So-net無料ブログ作成

11インチの iPad Pro と EIZO EV2785 をUSB Type-Cケーブルで接続してディスプレイ出力機能を試してみた。 [Apple 製品関連]

従来のiPadでもテレビやPCモニターへの画面出力は可能でした。ただ、「Lightning - Digital AVアダプタ」のようなた変換器を購入するか、AirPlayを利用してApple TVなどに飛ばしてやる必要がありました。

11月に発売された第3世代となるiPad ProではLightningからUSB Type-Cへコネクタが変更されたのに伴い、様々な機器を繋ぐだけで使用することができるようになりました。そこで今回は第3世代 iPad Pro 11inch を EIZO の EV2785 に接続して画面出力機能を試してみることにします。(EV2785については「こちら」で簡単にレビューしてますのでよろしければどうぞ。)


第3世代のiPad ProからEV2785への映像出力は「DisplayPort over USB Type-C(DP Alt Mode)」という規格を利用して行われ、ケーブル1本でUSB Type-Cでモニターに画面出力させつつ「USB Power Delivery」でiPad Proへの給電も行うということができるので配線がごちゃごちゃせずとてもスマートです。

尚、第3世代iPad ProのUSB-Cポートを使った充電と接続に関しては下記リンクの情報もご参照下さい。

ev2785-2a.jpgEV2785のUSB Type-Cポートは背面下部にあります。
残念ながらEV2785にはUSB Type-Cのアップストリームポートが1つしかないので、PCなど複数の機器と接続するには都度つなぎ替えるか切替機などを併用する必要があります。(今現在Type-C対応の切替機が発売されているかどうかは不明です。)当然ですがEV2785側面にある2つのUSBダウンストリームポートはUSBハブとして機能します。試しにUSBキーボードを繋いでみたところ正常に使用することができました。

ここで気づいたのですが、どうやらiPad Pro 2018モデルに付属しているUSB Type-Cケーブルは映像信号の伝送には対応していないようです。恐らく帯域幅が足りてないのでしょう。iPad Pro付属のケーブルを繋いでみてもEV2785の給電機能を使った高速充電は出来ましたが外部ディスプレイとしては認識してくれずちょっと悩みました。ひょっとしてケーブルが原因かもと考えてEV2785付属のUSB Type-Cケーブルにつなぎ替えてみたところ無事映りましたのでやはりケーブルの問題なのだろうと思います。EIZOのUSB-Cケーブルは「CC200SS」という型番のようですが今のところディスプレイに付属するのみで一般販売はされてないようです。市販されているものではAnkerのこのあたりのものBelkinのこのあたりのものが使えるようです。

ipp2785-5.jpg接続するとiPad Proのバッテリーアイコンの左側に青いコネクタのアイコンが表示されました。(このアイコンはしばらくすると消灯します。)コントロールセンター上では「Dockコネクタ」として認識されていました。第3世代iPad Proは最大5kでの映像出力にまで対応しているそうです。HDR10規格にも対応しているとのことですが、残念ながらEV2785では仕様上SDRモードでのみ表示可能となります。接続するとすぐにiPad Proの充電も始まるのですが、これが本当に早い!これがUSB-PDか!とちょっと感動してしまいました。

EV2785との接続では4kでの画面出力ができるのですが、ここでも1つ気付いたことが。EV2785にはスタンバイ状態から一番左と電源のタッチセンサー同時押しで入ることの出来る「Administrator Sttings」という裏メニュー(?)があるのですが、4k/60HzでiPad Proの画面出力させるにはこのメニュー上でディプレイのUSB Type-Cポートの動作モードをUSB2.0に切り替えてやる必要があるようです。USB3.1として動作させた場合はiPad Proからの出力がWQHD(2560x1440ドット)となってしまいました。

ipp2785-1a.jpg

iPad Proからの画面出力は基本的に「ミラーリング」となり、「セカンドスクリーン」に対応したアプリのみiPadとディスプレイに別々の映像が出力されるようになるそうです。Amazon Prime VideoやiTunesの映画ではEV2785にフルスクリーン・黒帯無し(上下の黒帯は出るものがあります)で映像が出力され、iPad Proの方には静止画像の上に一時停止やスキップなどのリモコン的な操作画面が表示されました。「infuse 5」という動画プレイヤーアプリもセカンドスクリーンに対応しているようです。

ホーム画面や解像度が対応していないアプリでは右写真のように左右に大きな黒帯が出現します。YoutubeやAbema TV、ゲームアプリではこのような表示になってしまいました。逆光でやや見づらい写真になってしまっているのはご容赦ください。

ipp2785-4.jpgipp2785-3.jpg
面白いと思ったのはAmazon Prime VideoやiTunesでの映画を再生している時に音声だけAirPlay2で別の機器に飛ばすことが出来る点。USB-CでiPadとディスプレイを接続すると普通ならiPadのスピーカーからは音声が出なくなり、代わりにディスプレイの方から音が出るようになりますが、テレビならまだしもPC用ディスプレイのスピーカーなんてとりあえず鳴るというだけで酷い音質のものがほとんどです。そこでiPadのコントロールセンターから音声だけをAirPlay2でMarantzのNR1608に飛ばしてみたところ、特に映像と音声のずれを感じるようなことも無く良好な音質で普通に楽しむことができました。映像配信を楽しみたいのであれば素直にApple TVやFire TVを買う事をお勧めしますが、そうしたSTB機器を持っていない・わざわざ買いたくはないという場合にはこうした使い方もありなのかも知れません。


iPad Proの映像をPCモニターに出力するという使い方の他にも「Duet Diplay」や「Luna Display」などを使ってiPad ProをMacなどのサブディスプレイとして使用することもできるようですし、やはりUSB Type-Cに変更されたメリットは大きそうですね。新型Mac miniとこのiPad Proの組み合わせで高性能な超省スペースPCの実現なんてことも出来てしまいますし。



Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。