So-net無料ブログ作成
検索選択
iOS関連 ブログトップ

iPad Pro 9.7inch のApple整備済品を入手しました。 [iOS関連]

昨年末に iPad Pro 9.7inch 128GB Wi-Fi モデルのApple整備済品を入手しました。
ずっと第4世代のiPadを使ってきたのですが、さすがに32GBの容量ではなにかと厳しくなっていて買い換えを検討していたのです。一時はスピアネットを使った米国からの個人輸入も検討していたのですが、円安に振れてメリットがなくなってしまったため保留していました。

そう言えば整備済品もあったなと思って「整備済製品&旧モデル新品」のページを見たりしていたのですが、米国Appleでは昨年9月か10月頃には既に整備済みiPad Pro 9.7インチの販売が始まっていたものの日本では品目リストに追加されても一向に販売が始まりませんでした。そうこうしているうちに円安がさらに進み、またそろそろAppleの価格改定があるんじゃないかと思いながらチェックしていると、12/21の夜についに販売開始されているのを発見しました!発見当初は32/128GBのWi-Fiモデル全色の在庫があったのですが、スペースグレイの128GBは人気が高いのか一瞬で売り切れてしまいました。幸い私はシルバーにしようと思っていたのでよかったのですが、どうせならApple Payで決済出来ないかと調べていたのでちょっと焦りました。(この話はまた後ほど)

Appleの整備済品(refurbish品)は初期不良や返品・修理などでAppleに戻ってきた商品を再整備して外装やバッテリーを新品に交換し、品質確認テストされた後新品同様1年間の保証が付けられたもので、購入後30日以内ならApple Careに加入することも出来ます。どうしてもまっさらの新品じゃないと嫌だというのでなければ非常に魅力的な選択肢だと思います。特にAppleの整備済品は評判もいいようですし。

価格は15%引きで、本体61,900円に消費税を合わせて66,852円で入手することができました。1万円ほど浮いたのでそのうちApple Pencilも買ってみようかと思っています。実は購入直後に今年はAppleが初売りを再開するらしいと知り、うっ早まったか・・・と思ったものの当日は対象外で杞憂に終わりほっと胸をなで下ろしたのはナイショです(笑)。商品券などが付く可能性もあったのですよね。

ipad pro -1b.jpg
このように段ボールの中で中空状態で保持されていて配送時に商品に傷つかないように配慮されています。
化粧箱の表面がiPadの側面をあしらったデザインではなく「Apple Cretified Refurbished」と書かれていて区別できるようになっていること以外通常の新品と何ら変わらない梱包でした。21日の夜に発注して翌日出荷、到着は23日の昼でクロネコさんの配送でした。配送履歴を見ているとどうやら羽田から航空便で近くまで飛んできたようです。

ipad pro -2.jpgiOSは10.1がプリインストールされていました。付属の充電器はサイズこそ変わらないものの第4世代の12Wから10Wへと変更されていました。
第4世代と比較してみるとやはり狭額縁化と重量の軽減からか画面サイズは変わらずに横幅が1.5cm程小さくなっただけなのにそれ以上にコンパクトになったような印象を受けました。437g(Pro)と652g(第4世代)の差は持ってみると相当大きいですね。電子書籍を読むのは特に楽になりました。

実際に使ってみるとまず、iOS10との組み合わせでは指紋認証が本当に便利です。銀行やカード会社・証券会社などの一部のアプリでもホームボタンにさっと触れるだけで認証されるので非常に使い勝手がよいです。無線LANの11ac対応の恩恵も十分に得られています。第4世代では11aまででしたのでアプリのダウンロードやWebページの表示の速さなど体感で感じることができています。スピーカーも4ヶ所になったのでステレオ感も十分得られ、本当にこのサイズでよくここまで鳴るなと感心します。128GBと容量もたっぷりあるので少々高音質の音源やアプリを色々入れたところで当面心配することはなさそうです。もちろんゲームでも高いグラフィック描画性能のおかげでかなりの余裕が感じられます。nasne 連携でのテレビ視聴がまた枕元で寝ながら海外サッカーをを見る場合などにとても便利です。イヤフォンを付ければ深夜でも音を気にする必要もありませんしね。
不満点は例のカメラの出っ張りくらいでしょうか。これも背面保護を兼ねて適当な保護ケースを付けてしまえばフラットにできるのでほぼ気にはなりません。

ipad pro -3.jpg液晶保護フィルムはamazonで売られていた旭硝子の強化ガラスを使ったフィルムを使ってみました。ガイドシールやクリーニング用品が充実していて気泡やホコリを入れず綺麗に貼る事が出来ました。効果を試すような場面は訪れて欲しくないものですが保険です。指の滑りや感度への影響はほぼないようです。


3月頃にはiPad Pro 2が出るという噂もありますが、遅れそうだという話も聞きますし円安などが影響して価格が高くなってしまう可能性もあります。某大統領のせいで米国生産になって価格が上がってしまうというケースはあったとしてもまだまだ先の話ではあるでしょうけど(笑)。待てるなら待つのもありですが特に電化製品は欲しいと思った時が買い時。現行品のiPad Proも数年は十分に使用に耐えると思いますし多少なりとも安価で入手できる整備済品も購入の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
その後も再入荷してもすぐに捌けてしまう状態が続いているようですので、欲しい方はできるだけこまめにチェックして見つけたら素早く確保してしまう方がよいでしょう。





さて、冒頭のApple Payの件ですが・・・。
鳴り物入りで日本でもサービス開始されたApple Payですが、なんとAppleのオンラインストアが対応していませんでした。SafariやiPhone/iPadのストアアプリからなら決済出来るかもと思って試してみたのですがやはり決済手段として用意されていませんでした。そこでネタにもなるかと問い合わせてみたところ、
 ・私(サポート担当者)もApple製品の購入の際、Apple Payの支払いを思い浮かべるだろう。
 ・案内するから安心してね。(?)
 ・既に米国などではオンラインストアでApple Payの利用が出来るが、まだ日本では利用の準備が出来て
  いないようだ。
 ・対応状況や開始などについての詳しい情報を案内することは出来ない。
 ・今後利用が可能になった場合、ウェブサイトやApple Storeアプリで公開された情報を確認頂してもらう
  ことが可能だと思われる。
 ・フィードバックを元にApple Payの顧客体験の向上に務めていくね。
(一部要約・改変しています)

とまるで他人事のような返事が来ました。
Suicaや実店舗の方ではそこそこ広まりつつあるようですが、旗を振るはずのAppleがこのような意識だとは本気で広める気があるのかとちょっと呆れてしまいました。決済時にちょくちょくエラーが出てるらいしいのは初期だからある程度仕方ないとしてもなかなか前途多難なようです。



※ 1/16 追記
Apple Care+ に関してはどうするか迷っていましたが。結局後日加入することにしました。Webでの加入手続きは決済画面で真っ白のページが表示されてしまって上手くいきませんでしたが、サポートに電話するとその場ですぐに加入手続きが終わりました。これで甥っ子姪っ子が遊びに来ても安心です(笑)。

iOS10のRise to Wakeを便利に [iOS関連]

iPhone 7・7 Plus・6s・6s Plus・SE とA9+M9チップ以降を搭載したiPhoneに限られますが、iOS10では
Rise to Wake 」という本体を手前に傾けるだけでスリープ解除ができる新機能が実装されました。
iOS10にアップデートした時点でオンになっていたはずですが、「設定」→「画面表示と明るさ」→「手前に傾けてスリープ解除」のスライダーを操作すればON/OFFの切替ができます。

使ってみると非常に便利なことが分かるのですが、デフォルトではロック解除にいちいちホームボタンを押さねばならずやや面倒です。そこで以下のように設定することでiPhoneを持ち上げ、ホームボタンに触れるだけでTouch IDで指紋認証されてロックが解除できるようになります。

指紋認証.PNG
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ホームボタン」と進み、「指を当てて開く」のスライダーをオンにしてやります。




これでメッセージの着信などちょっと確認したい時にはさっと傾けてチェックし、内容も見たいときはホームボタンに触れてロック解除ととても使い勝手がよくなりました。



※ iOS10ですが、うちの場合アップデートはすんなり終わったものの数日後朝起きたらスリープボタンを押そうがホームボタンを押そうが無反応で所謂文鎮化してしまっており、強制再起動させる他なくなったことがありました。ツイートの検索をしてみてもフリーズ報告が結構あるようですし安定するにはもうしばらくかかりそうです。


iPhone・iPadでのスクリーンショットの簡単な撮り方 [iOS関連]

恥ずかしながらつい最近知りました。

「スリープボタンとホームボタンを同時に押す」
これだけです。

今までかなり面倒なやり方をしていました。いやはや・・・。
ちなみに同じ動作を十秒ほど続けていると強制再起動することができます。

できるだけ物理ボタンを押したくないならば「AssistiveTouch」のメニュー画面をカスタマイズして「スクリーンショット」を登録しておけばよいでしょう。


iPhone・iPadでAssistiveTouchを使えるようにする [iOS関連]

iPhone・iPadなどはホームボタンを押す機会が多く、やはり耐久性が気になってしまいますが・・・
iOSにはAssistiveTouchというホームボタンを仮想的に画面上で使えるようにする機能が用意されています。(下の赤〇を付けたボタン。ドラッグで画面上好きな場所に移動することができます。)

assistivetouch.jpg
デフォルトでは無効にされていますが、次の方法で使えるようにすることができます。
a)「設定」から「一般」を選んで「ア  クセシビリティ」をタップして中ほ  どの「操作」の「AssistiveTouch」  と進んでスライダを動かし「On」  にします。
または
b)Siriに「アシスティブタッチを有効  に」と話しかける。
(逆に無効にすることもできます)



また、上記 a)のスライダ設定画面の「最上位メニューをカスタマイズ~」に進むと音量の上下やトリプルクリックなどAssistiveTouchのメニューをカスタマイズすることもできます。

さらにアクセシビリティの設定画面最下部にあるショートカットにAssistiveTouchを設定しておくとホームボタンのトリプルクリックでAssistiveTouchのOn/OFFが行えるようになるので邪魔なときなどには役に立つと思います。




iPhone・iPadの強制再起動方法 [iOS関連]

フリーズなど緊急時用の備忘録

iOSの強制再起動方法

1.スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時にAppleロゴが表示されるまで10秒以上押し続ける。
   
  ※ PCにデバイスを接続してiTunesを開いた状態で強制再起動をかけ、ロゴが表示された後も
    リカバリーモードの画面が表示されるまで押し続けることでiTunes経由でのリカバリーが可能。
    (OS更新で文鎮化してしまった場合など)


iOSの再起動方法(通常時)

1.スリープ/スリープ解除ボタンを赤いスライダが表示されるまで押し続ける。
2.スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切る。
3.Appleロゴが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンを押し続ける。
4.パスコードを入力して再起動させる。


iPad (iOS 7) でアプリを完全に終了する方法 [iOS関連]

今までずっとiPadを再起動するしかないと思っていましたが、やっぱりちゃんと用意されてありました(笑)。radikoアプリとかよく途中で不具合を起こして止まってしまうんですよね。

やり方は簡単!

1. ホームボタンを素早く2回押す。
2. 立ち上がっているアプリが出るので左右にスワイプして終了させたいアプリを選び、
  上方向にスワイプ。

たったこれだけのことでした。


iOS関連 ブログトップ