So-net無料ブログ作成
PCソフト ブログトップ

iTunesのアップデート後に「CD Configuration」フォルダが見つからないというエラーへの対処法(Windows版) [PCソフト]

iOS11の配布開始に向けて一足先にiTunesが「12.7.0.166」にアップデートされたのですが、Windows10の環境へインストールしたところ、iTunesの起動時に「[CD Configuration] フォルダが見つからない」というエラーメッセージが表示されるようになってしまいました。

iOSのアップデートはWi-Fi経由だとかなり時間がかかる上に失敗のリスクもあるのでできればPCのiTunes経由でバックアップを取りつつ行う方が安心かと思います。ただこの場合iTunesを最新版にしておかないとiOSのアップデートは行えないのでiTunesは更新して置かざるを得ません。また、エラーを無視しても使い続けることもできますが何より気持ち悪い上にCDからのリッピングができなくなってしまいます。手持ちのCDは粗方ALACでリッピングしてNASに入れてしまっていますが今後買うCDの事を考えるとやはり使えるようにしておきたいところ。

対処法としては、
Cドライブに作られている [C:\Program Files\iTunes\CD Configuration]フォルダ を、iTunesがインストールされているドライブのフォルダにコピー(例えば [D:\iTunes] に)してやればOKです。

調べてみるとこのトラブル、過去(10年ほど前)にも起きていたようですね。なぜまた今復活してしまったのかわかりませんが・・・。CドライブにiTunesをインストールしている場合はこの問題は起きませんし、そのうちiTunesのアップデートで修正されるのでしょうが、また今後同様な問題が生じたときのためにメモとして残しておくことにします。


余談ですが、iOS11からはFLACもサポートされるとのことでWindows版iTunesでも扱えるようになるかもと期待していましたが、少なくとも今回のアップデートではまだ実装されていないようですね。ちょっと残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ShurikenでiCloudのメールが受信できなくなってしまったので調べてみました。 [PCソフト]

もう長いことWindows PCのメールソフトにはJustsystemのShurikenというソフトを使っています。

So-netやG-mailはもちろんiCloudのメールも一つのソフトで管理でき、迷惑メールフィルタや遅延送信機能、キーワードやアドレスを設定しておくことで自動で色々なフォルダに仕分けしてくれる機能などが充実していてとても便利なので愛用していたのですが、今日になって突然送受信出来なくなってしまいました。

メインで使っているアドレスではないですし、iPhoneやiPadでは正常に受信できるので諦めてしまってもよかったといえばよかったのですが、ちょっと調べてみることにしました。


結論から言うと原因は iCloud2 ファクタ認証 でした。

今日やったことと言えば、iPhoneとiPadのiOS10.3へのアップデート。そういえば端末の再起動時に2 ファクタ認証を使うかどうかの選択画面が出てきて、セキュリティ向上になるならいいかと特に考えることもなく使う設定にした結果、メールサーバーへの認証時に弾かれてしまっていたのでした。

これは「App 用パスワードを使う」ことで回避することができます。
具体的には
  1. Appleホームページ下部の「Apple IDの管理」からアカウントページにサインイン。
     (2ファクタ認証が有効になっているとiPhoneなどに6桁のパスコードが表示されるので、
      それを使ってサインインします。)
  2. 「セキュリティ」の「App 用パスワード」の下の「パスワードを生成」をクリック。
  3. 「Shriken」など区別しやすい名前を入力して「作成」をクリック
  4. App 用パスワードが作成できたら、Shurikenの「設定」→「アカウント登録設定」→「受信」と進
    み、今まで使っていたiCloudのパスワードの代わりに新しく発行したApp 用パスワードをコピペし
    てやればOKです。

以上で今まで通り使うことができるようになるはずです。恐らくShriken以外の他のメールソフトでも同様の設定で大丈夫だと思います。





参考までにShurikenでのiCloudメール送受信設定値を載せておきます。

受信設定
設定項目 設定値
受信(IMAP4)サーバーの名前 imap.mail.me.com
ユーザー名 (iCloudユーザー名)@me.com
パスワードの保存 する
パスワード (発行したApp 用パスワード)
受信サーバーポート番号 993
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 しない
送信設定
設定項目 設定値
送信(SMTP)サーバーの名前 smtp.mail.me.com
送信サーバーのポート番号 587
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 する
送信前の受信サーバーによる認証(IMAP before SMTP) しない
SMTP認証 する
SMTP認証に受信サーバーのアカウント情報を使う 使う

PC TV Plus で録画番組がPCへ転送できない場合の対処法 [PCソフト]

元々 PS3/PS4 の周辺機器として登場した SONY の nasne ですが、別途アプリの購入が必要なものの現在は iPad などのタブレットやPCでもテレビの視聴・録画ができるようになっていて非常に便利に使えるようになっています。プレイステーションを持っていない人にもお勧めできます。

nasneをPC上から利用できるようになる「PC TV Plus」というSONY製のソフトが販売されています。(ダウンロード販売のみ。)14日間利用できる体験版が落とせるので自分のPCで使えるか不安ならばまず試用してみるとよいでしょう。気に入ったらオンラインで購入すれば程なく解除キーが送られ来て、そちらを入力すればそのまま正式版として使うことが出来ます。

「PC TV Plus」にはnasne単体では出来ない録画済みの番組をBDに焼いたりPCへ転送したりする機能も付いています。nasneに外付けしていた古いHDDを2TBのものに取り替えようと思い、その前に残しておきたい番組をPCへ転送しておこうと思ったのですが、いざ作業に取りかかると「番組データ準備中です。しばらく経ってからもう一度お試しください。」というメッセージが出て、待てど暮らせどいつまで経っても転送できないという問題に遭ってしまいました。何度試しても同じメッセージがでてきます。

結論から言いますと VM Ware Player(仮想PC構築ソフト)の一時的なアンインストールであっさりと解決しました。どうやら VM Ware Player の仮想ネットワークアダプターが悪さをしていたようです。BDへの書き出しが出来ないという人も同じ問題に当たっている可能性がありますのでもし仮想PC構築ソフトを利用しているようでしたら一度アンインストールしてみることをお勧めします。

どうしたものかと調べていると、同様の仮想PC構築ソフトであるVirtualBoxをアンインストールすることで解決したという方も見かけましたので現状仮想PCとはものすごく相性が悪いと言わざるを得ないようです。

時々仮想PCも使うことがあるので当面は排他利用と諦めて必要になったらインストールするくらいしかなさそうですね・・・。あと、PCへ退避させた録画ファイルをnasneに新しく付けた外付けHDDへ書き直すということは出来ないようです。ちょっと残念。

Windows版 iTunes で購入した映画が観られなくなった場合の対処方 [PCソフト]

Windows版の iTunes で購入した映画が観られなくなってしまった場合の対処方法メモ。

iTunesでの映画購入はほんとに便利だと思います。何よりディスクを保管しておくスペースを取りませんし、いつでも気軽にPCやiPad・iPhone(さすがにiPhoneで映画を見ようとは思いませんが)で再生することが可能で、音声も5.1ch対応で外部機器に繋げば大迫力で楽しむことができます。最新のDolby AtmosやTrueHDなどは現状無理ですが、どうしても高音質で観たい場合はDisk版を購入すればいいかなと思っています。比較的新しい映画でもちょくちょくセールをやっているのもありがたいですね。

ただ、iTunes Sotre で映画を購入したのに観られないというケースが時々生じてしまうようです。そうしたケースがあるということは iTunes Sotre のレビューを見ていて知っていたのですが、自分にも降りかかってしまったので暫定的な対処方法のメモを残しておくことにします。

再生途中で止まってしまうだけなら回線の混雑などの影響も考えられるので事前にダウンロードしておくことである程度回避可能だとは思うのですが、ダウンロードも済ませてあるのにいざ再生しようとすると音すら鳴らずに真っ暗な画面が延々表示されるだけという事がありました。(メニュー画面や特典映像は表示されたり他の映画で観れるものがあったり駄目だったりするから余計に混乱しました。)
ファイルが壊れているのかとも思い、再ダウンロードしたりもしてみましたが改善されません。

そこで
 1. 一旦ダウンロード済みの映画をiTunes上で右クリック→「ライブラリから削除」でファイルを保持した
   まま削除する。
 2. iTunes上部の「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」で残しておいたファイルを指定。
以上で再び見ることができるようになりました。

OS再インストール時でも映画を購入したことはいちいちダウンロードし直さなくてもファイルに紐付けされているようなのでバックアップしておいた映画のファイルでもiTunes Sotreの認証さえ済めばそのまま観ることができるようです。


どちらかというと映画レンタルでこの問題の報告が多いようですが、レンタルの場合は購入履歴の「問題を報告する」からAppleのサポートに出来るだけ早く連絡することをお勧めします。返金も含め、丁寧に応対してくれるようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
PCソフト ブログトップ