So-net無料ブログ作成

Windows 10のスリープが夜中に勝手に解除されてしまうようになってしまったので原因を探ってみました。 [Windows 関連]

ようやく自作PCの内部パーツの更新を終えてWindows 10をクリーンインストールし終えたわけですが、スリープに入っていてもいつの間にか勝手にスリープ状態が解除されて夜中じゅうPCが点きっぱなしになるようになってしまいました。このままではどうにも不便なので対処法を探ってみることにしました。


まずは勝手にスリープが解除されてしまう原因を探ります。

1. Windowsのスタートボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして管理
  者権限でPowerShellを立ち上げ、「powercfg /lastwake」と入力します。
  するとこのように表示され、前回LANコントローラーが原因でスリープが解除されたことがわかります。

2. 他にもスリープ解除の原因となる可能性のあるデバイスが存在するかも知れないので、「powercfg
  -devicequery wake_armed」と入力して調べてみることにします。
  少し待つと上のようにスリープ解除が可能なデバイスが列挙されます。「I211」もLANコントローラで
  すのでどうやら「Wake on LAN」が原因になっていたようだということがわかりました。

3. デバイスマネージャーからそれぞれのLANコントローラーのプロパティでwake on lan 関係のチェックを
  全て無効に設定します。

4. 念のため確認してみます。
  LANコントローラーが消えました。数日様子を見ていましたが問題なさそうです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。