So-net無料ブログ作成

ヤフオク!で中古の Panasonic Let's Note CF-J10SYBHR を買ってみました。 [PCハード]

ちょっとした作業を行うのに小型のノートPCが一台欲しいなとずっと思っていたので、以前から気になっていた中古の Panasonic Let's Note CF-J10SYBHR をヤフオク!で落としてみました。届いた製品は若干の使用感こそあるものの目立った傷もなくかなり状態のよいものでした。

j10s-1.jpg       【 主な仕様 】
●OS : Windows 7 Home Premium (32/64bit)
●CPU : Intel Core i5-2410M(2.3GHz)
●チップセット:HM65 Express
●RAM : 4GB(DDR3 SDRAM)
●Strage : HDD 500GB
●液晶:10.1型ワイド(最大1366x768ドット)
●無線LAN : IEEE802.11a/b/g/n

2011年の夏モデルで、もう7年前の製品になります。型番上の仕様では128GBのSSDを搭載したモデルのようでしたが、今回購入した物には500GBのHDDが搭載されていました。
企業向けのリースアップ品も多いのか中古市場には割と状態の良いものが潤沢に供給されて続けています。価格もお手頃になっていますし、改造を前提にしたベース機としては十分な性能です。

j10s-2.jpgB5サイズに10.1インチの液晶を搭載しており、厚みこそありますが本体重量約980g(バッテリーパックS装着時)と鞄などに入れて十分に持ち運べる重さです。分厚さがある分インターフェースはとても充実していて、本体左側面にHDMIポート、VGAポート、USB 3.0ポートが一つずつ、右側面にはUSB2.0ポート2つにSDカードスロットと有線LANポートが配置されていて拡張性は十分です。

画面サイズが最大1366x768ドットと今となってはやや手狭ですがモバイル用途や軽い作業用としては妥協できなくは無い広さかなと思います。(外部ディスプレイを使えば1920x1200ドット表示も可能ではあります。)


マニュアルは「 Panasonic 個人向けPC 取扱説明書ダウンロード 」のページからとりあえず以下の2つを落としておけば大丈夫でしょう。

また、「 パナソニックPC活用情報 」のページには搭載されているソフトの説明やトラブル事例集なども載っています。こちらの個人向けパソコンのサポート情報にはリコールなどの大事な情報が掲載されることがあるので時々チェックしておくとよいでしょう。



☆ ハードウェアチェック ☆

中古で入手した品ですし、まずは動作状態のチェックを行っておきます。電源を入れたら「Panasonic」のロゴが起動画面に表示されている間に「F2」キーを押してBios設定画面に入ります。CPUやメモリ、HDDなどが正常に認識されていることを確認しつつカーソルキーで「終了」メニューを選び、「診断ユーティリティ」を選択して「PC-Diagnostic Utility」を起動します。(右写真)

j10s-bios.jpgj10s-diag.jpg
診断は自動で行われます。ハードウェアのアイコン左側のバーは、水色:待機中、青と黄色の点滅:診断中、緑:Pass、赤:Failed という具合に診断状況を示しています。全てのテストをクリアすると右写真のように緑色で大きく「Test Passed」と表示されます。診断にはそれなりに時間がかかりますのでゆっくり待ちましょう。とりあえずハードウェアのエラーはなさそうだったので安心しました。

Panasonic の Let's note シリーズはバッテリーに関して多くのリコールが出ているのでチェックは必須です。リコール対象のバッテリーが付属していた場合は無償交換となりますので発火事故などを防ぐためにも必ず パナソニックのリコール情報 でチェックしておきましょう。残念ながら(?)私の購入したものは対象外でしたが、仮にリコール対象に当たってしまっていてもむしろ新品が入手できてラッキーとさえ言えるかも?


☆ 初期化 ☆

OS は 64bit 版の Windows 7 Home Premium SP1がセットアップされていました。HDDにはリカバリー領域もきちんとあります。ざっと見たところ余計なアプリを入れられているようなことも無くそのまますぐに使える状態でしたが、念のため初期化しておくことにしました。

さて、とりあえずOSのクリーンインストールを行って工場出荷時の状態にしようと思い、その前に一応USBメモリを使ってリカバリーディスクを作成しておこうと思ったのですが、この機種の「リカバリーディスク作成ツール」はなんとUSBメモリに対応していないのですね・・・。このためだけに別途外付けの光学ドライブを調達するのも勿体ないと思ったのでひとまずリカバリーディスクの作成は保留してPCの初期化作業を進めていくことにしました。一応Virtual CDなどの仮想DVDドライブ作成ソフトを使用してISOファイルとして作ってやるという方法もあるようですが、どのみちSSDに交換してリカバリー領域はクローンするつもりなのでリカバリーディスクがなくても交換して取り外したHDDを置いておけばなんとかなるでしょう。

システムリカバリーはBios設定画面から入ります。電源を入れたら起動画面に「Panasonic」のロゴが表示されている間に「F2」キーを押して再びBios設定画面に入り、カーソルキーで「終了」メニューを選んで「コンピューターの修復」を選択して「Windowsを再インストールする」へ進みます。「再インストールの方法」では「ハードディスク全体を工場出荷状態に戻す」を選んで画面の指示に従っていけばWindows Updateの各種パッチ適用前の状態に戻せます。

ちなみにWindows 7 64bit 仕様の初期導入済みドライバー類は以下から入手することも出来ます。


ついでにHDDのチェックも行っておきます。搭載されていたのはHTS545050A7E380という5400rpmの日立製HDDでしたので HGSTのHP から「HGST Windows Drive Fitness Test (WinDFT)」を落として実行してやります。ただ、不良のあるHDDで実行した場合はトドメを刺してしまう可能性もあるのでS.M.A.R.T上で警告が出ていないかどうか先にCrystalDiskInfoで見ておいた方がいいでしょう。結局Quick Test、Ext Test共に無事通過できました。これでとりあえずは安心して使うことができます。



☆ 使用感 ☆

Let's Note CF-J10Sに搭載されている液晶ディスプレイはお世辞にも良質な物とは言えませんね。恐らくTN方式なのでしょうが上下左右共に視野角はかなり狭いようです。まあこの辺りは外で使う場合には覗き込みをある程度防げるという利点と言えなくも無いかも知れません。発色もあまりいいとは言えませんが、ノングレアタイプなので外光の映り込みが少ない点は評価出来ます。

キーボードはピッチこそ狭いですが、打ちにくいというほどではなく打鍵感もパンタグラフ式としては悪く無いですね。小型PCにありがちな独自のキー配列もほぼ気にならないレベルです。左下にあるCtrlキーとFnキーだけは逆の方がいいと思いましたが、こちらはbios上で入れ替えることも出来るようですし後ほど試してみようと思います。クルクルと円を描くように指を動かせば上下にスクロールが出来るトラックパッドも気に入りました。

CPUにSandy BridgeのCore i5を積んでいるだけのことはあって年式が古い割に処理速度はまだまだ使えるレベルですね。メモリ増設とSSDへの交換をしてやれば当分の間は現役として使えそうでした。ノートPCで最も劣化しやすいのはやはりバッテリーですが、未だに純正品が市販されていてヨドバシカメラやビックカメラなどで普通に購入できるというのは素晴らしいですね。ちなみに「CF-VZSU68JS」が約12時間の長時間駆動用、「CF-VZSU67JS」が約7.5時間の標準用の交換用バッテリーの型番となります。液晶ディスプレイやキーボードなどもヤフオク!などでパーツとして入手することもできるようなのでその気になれば自力修理もかなりの部分まで可能です。iPadなどと違って自作PCの経験があれば容易に分解することもできますし、こうした保守パーツが長期間入手可能だというのは個人的にかなりポイントが高い点です。





よろしければ以下の記事もどうぞ。
     ⇒⇒ Let's Note CF-J10S を Windows 10 化してみました。
     ⇒⇒ Let's Note CF-J10S の CtrlキーとFnキーの位置を入れ替え
     ⇒⇒ Let's Note CF-J10S の Wi-Fiモジュールを交換
     ⇒⇒ Let's Note CF-J10S の メモリを増設
     ⇒⇒ Let's Note CF-J10S を Crucial MX500 で SSD化




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。