So-net無料ブログ作成

EIZO FlexScan EV2785 で4kデビュー! [PCハード]

EIZOとしては27 inchで初めて4k(3840x2160)表示に対応したモニターとなる FlexScan EV2785 を購入し、ようやく4kデビューを果たすことができました。

ev2785-4.jpgEV2736 + RDT241XPB + HD2441W というモニターの構成を、EV2785 + EV2736 + RDT241XPB に入れ替えました。全て純正のスタンドは取り外してモニターアームでの運用です。RDT241XPBは写真には写っていませんがこの2つのモニターの更に左にあるという少し変則的な配置にしています。
HD2441Wは予備機として保管しておくことににしました。HD2441WはバックライトがCCFL(冷陰極蛍光管)で、重くて消費電力が高く発熱も大きかったので取り替えられてよかったです。(モニター部分だけで8kg程ありました。)

EV2785は当初の予定では2017年11月末頃に発売されるはずでしたが、画質調整に手間取っているとのことで何度か発売が延期され2018年1月末にようやく販売が始まりました。現在は解消されていますが発売後しばらくの間は品薄状態が続いていたようです。この8月にはEV3237の後継機となる FlexScan EV3285 が31.5型モデルとして発売を予定されています。価格は高いですがこちらも人気になりそうな機種ですね。

27inchの4kディスプレイも様々なメーカーから発売されていてかなり選択肢が増えていますが、まず映り込みの少ないノングレアタイプであること、個人的にHDR対応までは必要で無いこと、入力端子の種類と数が十分であることなどからEV2785を購入することに決めました。流行のフレームレスデザインですっきりした外観も好印象ですし、付属しているケーブルの種類と品質も充実しています。また、他のメーカーの製品と比べて割高感があることは否めませんが、故障の少なさやこれまでの利用実績からのメーカーへの信頼感も少なからず影響しました。(L567は13年保ちました。)

実はEIZOのディスプレイは直販サイトの「EIZOダイレクト」ではモニタースタンドの無いモデルも販売されています。ただ、「受注生産」となっていて普通には購入することが出来ませんので見積から個人で購入することが出来るのかどうか聞いてみたところ、個人での購入は可能だが受注は10台以上から、販売価格は通常モデルと同額(スタンド分の値引き等はなし)、納期は約3週間、受注生産につき返品・交換不可との回答を頂きました。どのみちアームを使うつもりですしスタンドは取り外してしまうので価格に関してはまあいいかとは思ったのですが、さすがに10台以上とあってはおいそれと個人で発注するのは無理ですね。
結局諦めて通常モデルを購入することにしました。EIZOのディスプレイスタンド自体はとても動きがスムーズですし、高さや角度・ピボットといった調整が容易でかなり優秀だと思います。ただ一度アームの便利さを知ってしまうと元には戻れないわけで、直販だけででもいいのでスタンド無しモデルも一台から買えるようになって欲しいと思うのは私だけでしょうか?

ev2785-2a.jpg入力は、DisplayPort x1、HDMI x2、USB Type-C x1となっています。入力系統は全てHDCPに対応、HDMI入力はHDCP 2.2にも対応しているそうです。EV2736ではAVアンプからのHDMI入力をDVIに変換して無理やり接続していましたので素直にHDMIで接続できるのはやはり安心感があります。
USBハブは本体背面左側にType-Aが2ポート用意されていて、上部のポートはUSB BC 1.2対応の給電機能も備えています。(USB-Cの方は60Wの給電にまで対応しているそうです。)


☆ USB-Cケーブルを使った接続と「Screen Instyle」について ☆

EV2785 はPCとUSBケーブルで接続しておくと「Screen Instyle」というソフトを使って画面モードの自動切り替えやキーボードショートカットでDisplayPortやHDMIといった入力系統の切替ができるようになるほか、USB3.1のハブとしても使えるようになるのでとても便利です。

Macは持っていないので映像出力については試してみることはできませんが、EV2785は「DisplayPort over USB Type-C(DP Alt Mode)」という規格に対応していて、ケーブル1本でUSB Type-Cで外部モニターとして画面出力させながら「USB Power Delivery」に対応した機器の給電を行うということができるそうです。

USB Type-Cのケーブルは付属しているのですが。いざ接続しようとしてハッと気付きました。付属してくるのはType-C to Type-Cのケーブルなのですが、現在のメインマシンにはUSB3.0のポートはあるもののType-Aしかないということを・・・。すっかり事前に確認しておくのを忘れていました。Screen InstyleとUSBハブは是非とも使いたいのでAmazonで急遽 Type-A to Type-C のケーブルを物色。
AUKEY USB C USB 3.0 ケーブル (2m) Type-C 機器対応 高耐久ナイロン編み 56Kレジスタ実装 高速データ転送 新しいMacBook Pro/MacBook/Nexus 5X/ChromeBook Pixel 他対応 CB-CD3
56kΩの抵抗がきちんと実装されていて2年間の保証のある左の AUKEYのUSB3.0ケーブル(2m) を購入することにしました。コネクタ部分の処理も丁寧にされているので耐久性も期待出来そうです。固めのケーブルなので取り回しが良いとは言えませんが、ディスプレイと接続するような用途では問題ありません。今回はAmazonのタイムセールで購入しましたが、AUKEYの製品に関しては時々 ブログ をチェックしておくと良いことがあるかも知れません。(不定期でクーポンなども配られているようです。)

接続してみたところ特に問題もなく、無事 Screen Instyle も使えるようになりました。
 ・オートカラーモード
   あらかじめアプリに応じたカラーモードを登録しておくことで、ブラウザでWebを見たりメールを見て
   いる時はPaperモード、iTunesで映画を観たりテレビアプリを起動している時はMovieモードといった
   具合にアクティブになっているアプリに応じて自動的にカラーモードを切り替えてくれます。
 ・信号切替
   Ctrlキーと数字などを組み合わせたホットキーとDisplayPortやHDMIといった信号などの組み合わせを
   登録しておくことで、ホットキーを押すだけで簡単に入力信号の切替ができるようになります。使って
   みるとモニター本体のタッチパネルで切替操作をしなくてもよくなるのは予想以上に便利でした。
他にもマルチモニターで使う場合に便利な機能もあるのですが、Screen Instyleは残念ながらEV2750やEV2450以降の比較的新しいモニターのみに対応していて、EV2736などの古い機種には対応していません。   
キーボードショートカットからカラーモードの切替も出来ると便利だと思って別件でEIZOのサポートに問い合わせた時についでに将来的にそういった機能を追加する予定がないか聞いてみたのですが、残念ながら少なくとも今のところ予定は無いとのことでした。


☆ 操作メニューと設置 ☆

操作メニューはモニター下部にある電源ランプ付近のフレームをタッチするとアイコンが立ち上がってきます。ただ、タッチセンサー自体はフレーム部分にあるので慣れるまではモニターに表示されるアイコンにタッチして操作をしようとしてしまったりするかも知れません。そこそこ直感的な操作はできると思うのですが、やや階層の深い部分もあるのでもう少しなんとかならなかったかなとは思います。EV2736は正直ちょっと頼りなさげな物理ボタンでしたがEV2785ではタッチセンサー形式になっていて、耐久性に関してはこちらの方が安心感はあるのではないかと思います。タッチセンサーの感度は良好です。

ev2785-1b.jpg電源を切った状態で本体下部の一番左側のスイッチに触れながら電源スイッチに2秒以上触れると「Administrator Sttings」メニューが立ち上がります。DisplayPortを使用している場合モニターの電源On/Offでウインドウの配置が乱れてしまうことがあるので「Compatibility Mode」が「On」になっていることを確認しておくとよいでしょう。
信号が入力されているコネクタの自動検知機能のOn/Offなどもこちらで設定することができます。

ev2785-3.jpg
さすがに100%の倍率で使うには文字が小さすぎるので、スケーリングは125%で常用することにしました。150%でも良いかなとは思ったのですが、どうやら「PC TV Plus」というnasneの視聴用ソフトが150%では上手く動かないようでした。(一応観れることは観れるのですがエラーメッセージが出ます。)
また、Fire FoxやVivaldiなどのブラウザは「Ctrl + +/-」キーでそれぞれ倍率を調節して見やすくなるようにしています。スケーリングの設定をしていてもフルスクリーン表示にすれば4kで映像の表示はされますし適宜作業領域も増えて快適に使用できています。


純正のモニタースタンドを取り外す方法は若干悩みました。背面のロックボタンを押しながらスライドさせて外すのですが、ちょっとイメージが掴みにくかったです。(元通りはめるのは至極簡単です。)
モニタースタンドを外せばすぐに100x100mmのVESAマウントの取り付け穴が見えるのでモニターアームを取り付ける事は容易です。モニター背面に持ち手が付いていて作業がし易いのもいいですね。


☆ 確認している不具合 ☆

ひとつだけ困っている問題があります。現在の所、PCからEV2785へはDisplayPortで接続し、HDMIへはAVアンプの出力を繋いでAVアンプ側でHDMI機器を切り替えるようにしているのですが、EV2785をHDMI入力に切り替えて映画を観たりゲームをしたりしているとPCの節電機能でモニター出力がOFFになったタイミングでたとえHDMIからずっと映像信号が入力され続けていてもEV2785の電源が切れてしまうのです。マウスを動かしたりしてPCの節電機能を解除してやれば復帰はしますが映画は興が削がれますしレースゲームはクラッシュ必至です(苦笑)。この先Apple TVのようなセットトップボックスの購入も考えているので気になるところです。

何か解決方法は無いものかとEIZOのHPからサポートに問い合わせてみた所、要約すると以下のような回答を頂けました。
 ・原因はScreen Instyleのモニターの電源管理機能がPCが節電状態に移行した事を検出して起きている。
 ・現時点でできる対処法は、Screen InstyleをアンインストールするかPCと接続しているUSB-Cケーブル
  を抜くことのみ。
 ・EIZOとしてもこの不具合は確認しており、8月頃に予定されているScreen Instyleのアップデートで解消
  される見込。

Screen InstyleのアンインストールやUSBケーブルを抜いてしまうのはさすがに不便なので、映画などを観ている時は時々マウスを動かすなどしてモニターがスリープに移行しないようにしてだましだまし使いつつ予定されているという不具合の解消を待ちたいと思います。
⇒⇒⇒ Ver.1.1.1で解消されました!下の追記を参照下さい。


☆ 実際に購入してみて ☆

肝心の画質に関しては言うまでも無く素晴らしいの一言です。ドット抜けも見当たりませんでしたし(輝点に関しては万が一あった場合でも保証対象になるそうです。)、5年間(3万時間以内)という長い保証期間もあるので安心して使用することができます。とりあえずYouTubeで4k映像を映してみましたが、やはりフルHDとの差は歴然としていますね。Screen Instyleを使っての登録しておいたアプリケーションに応じたカラーモードの自動切替もとても便利で、PowerDVDを使ってBDを死傷している時はMovieモードへ、Webやメールを閲覧している時はPaperモードへといった具合に瞬時に切り替わるので目の負担が少なくてとても見やすいです。

スピーカーの音質に関してはまあ今までと同じですね。EV2785は正面から音が出るようになっていますがEV2736やRDT241XPBに内蔵されているものと大差ないと思います。個人的にはディスプレイにはスピーカーが付いていなくても全く問題無いのですが、どうせ付けるならせめてiPadくらいの音が鳴るようになって欲しいものです。(というかiPadのスピーカーはあのサイズで本当に優秀だと思います。)

ともあれこれでようやく4kでの視聴環境が整いました。Apple TV 4Kも欲しいなあ・・・。




※ 8/22 追記 ※

問い合わせに対するサポートの方の回答にあった通り、EV3285の発売に合わせて8/20付で Screen Instyle が Ver.1.1.0 から Ver.1.1.1 にアップデートされ、上記のUSBケーブルで接続しているPCの節電機能が働いてディスプレイが休止した場合にPCの入力とは別の入力系統(HDMIなど)を使用していてもEV2785がつられて休止モードに移行してしまうという不具合は解消されたようです。アップデートを行った後Amazon Fire TVなどを使用してみましたが、視聴中にも関わらずモニターが休止状態に移行してしまうようなことはありませんでした。下記リンクの「ダウンロード」よりダウンロードして速やかにアップデートしておくことをお勧めします。


キーボードショートカットからカラーモードの切替は今回のScreen Instyleのアップデートでも実装されていませんが、便利だと思うので是非お願いしたい所です。



※ 12/16 追記 ※

ev2785-5a.jpgコメントより純正スタンドの外し方についてご質問を頂きましたので取り外したスタンドの取付部分の写真を載せておきます。赤〇印の爪4箇所とロック部分の爪でひっかけるような感じで固定されているようなので、ロックボタンを押し込んだ状態できちんとスライドさせて爪を外さないと取り外せないと思います。敷き布団の上などでの作業をお薦めします。再び取り付けるのはほんとに簡単なんですけどね・・・。
ご参考にして頂けると幸いです。



【 関連記事 】
     ⇒⇒ 11インチの iPad Pro と EIZO EV2785 をUSB Type-Cケーブルで接続してディスプレ         イ出力機能を試してみた。
     ⇒⇒ 「Meiryo UIも大っきらい!!」等を利用して4Kディスプレイの表示環境(フォントサイ         ズ)を見直してみました。





nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 4

k

こんにちは。「ev2785 スタンド 外し方」というキーワードで検索してたどり着きました。

> 純正のモニタースタンドを取り外す方法は若干悩みました。背面のロックボタンを押しながらスライドさせて外すのですが、ちょっとイメージが掴みにくかったです。

EV2785を購入したのですが、外し方がよくわからず困っています。もしよければ外し方の詳細を教えていただけないでしょうか?

説明書には「ロックボタンを押しながら(1)、スタンドを、カタッと当たるまでスタンドの台座側にスライドします(2)。その後、スタンドを上に持ち上げます(3)」とありましたが、ロックボタン押しても押さなくてもちょっとしかスライドしないし、カタッと当たる感覚もありません。これ以上スライドさせようとするとモニタ背面のプラスチックがわずかに変形し始めるので躊躇しています。
また、ロックボタンを押してちょっとスライドした状態で(3)の持ち上げをやってみましたが、これもモニタ背面が変形し始めるので力をいれて試してはいません。

月曜日にEIZOのサポートに電話するつもりでいますが、コツなどあれば教えていただけると嬉しいです。


by k (2018-12-15 23:39) 

ちべっとぎつね

k様、やはりちょっと分かりにくいですよね。③に「持ち上げます」とありますが、ロック部分の爪がきちんと外れてから持ち上げるようにしないと本体のフレームに負担がかかってしまうと思います。
まずモニターを布団の上など傷つかない場所でパネルを下にして寝かせ、ロックボタンをしっかり奥まで押し込んだ上でスライドさせてみてください。
構造が分かれば理解しやすいと思いますので後ほどスタンド側のロック部分の写真を上げさせて頂きます。取り急ぎコメントにて失礼します。
by ちべっとぎつね (2018-12-16 13:06) 

k

ちべっとぎつね様、
写真までアップして解説していただき、ありがとうございます。
無事外すことができました!

> ロックボタンをしっかり奥まで押し込んだ上でスライドさせてみてください。

どうやら、ロックボタンをちゃんと押し込めてなかったようです。

写真のロックボタン部分の丸い穴に、モニタ本体側からバネで飛び出した円柱状のロックがハマることで固定されるようになっているので、
ロックボタンを(写真では裏側から)押して円柱を本体側に押し戻した状態にする必要がありますが、それが不十分だったのだと思います。

大変助かりました。本当にありがとうございました。
by k (2018-12-16 14:35) 

ちべっとぎつね

上手く外せたようで安心しました。お役に立てたようで何よりです。
いい加減どこかに仕舞わないといけないなと思いつつ部屋の片隅に外したスタンドを放置していたのですぐに写真を撮れただけなのでお気になさらないで下さい。もう少し説明書に丁寧に書かれているといいのですけどね・・・。

by ちべっとぎつね (2018-12-16 16:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。