So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NTT西日本のNGNサービス情報サイト(フレッツ情報サイト)へアクセスできるようにしてみた。 [通信・ネット関係]

IPv6 IPoEで回線が繋がっていればNGNサービス情報サイト(http://flets-west.jp/http://flets-east.jp/)にはそのままで繋がり、NGNの網内回線速度の測定や各種申込・Club NTT-Westのポイント交換などが可能なはずです。

ただ今回v6プラスへの切り替えを申し込むにあたって一旦今まで契約していたフレッツ・v6オプションを解約して再度v6プラスへ申し込むという必要があったのですが、フレッツ・v6オプションの解約をNGNサービス情報サイトから辿れる「サービス申込受付ページ」で行ったところ解約ボタンを押した瞬間にそれこそ即座にIPv6 IPoEでの回線接続が切れてしまい、その後の契約状況の推移が見れなくなってしまいました。まあHGWに直結するかそのまま何日か待ってフレッツ・v6オプションの再契約が完了すればアクセス出来るようになるだろうことは分かっていましたが、以前からやってみようと思っていた事でもあったのでRTX830でPPPoEでIPv4を利用しつつNGNサービス情報サイトにアクセス出来るconfigも書いてみることにしました。

余談ですが、So-netへv6プラスの切替申込を行う際はどのみちv6プラスの申込をしなければ行けませんし  このページ の案内に従って素直にSo-net内のページから手続きをした方がよさそうです。その方がIPv6 IPoEでのネット回線利用ができない時間が少なくて済むと思います。


設定にあたってYamahaの以下の設定例を参考にしました。
NTT東日本向けの設定例となっていますが、NTT西日本でも大体このままで利用可能です。但し。ひかり電話を使っている場合は「ra-prefix」となっているところは「dhcp-prefix」に修正してやる必要がありました。
以下はひかり電話契約のある場合の設定例。

【ゲートウェイの設定】 

【LANインタフェースの設定】 

【サービス情報サイトの設定】 

【IPv4 PPPoE設定】 

【NATの設定】 

【DHCPの設定】 

【DNSの設定】 

テスト用なのでフィルタ関連は省いています。http://flets-west.jp/http://flets-east.jp/ にアクセスして速度測定サイトが繋がればOKです。


一旦configを書いてしまえば切り替えて再起動するだけなので便利です。フィルターなど細々した設定を追加して何かの時のためにこれはこれで保存しておくことにしました。


ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。