So-net無料ブログ作成

フロントスピーカーを DALI ZENSOR3 に変更 [AV機器]

フロントスピーカーを5年程使った ONKYO の D-55EX から DALI の ZENSOR3 に入れ替えました。

先にセンタースピーカーを Zensor Vokal に入れ替えたこともあって ZENSOR3 にするか ZENSOR1 にするか迷っていましたが、サイズ的にもなんとか置けそうだったので ZENSOR3 に決めました。原材料費高騰を理由に2015年に価格改定が行われて実売5万円を超える状態が続いていましたが、このところ徐々に価格が下落していく傾向にあるのでまた買いやすくなってきているのではないかと思います。

zs3-1a.jpg
主な仕様

 ●  周波数特性   / 50Hz~26.5kHz
 ●  入力感度    / 88.0dB
 ●  インピーダンス / 6Ω
 ●  推奨アンプ出力 / 25~125W
 ●  クロスオーバー / 2.6kHz
 ●  ユニット構成  / 180mmコーン
            25mmソフトドーム
 ●  外形寸法    / 351×205×293 (mm)
 ●  質量      / 6.3kg/1本

ブックシェルフ型のスピーカーとしてはやや大型です。ちょうど27インチのPC用ディスプレイ本体部分とほぼ同じ高さでした。置いてみると Zensor Vokal とちょうど良い感じのサイズバランスになりました。こちらにして良かったと思います。バスレフポートがリアにあるので背後のスペースはある程度あった方がよさそうです。インシュレーターは audio-technica の AT6099 を合わせることにしました。Zensor Vokal の分と併せて2セット購入したのでそれぞれ4点支持にして使っています。

18cmのコーンからはなかなかに情報量の豊かな低音部が聞こえてくるので、腹に響く重低音が欲しいというのでなければサブウーファーは特に無くてもそれ程不満は感じないんじゃないかと思います。でもまあ映画やライブなんかを視聴する時はあるに超したことはないでしょうけど。

コントラバス(ウッドベース)やチェロといった弦楽器がとても心地よく響きます。トランペットなどの金管楽器の鳴りもよいですね。サックスなんかも実に艶っぽい音を聴かせてくれます。ヴォーカルも低音から高音までよく通り、この人の声には低音部にもこんなに深みがあったのかと新たな発見が得られて驚きました。クラッシックからロックまでそつなく鳴らしてくれるようですが、中でも女性ジャズヴォーカルのようなアコースティック楽器がふんだんに使われた音楽とは特に相性がいいように感じます。

上を見上げればきりがないスピーカーの世界ですがいい買い物ができました。まだまだ鳴らし始めたばかりなので今後が楽しみです。



DALI スピーカー ZENSOR3 [ライトウォールナット ペア]

DALI スピーカー ZENSOR3 [ライトウォールナット ペア]

  • 出版社/メーカー: DALI
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iOS11に上げてみました。 [iOS関連]

9/20にiOS11がリリースされたので早速手持ちのiPad Pro 9.7とiPhone SEをアップデートしてみました。
メジャーアップデートとあって今回は特にコントロールセンターやDockを中心にかなり使い勝手が変わったので気になった所などをちょっとメモしておきます。


☆ コントロールセンターでのBluetoothイヤフォンへの切替方法が変更された。
iOS11-1b.jpg大きく変化のあったコントロールセンターですが、Bluetoothイヤフォンの切替方法が変わってしまってちょっと混乱しました。iOS10では画面下からフリックしてコントロールセンターを出し、さらに右フリックすると出るMusicの操作画面からBluetoothイヤフォンの切替ができていたのですが、iOS11ではコントロールセンターの「ミュージック」部分の右上角にある記号をタップすると現れるウインドウから切り替えるようになっています。
コントロールセンター自身も色々と項目が増え、ある程度のカスタマイズもできるようになりましたがどうにもゴチャゴチャした印象を受けてしまいます。iOSの良さは直感的に使えるシンプルな操作性にあったと思っていただけにしばらくは違和感が残りそうです。

☆ 画面の動画撮影が可能になった。
  「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」で「画面収録」をタップするこ
  とでコントロールセンターに画面収録のボタンが表示され操作中の画面撮影ができるようになりました。
  ボタンを押すと3秒間のカウントダウンが開始された後撮影が始まります。試しにiPadでデレステのMV画
  面を撮影後iCloud経由でPCから再生してみたところ動画はH264のMPEG-4形式、音声はAACで撮影され
  ており、2分45秒の動画で124MB程度の容量になっていました。

☆ カメラアプリからQRコードのスキャンが可能になった。
  別途アプリを使用しなくてもカメラを起動してQRコードに向けるだけでスキャンしてリンクを表示して
  くれるようになりました。もしQRコードの読み取りが出来ない場合は、「設定」→「カメラ」の「QR
  コードをスキャン」がONになっているかどうか確認してみてください。

☆ iPadのキーボードで下フリックで数字や記号の入力ができるようになった。
  その分少しゴチャゴチャした感じになりましたがパスワード入力などは格段に楽になりました。
  12.9inch版のiPad Proでは以前から使えた機能だそうです。

☆ 「メモ」アプリで書類のスキャンができるようになった
  メモアプリを開いて下のメニュー部分の「+」を押すことでカメラでスキャンした画像をメモに配置でき
  るようになっています。PDF作成も可能ですし活用範囲がかなり増えたと思います。

  iPad ProにおいてはApple Pencilがあるとメモアプリの利便性が飛躍的に高くなります。スキャンした
  データをメモに配置してPencilで色々書き込んだりといったことができるようになっています。
  また、ロック画面上でトントンっと2度Pencilでタップするだけでいちいちロックを解除してアプリを立
  ち上げなくてもメモアプリが使えるようになります。思いついた時にさっとメモを残せるのでこれは本当
  に便利です。あと使っていない時のApple Pencilの電池の保ちが良くなった気がするのですが、これは気
  のせいかも?

☆ 緊急SOS機能
  スリープ/スリープ解除ボタンを素早く5回クリックすることで緊急SOS機能を使って警察、消防、救急、
  海上保安庁に電話を掛けることができるようになっています。ロック画面からも可能なので事故や犯罪に
  巻き込まれた場合などは重宝しそうです。ただ、米国などではこの機能を試してみたいがための誤通報が
  頻発したようですので、こういった機能があるということを覚えておくに止めたいところです。


ここからはちょっと残念な点を少し。

☆ App Storeのウィッシュリストが無くなってしまった。
  App Storeがかなり変わり、アプリのウィッシュリストが廃止されてしまいました。気になるアプリが
  セール対象になってたりしないか時々チェックしていたのでこの機能が省かれてしまったのはかなり残念
  です。iTunes Storeの方の映画や音楽のウィッシュリストは残っています。個人的にはApp Store自体も
  以前の方が使い勝手が良かったように感じます。

☆ 一部の古い32bitアプリが切り捨てられた。
  かねてからアナウンスされていた通り、iOS11からは64bitアプリのみ動作するように変更されたため、
  32bitで作成されていたアプリやゲームなどは起動できなくなりました。iOS11で起動できなくなった
  アプリは、「設定」→「一般」→「情報」→「App」で確認できます。今後アップデートされる見込のな
  いものについては諦めるしかありません。


触ってみた感じではより便利になったところもあれば使いづらくなったところもあるという感じです。機能追加はもちろんありがたいのですが、なにかと徐々に複雑になっていっているのは気になります。ジョブズが存命していればシンプルで分かりやすい操作感をもっと追求してくれていたのではないかと思うとやはり残念でなりません。


※ 追記 ※

☆ アプリのレビュー依頼を表示させなくする方法
  アプリを使っていると時々表示されるレビュー依頼のポップアップは、「設定」→「iTunesとApp
  Store」から「App内評価とレビュー」の項目で表示させなくすることができます。使っている時に表示
  されてイラッとすることがなくなるので是非設定しておくことをお勧めします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iTunesのアップデート後に「CD Configuration」フォルダが見つからないというエラーへの対処法(Windows版) [PCソフト]

iOS11の配布開始に向けて一足先にiTunesが「12.7.0.166」にアップデートされたのですが、Windows10の環境へインストールしたところ、iTunesの起動時に「[CD Configuration] フォルダが見つからない」というエラーメッセージが表示されるようになってしまいました。

iOSのアップデートはWi-Fi経由だとかなり時間がかかる上に失敗のリスクもあるのでできればPCのiTunes経由でバックアップを取りつつ行う方が安心かと思います。ただこの場合iTunesを最新版にしておかないとiOSのアップデートは行えないのでiTunesは更新して置かざるを得ません。また、エラーを無視しても使い続けることもできますが何より気持ち悪い上にCDからのリッピングができなくなってしまいます。手持ちのCDは粗方ALACでリッピングしてNASに入れてしまっていますが今後買うCDの事を考えるとやはり使えるようにしておきたいところ。

対処法としては、
Cドライブに作られている [C:\Program Files\iTunes\CD Configuration]フォルダ を、iTunesがインストールされているドライブのフォルダにコピー(例えば [D:\iTunes] に)してやればOKです。

調べてみるとこのトラブル、過去(10年ほど前)にも起きていたようですね。なぜまた今復活してしまったのかわかりませんが・・・。CドライブにiTunesをインストールしている場合はこの問題は起きませんし、そのうちiTunesのアップデートで修正されるのでしょうが、また今後同様な問題が生じたときのためにメモとして残しておくことにします。


余談ですが、iOS11からはFLACもサポートされるとのことでWindows版iTunesでも扱えるようになるかもと期待していましたが、少なくとも今回のアップデートではまだ実装されていないようですね。ちょっと残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット