So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新たなパブリックDNSサービスが始まったそうです。 [通信・ネット関係]

無料で利用できるパブリックDNSとしては「8.8.8.8」の Googl Public DNS が有名ですが、CloudflareとAPNIC(Asia Pacific Network Information Centre)が協力して新たなサービスが公開されたそうです。4/1からツイッターなどで情報が出まわっていたのですが、「1.1.1.1」なんてどうせエイプリルフールネタなんだろうと思ってスルーしていたところどうやら本当の事だったようです(笑)。

(Internet Watch)
(公式アナウンス:英文)
(日本語公式ページ:一部英文ですが設定方法なども書かれています。)


回線障害以外で時折インターネットが繋がらなくなってしまう場合の原因の一つとして考えられるのがDNSの障害。DNSは普通自動取得にしているケースがほとんどでしょうが、パブリックDNSに変更してみると改善される場合もあるのでそうした場合に備えて他のものも含めてメモとして残しておくことにします。


今回新たに公開された APNIC と Cloudflare による Public DNS。高速性の確保とプライバシーへの配慮を謳っています。とりあえず研究のためという位置づけで、少なくとも5年間は提供してくれるそうです。(5年が経過した後どうなるかは今のところ不明です。)



Googl Public DNS。「8.8.8.8」と分かりやすいこともあってかなり有名です。



Cisco系の「OpenDNS」。こちらもかなり高速ですが、一部広告が表示されることがあり得るなどいまいち評判の良くない部分もあるようなので敢えて使うほどではないかも知れません。




※ 追記 ※

注意点が一つ。パブリックDNSを指定しているとClub NTT-Westのポイント交換などNTTの回線に紐付いているサービスの一部が使えなくなることがあるようです。(HGWの管理画面アクセスは問題ありませんでした。)必要な場合は自動設定に戻し、操作が終わってから改めてパブリックDNSを指定するようにするとよいでしょう。
※ さらに追記 ※

新たに公開されたCloudflareのパブリックDNSでちょくちょく障害が起こっているようです。サービスが始まったばかりですし安定して利用できるようになるまでもうしばらくかかるかも知れません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。