に遭遇してしまったのか、はたまたいきなり修理行きかとがっかりしましたが、なにか強制的に電源を切る方法があるはずだ思って検索していると、「すべてのボタン長押し」で電源を切ることができるという情報を寄せている方が居たので試してみたところどうにかこれで無事電源を落とすことができました。
その後念のためマスターリセットの手順を踏んだ上でようやく初期設定に進むことができてホッとしました。



そのままでは時計の表示面がプラスチックのようで傷付きやすそうだったので保護フィルムを貼っておくことにしました。ランニング時は腕振りや体操などをしていて公園などの手すりに「カンッ」という音と共に時計の表示面を当ててしまうこともありがちなので予防策です。

タブレットやスマホよりも貼り付け面積が小さいのでホコリが入ってしまう心配も少なく、比較的容易に貼ることができました。ホコリ取り用にコヨリのようにしたセロテープを用意しておくとより作業がしやすいと思います。見やすさ重視で低反射タイプにしてみました。


製品登録はマニュアルでは日本の代理店であった「いいよねっと」で購入後30日以内に行うよう書かれていましたが、「いいよねっと」が今年の4月に吸収されていて今は「ガーミンジャパン」で製品のサポートが行われるようになっています。また、この吸収に伴って製品登録をする必要は無くなったようで、現在は製品保証書と購入履歴の証明ができればサポートを受けることができるそうです。


製品登録は必要なくなりましたが、「Garmin Connect」「CONNECTIQ」 といったサービスを利用するには「Garminアカウント」の作成が必要ですので「http://www.garmin.co.jp/」からなるべく早く作成しておきましょう。CONNECTIQ ではウォッチフェイスや搭載アプリを多数の候補の中から切り替えることができるので気分転換にもなります。アプリの転送にはやや時間がかかるかなと感じました。

スマホがあるなら「Garmin Connect Mobile」は是非インストールしておきましょう。アプリを立ち上げるだけでBluetooth接続で連携して走行データを自動的にGarmin ConnectへアップロードしてくれるのでいちいちPCに繋いで転送させる手間が省けますし、スマホでの走行データの確認もバッチリです。

ディスプレイの視認性も良好で太陽光下だけでなく暗くなってきてもバックライトがあるので問題ありません。もう少し解像度が高ければ最高だったかなとは思います。バッテリーの保ちもかなりよく、GPSをフル稼働させてもフルマラソン程度は問題なさそうです。



とにかくモチベーション維持に最高ですね。走ったコースや距離・時間・平均ペースや高低差など様々な情報が記録されるのでランニング後にニヨニヨしてしまいます。Garmin Connectで見ると信号待ちで止まったり歩いていた区間まで一目瞭然で面白いですね。衛星の補足はとても早く、米国のGPSだけでなくロシアのGLONASSや日本の「みちびき」の補完信号にも対応しています。(現状補足できる「みちびき」は1機のみですが。)

無事打ち上げが成功してみちびきが4機体制での運用が始まったとしてももさすがに誤差1m以下!なんてのは補強信号対応に受信機の改良が必要なのでファームウェアでどうこうするのは無理でしょうが(価格やバッテリーの問題もありそうです)、少なくともビル街などで衛星の信号を受信できない場所はさらに減るでしょうし多少なりとも精度の向上も望めるかも知れないので期待したいところです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

EVGA製の電源 SuperNOVA 650 P2 を個人輸入してみました。 [PCハード]

今まで使っていたクーラーマスター社のV750 Semi-Modular(RS750-AMAAG1-JP)がある日なんの前触れも無く壊れてしまったので以前から気になっていたEVGA SuperNOVA 650 P2(220-P2-0650-X1)を米国Amazonから取り寄せてみることにしました。久しぶりの個人輸入です。

SuperNOVA-650P2-1.jpgスペックは以下のような感じです。

容量:650W
  (100-240 VAC,10A,50-60 Hz)
80 PLUS認証:Platinum
搭載ファン :140mm
      (Double Ball Bearing)
サイズ:86mm x 150mm x 165mm
MTBF :10万時間
保証 :10年間

日本製コンデンサを100%使用、+12V系統はシングルレーンです。また、保証期間の長さもありがたいところです。

電源はやや重量があるので送料が高くなりがちです。(今回のケースでPriority Shippingにすると40ドル近くかかってしまいます。)そこで一番安い AmazonGlobal Standard Shipping で頼んだのですが、思わぬトラブルに遭うことになってしまいました。
米国Amazonからの荷物がi-percel で行方不明に。。。
そう、”missing package” です。amazonとi-percelの言い分は見事に食い違っていましたが結局Amazonが追加料金無しで速達にて送り直してくれることになりやれやれです。まあ、元々i-percelの評判はお世辞もいいとは言えないので可能であればPriority Shippingで頼んだ方が精神衛生上もいいのは間違いないですね。

nova-1.gif結局
   4/11 発注
   4/12 出荷連絡
       (i-percel で5/2 迄に到着見込)
   5/ 2 荷物が動いている気配がなかったので i-percelと
      Amazonに問い合わせたところ荷物が行方不明に
      なっていることが判明
   同日 Amazonから再出荷(UPS便で5/8迄の到着予定)
   5/ 7 国内でヤマトに引き継がれて着荷
となりました。

日本国内に入ってからのトラッキングナンバーを教えてもらおうとUPSにメールを送ってみましたがGW期間中でしかも日本到着が週末にかかってしまったため事務所はお休み。返信が来る前に荷物が届きました。

このように電源本体は箱の中でウレタンでしっかり中空保持されているので輸送時に損傷を受ける可能性は低いと思います。付属のマニュアルは英・独・仏・伊・スペイン・ポルトガル語の6カ国語で日本語化はされていませんが、特に難しいことが書いてあるわけでもないので自作PCの経験がある方なら問題ないでしょう。

SuperNOVA-650P2-2.jpg

EVGAの電源の魅力の一つはこの付属品の充実ぶりです。各種ケーブルの他に結束バンドや使わなかったケーブルをまとめておけるポーチまで付いています。電源ケーブルは3ピンですので2ピンへの変換アダプタか電源タップを使ってください。また、「Power On Self Tester」なる赤〇印のパーツが付属しています。ATX電源はマザーボードに繋ぐコネクタのPS_ONとCOM(20Pinの場合14Pinと15Pin、24Pinの場合16Pinと17Pin)をショートさせることで電源単体での起動テストができるのですが、上記パーツを使うことで簡単にこのテストを行うことができます。たったこれだけの簡単な物ですが、故障の判別時などに何番と何番だっけ・・・といったことがなくなるので一つあると地味にありがたいおまけだと思います。

SuperNOVA-650P2-3.jpg

電源の前後とファンの様子です。MB用のメインケーブルも含めフルモジュラー式です。OEM元はSuper Flowerとのことです。Super Flower製の電源は一時期ドスパラなどで取り扱われていて評判も上々だったようですが、最近ではめっきり見かけなくなってしまいました。140mmのファンも非常に静かです。
英語ですが、tom's HARDWAREに分解写真も含めた詳細なレポートがあるので興味のある方は参考にしてみるとよいでしょう。
EVGA SuperNOVA 650 P2 PSU Review

SuperNOVA-650P2-5.jpg

せっかくの長期に渡る製品保証の権利を得るためにもユーザー登録は早めにしておきましょう。登録はEVGAのHPから「Member」→「Product Registration」と辿れば行うことができます(要EVGAアカウント)。
登録に必要なinvoiceが入っていなかったり不完全な場合はAmazonの購入履歴からダウンロード可能です。製品登録後にinvoiceの画像アップロードが必要になります。
保証規定については日本語で書かれたページもあるので目を通しておくと良いでしょう。

SuperNOVA-650P2-6.jpg組み込んでみた感じです。

気になった点としては、SATA電源ケーブルがちょっと短めなように感じました。裏配線を行う場合には取り回しに若干の注意が必要なケースもあるのではないかと思います。また、SATAのコネクタ部分がややきつい感じがするので固いからと言ってHDDなどを繋ぐときに力任せにして割ってしまうことのないよう気をつけた方がいいかも知れません。米国Amazonのレビューで何人かそのような方を見かけました。
ATX24ピンのメインケーブルに関してもかなり太くて堅いようです。メインPCのケースとして NANOXIA Deep Silence 1 を使っているのですが、裏配線スペースが狭めなので取り回しにやや苦労しました。
EPS(CPU)用の4+4ピンケーブルの長さは充分でした。
ecoモードの切替スイッチもありますが、使わなくても充分静かです。電源からの発熱はあまりなさそうです。



以前米国Amazonからグラボを輸入したときには特に気にした覚えはないのですが、今回はチェックミスから段ボールに入れられること無く製品パッケージに直接伝票が貼られて空輸されてきてしまいました。なんでも初期状態では 「easy-to-open packaging」が選択されていて、他にも何か注文していて同梱されてくる場合で無ければこのように扱われてしまうそうです。個人的には中身が無事であれば製品パッケージの汚れや多少の凹みくらいは気になりませんが、国際配送便は雑な扱いを受けてしまうケースも少なくはないようですのでやはり段ボール箱くらいには入った状態で送らせたいかなと思います。

SuperNOVA 650 P2.gif注文時に指定してやればきちんと段ボール箱に詰めて発送してくれます。
オーダーの最終確認画面で赤〇印のボタンをクリックし、「Ship in Amazon box」にチェックを入れて「Save」してやることで変更することが可能です。
余計なゴミが減ること自体はとても良いことなので賛同したいところですが、如何せん輸入する場合に関しては中身が分かると盗難されてしまうリスクも上がりそうな気がしますので今後輸入するときは注意していきたいと思います。
最初の発注時に荷物が行方不明になってしまった一因もこの辺じゃないかなと思うんですよね・・・。


購入価格に関してはタイミングが良ければあと10ドル程度安く入手することができるかと思います。わりと頻繁にセールをやっているようなので時間的余裕のある方は狙ってみるといいかも知れません。ちょうどAmazonギフトカードに100ドルチャージで5ドルおまけされるキャンペーンがあったので一緒に使ってみました。


※ 追記 ※

  6/17 付でAmazonからRefundの通知があり、今回はDeposit分全額が返ってきました。
  取り替えて一月ほど経ちましたが電源の方も今のところ何も問題はありません。

Win10 で画面の任意の部分だけをピンポイントでキャプチャする方法。 [Windows関連]

少し前の記事ですが「窓の杜」で便利なキャプチャ方法が載っていたので忘れないようにメモ。

ツールなしで“矩形キャプチャー”が可能!「Creators Update」に新搭載されたスクリーンショット機能が便利


通常Windows10で画面をキャプチャするには「Print Screen」キーで表示されている画面全体をクリップボードに保存し、それをペイントなどに貼り付けた後必要な部分だけを切り抜くと思いますが、上記で紹介されている方法では最初から必要な部分だけを指定してキャプチャすることができます。

先日の「Creators Update」で標準機能として実装され、マイクロソフトサポートのTwitterアカウントで紹介されていたそうです。

方法は
   1.[Windows]+[Shift]+[S]キーを押す。
   2.画面全体が白くなるので、切り取りたい部分をマウスで矩形の範囲でドラッグ指定。
       (マウスのボタンを離すとクリップボードにコピーされる。)
   3.ペイントなどに保存されたクリップボードの画像を[Ctrl]+[V]で貼り付けて保存。

いちいち編集する必要がなくなるので何気に便利。