So-net無料ブログ作成

ONKYO DAC-HA200 ではじめてのポタアン! [AV機器]

ONKYO製ハイレゾ対応USB-DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプの「 DAC-HA200 」を買ってみました。移動中に音楽を聴く時は Beats X などのBluetoothイヤホンが便利なのでそれで十分なのですが、寝床で音楽を聴いたり動画やTVを見たりするのに一つ欲しいなと思っていたのでした。

実売1万円~3万円くらいのポタアン市場はかなり競争が激しいようで、各社から様々な製品が投入されています。2014年7月発売とこの手の製品ではかなりのロングセラーとなっていたDAC-HA200以外には、SONYの「PHA-1A」、2月に発売された FiiOの「Q1 Mark II」を候補としていましたが、最終的にさすがに販売終了が近いのかかなりお手頃な価格になっていたDAC-HA200を購入することに決めました。

詳細な仕様はこちらから ⇒⇒ DAC-HA200 SPECIFICATION

外観を見て分かるとおり、TEACの HA-P50 とは共同開発による姉妹機にあたります。両者ともDACとしてBurrBrown製の「PCM 5102」を採用していますが、オペアンプにHA-P50 が「OPA1652」を使用しているのに対してDAC-HA200では「MUSES 8920」を採用することと、スマホ用アプリの違いで特色を出しています。特にDAC-HA200では「Onkyo HF Player」のアップサンプリング機能がなかなか優秀なようです。

この非常にコンパクトなサイズにしては入力系統もUSBがMicroとType-Aの2系統、アナログに光入力まで可能となかなかに豊富で、iOS・Android双方のスマホに接続して使う事ができるほかノートPCと一緒に持ち歩くというのも良さそうです。また、最近のiPhoneはイヤホンジャックが廃止されてしまって3.5mmミニプラグの有線イヤホンがそのままでは使えなくなってしまっているので将来iPhoneを買い換えた時も本機があるとお気に入りのイヤホン・ヘッドホンを使い続けることができます。

ha200-x1a.jpg
正面にはボリュームノブ(電源スイッチを兼ねています。)、ヘッドホン端子(3.5mmステレオミニプラグ)、光/アナログ入力端子(光ミニプラグ/3.5mmステレオミニプラグ兼用)、GAIN切替スイッチと電源・バッテリー充電状態のインジケーターがあります。付属品は、USB-Micro USBケーブル、USB-A DC充電ケーブル、スマホなどを固定する為のシリコンゴムバンドx2本となっていました。専用の充電器は付属しませんが、USB Type-Aコネクタの普通のスマホ用充電器を使う事ができます。

ha200-x2a.jpg背面には電源プラグ、オーディオ信号入力用のMicro USBとUSB Type-A端子、入力系統切替スイッチが配置されています。前面・後面共に端子部分を保護するような出っ張りがありますが、前面はボリュームやL字型のイヤホンジャックを保護するに足る位の長さが確保されているものの背面のそれは短く、スマホなどと接続するUSBコネクタなどもほとんど剥き出しの状態になってしまいます。レビューなどを見ているとUSBコネクタが破損したというものをちょくちょく見かけますが、確かに鞄などに入れていると無理な負荷がかかりやすそうだなと感じます。もう少しスマートな接続方法があればいいのですがね。

ボディはボリューム部分の赤いラインがアクセントとなっており、なかなかの高級感があります。スマホなどとほぼ同じサイズに210gはややずっしりしていますが、ボディは金属製で強度は十分です。

iPhone SEと重ねてみるとぴったりのサイズでした。付属のシリコンバンドでまとめてみましたが、かなりの厚さになるのでポケットに入れるというのはやはり無理がありそうです。iPhone SEとの接続には手持ちで一番短かった20cm程の Powerbeats3 付属のLightning-USB ケーブルを使ってみましたが、コネクタ部分の出っ張りは如何ともし難いですね。鞄に入れて持ち運ぶとしてもやはりコネクタにはかなり無理がかかるのではないかと思いました。腰にベルトで固定できるような方法があれば移動中も使いやすいかも知れませんが。
持ち運びを考えた場合、とにかく使用中に正面からイヤホンケーブル、背面からはスマホとの接続用USBケーブルと両端からケーブルが出てしまうのがよろしくないです。コネクタの配置を工夫して正面にボリュームとステレオミニジャック、USB端子を配置できていればもっと使い勝手がよかっただろうと思います。


音に関してはとても満足しています。SONYのヘッドホン「 MDR-100A 」と接続してみたところ、iPhoneやiPadのイヤホンジャックから直接接続した時と比べて明らかに音の厚みが増していると感じることができました。今まで聞こえていなかった繊細な音も聞き取ることができ、ちょっとした驚きがありました。イヤホンではONKYOの「 e-700m 」を接続してみましたが、こちらもやはり低音が締まってしっかり聞こえるようになったようで弦楽器などの響きもよく、全体的に情報量が増えたように感じます。

間にポタアンを挟むことで音質的にはしっかり変化を感じることができ、ボリューム調節もDAC-HA200で楽にできるのでよいのですが、イヤホンなどに付いているリモコンを使ってのスキップや停止などの操作ができなくなってスマホなどで直接操作せざるを得ないのは仕方のない事とはいえやはりちょっと不便ですね。


「 ONKYO HF Player   」も試してみました。本来はハイレゾ再生機能のロック解除に1,200円を支払ってアプリの拡張パックを購入する必要がありますが、DAC-HA200 を接続していると無料で同等の機能が使えます。iOSとAndroidの両方に対応しているほかにWindows版とMac版も存在しますが、Windows版はプレイリストなどが申し訳程度の機能しか無く。正直使いにくいとは言えませんでした。Windows上でアップサンプリングの行えるソフトは色々あるので他のソフトを使った方がよいと思います。Mac版については使ったことが無いのでなんとも言えません。

iPhone・iPadとの接続では、DAC-HA200を接続するとアプリで感知してONKYO HF Playerの機能ロックが解除され、FLACやDSD、Ogg Vorbisなどのハイレゾ音源の再生機能が使用できるようになります。

再生できる曲はiPadやiPhone本体のiTunesライブラリに保存されている曲に限られます。そのためリッピングなどをした曲はあらかじめスマホなどに転送しておく必要があります。NASなどのネットワーク機器からの再生には対応していません。また、同じスマホに保存されていても他の音楽ダウンロードサービス(dミュージックなど)で購入した曲は保存場所が違うのか認識されません。再生させたい場合はリッピングした曲などと同じようにiTunesのフォルダに転送しておく必要があります。

多少事前準備に手間がかかる面はありますが、アプリの操作性自体は歌詞表示などにも対応しており、まずまずと言ったところです。iPhone・iPadではアプリ上で「48kHzモード」に設定するとアップサンプリング機能が有効になって96kHzでの再生が可能になるようです。



【 関連記事 】
     ⇒⇒ 11インチのiPad ProとONKYO DAC-HA200を接続してUSB DACとして使ってみまし          た。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。