So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ

Synology DiskStation DS218j で DiXiM Media Server を試してみました。 [PCハード]

さて、せっかくNASを Synology の DiskStation DS218j に変更したので、今回NASの機種変更する動機の一つとなった「DiXiM Media Server」を試してみることにしました。TV番組の録画には nasne も使っているのですが、購入から4年とそろそろ故障の心配も必要になりそうな頃合いに差し掛かってきているので、残しておきたい番組データを移すのに使ってみたかったのです。

「DiXiM Media Server」はDigiOnが開発したDTCP-IP対応のメディアサーバーソフトウェアとのことで、DS218jを使ってホームネットワーク内で録画したTV番組などを共有することができるようになります。
利用できる機種の拡大予定はあるようですが、今のところDS218jにのみ対応しています。どちらかというとハードウェアエンコーダを搭載していてストリーミング再生時にトランスコードの出来る上位機種向きの機能じゃないかなとは思いますが・・・。


「DiXiM Media Server」のアプリはブラウザのDSM(DiskStation Manager)上で「パッケージセンター」→「マルチメディア」と進み、「サードパーティー」製ソフト一覧から購入することができます。
DMS-01.jpg
価格は米ドル建てのみで 8.5 ドル(現在の為替レートでカード会社の手数料込みでギリギリ1,000円にはならない程度)です。決済はクレジットカードかApple Payでできるようになっているのですが、私はここでちょっと嵌まってしまいました。
調べてみるとどうやらJCBカードを決済に使おうとした事が原因のようでした。使えるクレジットカードの種類がVISA、Master、AMEXとなっていてJCBは対象カードに含まれていないようですね。これはApple Payに登録しているJCBも駄目でした。(VISAはデビットカードでも可能のようです。)
また、以前はPayPalでの決済も出来たようですが現在は支払い手段の選択肢に入っていないようです。
結局Apple Payに手持ちの別のMasterカードを追加登録して再び決済してみたところ、今度はiPad ProのSafari からすんなりと支払いを済ませることができました。

決済が終わればすぐにインストールすることができるので、DSMのメインメニューから「DiXiM Media Server」をクリックするとブラウザの別タブに「ようこそ」画面が表示されます。「サーバーの基本設定」画面はまあ触れば分かると思います。接続を許可/拒否する端末や配信するファイル形式などの設定画面です。

DMS-02.jpg
まずは「ダウンロード」画面にてDS218jにコンテンツを取り込みます。操作は移動元のメディアサーバー(今回はnasne)を選んだ後移動させたいコンテンツにチェックを入れてダウンロードボタンを押すだけと非常に簡単でした。
ただ、nasneの転送速度の問題もあるのかも知れませんが、約4.6GBのファイルを転送するのに30分弱とそれなりの時間はかかりるようです。一旦ダウンロードを始めてしまうと途中で中止しても元のファイルのコピー可能回数の残りは回復しないことには注意が必要です。



以下のリンクにわかりやすく書かれているので見ておかれるとよいかと思います。




移動させたコンテンツの再生にはDTCP-IP対応のプレーヤーが必要です。手持ちのDTCP-IP対応プレーやが少なくてあまりきちんと検証出来ていないのですが、とりあえずPC上では PC TV PlusPowerDVD 16 Ultra 、他には PlayStation 3 からは移した番組の視聴が出来ることは確認できました。iPad・iPhone用の再生アプリとしては評価はあまりよくないようなのですが、「 Media Link Player for DTV 」というアプリが少なくともうちの環境では利用できることを確認しました。1,080円と有料ですが、「Media Link Player for DTV Lite」という評価版があるので購入する前に使えるか確認することができます。(こちらは再生時間が一番組辺り60秒に制限されています。)

PlayStation 4 にもDLNA対応のメディアプレーヤーはあるのですが、まだDTCP-IPに対応しておらず残念ながら視聴出来ない模様。PS4のメディアプレーヤーも対応フォーマットが追加されてFLACの再生が可能になったりProの方では4k動画の再生ができるようになるなど徐々に改善はされているものの、DTCP-IPにはいつになったら対応するのかはわかりません。DTCP-IPのライセンス料の支払いも実装のネックになっているのでしょうかね・・・。

まあnasneの番組をPS4で見たいというのならわざわざNASに移したのを見なくてもPS4の「torne」を使えばいいだけなのですが、他のレコーダーを使っている場合はそうもいきませんしPS4のメディアプレーヤーがDTCP-IPに対応するのを待っている人は結構いるんじゃないかと思います。


DS218j用のDiXiM Media Serverを使う上で気をつけておかなくてはいけないのは、「DS218jからのムーブアウトの機能は搭載されていない」という点です。
このためDS218jに移した(ムーブさせた)録画データを更にBlu-rayレコーダなどに移動(送信)することはできないようです。所謂コンテンツの「墓場」という状態になってしまうのですが、RAID1ならある程度の冗長性は確保されるので古くなって故障の心配が要りそうな機器に入れておくのよりはましかなとは思います。(それでもNAS本体が壊れてしまえばどうしようもないわけですが・・・。)

それにしても著作権を守るためとは言えこの種のコンテンツ保護技術というのは利用者のことはあまり考えられてないなとしか思えませんな・・・。制限はややこしいし環境を整えるのも面倒なことこの上ないです。まあ少しずつ色々試してみようと思います。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

NAS を Synology DiskStation DS218j に入れ替えました。 [PCハード]

NAS(Network Attached Storage)は一旦導入してしまえば便利なことこの上ない装置です。今回HDDの交換を兼ねてNetgearのReadyNAS104からSynology DiskStation DS218jへ変更しました。HDDの増設だけなら今まで2ベイしか使っていなかったReadyNAS104に足しても良かったのですが最近性能不足を感じ始めていたので・・・。ただ、512MBとやや心許ないメモリの搭載量が気になってDS218 play(こちらは1TB)と悩んだのですが、少し安く買えるタイミングがあったので思わず飛びついてしまいました(笑)。QNAPも性能が良いのはわかっているのですがどうもあのデザインが気に入らないんですよね。

Synologyは2000年に設立されたネットワーク機器の展開を柱にしている台湾の会社で、NASの分野ではしっかりと御三家の一角を占めています。この4月には日本法人も設立され、最近では家庭用ルーター事業にもかなり力を入れているようです。

DS218j-1.jpgとてもシンプルなパッケージですが取っ手も付いているので電車などでも普通に持って帰れそうです。派手でもないですしね。
代理店はアスクさんのようです。ただ、米尼などと比較してみても特に日本での価格の上乗せがされているというようなわけでもないようですし、故障などがあった際に2年間の日本語でのサポートが得られるというのはやはり安心感がありますね。中には本当に簡単なペラペラの組み立てガイドしか入っていないので事前に下記のPDFマニュアルは落としておいた方がよいでしょう。


前面にスリットなどは無く、背面に92mm角の冷却ファンが一基搭載されていて両サイドのSynologyのロゴの部分から取り入れた外気を排出するようになっています。NAS本体は台湾製で、ACアダプターは中国製となっていました。背面のUSB端子は3.0でバックアップ用HDDなどを接続することができます。
DS218j-2.jpg

DS218j-3.jpgHDDは積み重ねてネジで固定するタイプで、ホットスワップには対応していません。搭載されている排気ファンは極一般的な3ピンタイプのコネクタが使われているので、故障した場合でも自分で容易に交換することはできそうです。
HDDの熱をすぐ後ろのファンで吸い出すようになっているのですが、HDD接続用のライザーカードが空気の流れを邪魔をしてしまうような感じになっているので、もう少し設計の工夫があっても良かったかなとは思いました。

下の写真はメイン基板です。サムネイルがちょっとボケてしまっているのでくっきりした画像を見てみたい方は写真をクリックしてみてください。メモリは512MBのSK hynixのチップが基板に直付けされており、残念ながら増設は不可能です。CPU自体は発熱が少ないのか特にヒートシンクなどは付けられていませんでした。
DS218j-4a.jpg

今回搭載するHDDは4TBのこちら。某所のテストでは故障率が断然低いとして評判のHGST製NAS用HDDの0S04005(HDN726040ALE614)です。同一ロットで揃えられている上に少し安くなっていた2個パックの方を購入してRAID1で使うことにしました。タイで今年の3月に製造されており、3年間の保証期間が付けられています。キャッシュ128MB、回転数7200rpmとNAS用HDDとしてはスペックが高いのでアクセス速度は期待できそうですが、その反面やや発熱量が多めな事とガリガリと駆動音が大きめなことが欠点でしょうか。個人的には東芝製の7200rpmのHDDよりは静かだと思いますが。
DS218j-5.jpgDS218j-6a.jpg

HDDは上段がNo.1、下段がNo.2となるようです。ドライブの取付が終わったら後はカバーを閉じてACアダプターとLANケーブルを繋いで電源ボタンを押し、PCのブラウザのアドレスバーに「 find.synology.com 」か「 diskstation:5000 」と入力するとWeb Assistantが立ち上がってDSM(DiskStation Manager)のインストールを始めることができるようになります。
後は画面の指示に従っていくだけで基本的なセットアップが行われてそのまま使うことができるようになるのですが途中でRAIDの構成を選ぶことは出来ず、SHR(Synology Hybrid RAID)というSynology独自方式の構成でセットアップされます。HDD2台構成の場合SHRとRAID1でどう違うのかよくわからない所ですが、なにかトラブルがあった場合に独自方式よりは汎用性のある方式の方が対処しやすいのじゃないか?という勝手な思い込みからRAID1に変更して運用することにしました。

DS218j-7.jpgDS218j-8.jpg

RAIDの構成を変更するには一旦今の構成を破棄する必要があります。(この作業を行えば当然ながらディスクのデータは全て削除され元には戻せなくなりますのでご注意を。
RAID構成の破棄は、DSMのメインメニューから「ストレージマネージャー」のアプリを開き、「ボリューム」から「削除」を選択すると行えます。その後改めて「ボリューム」から「作成」をクリックすると「ボリューム作成ウィザード」が開きます。「モード選択」画面では「カスタマイズ」を選び(クイックを選ぶとSHRで構成されます。)、「RAIDの単一ボリューム」を選択して「RAIDタイプの選択」で「RAID 1」を選ぶと作成することができます。データを入れて行ってからディスクの不具合が見つかるとかえって面倒ですし「ディスクチェックを実行」は一度はやっておいた方がいいでしょう。「Parity Consistency Check」というテストが行われ、HDD各社のチェックツールのロングテストとほぼ同様のチェックができるようです。
(ちなみに4TBx2台、RAID1でのチェックに約7時間半ほどかかりました。)

DS218j-9.jpgReadyNAS 104の方はSeagate製5900rpm /cache64MB/容量2TBのST2000VN000、DS218jの方はHGST製7200rpm / cache 128MB/容量4TBのHDN726040ALE614と搭載しているHDDの基本性能からして差がありますし、何度か試行して平均を取ったわけでもなくざっと計っただけなので単純に比較できるわけはなく、あくまでもほんの参考値にしかなりませんが、少なくとも以前の環境より読込や反応が体感でかなりよくなりました。
512MBと搭載されているメモリの量が少ないことを懸念していましたが、今のところ特に問題となるような事は起きていません。アプリをあれこれたくさん入れてしまうと影響は出てくるでしょうが、必要なものだけを最小限に入れていくという事だけ気をつけていれば家庭で使う分にはあまり心配する必要はなさそうです。

DSM(DiskStation Manager)はグラフィカルで評判通り非常に使い勝手がいいですね。Webブラウザ上での動作にもかかわらずとてもレスポンスがいいのでストレスを感じることがありません。

ただ、以下を参考にSynology NASのデフォルトで用意されている管理者アカウントだけは早めに無効になっていることを確認しておいた方がよさそうです。アカウント名がadmin、パスワード空白とこの製品を知っている人なら誰でも簡単にアクセスできてしまいかねませんので・・・。



ひとまずはこんなところで・・・。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ