So-net無料ブログ作成

iPhone・iPadを使ってWindows上のiTunesをリモート操作する方法 [Apple 製品関連]

Windows上のiTunesで「ホームシェアリング」機能を有効にしていると、iPhone・iPadを使ってリモート操作することができます。意外に知らない人も多いのではないでしょうか。ちょっとリラックスしているときに便利だったりするので紹介してみたいと思います。


通常iTunesのホームシェアリング機能を有効にしておくとPCやApple TVに保存している楽曲データなどをiPhone・iPadで再生することができるようになります。具体的な利用方法は以下のリンクをどうぞ。


これはこれで便利です。ではWindows上のiTunesをiOS端末で操作できると何がいいかと言うと、離れた場所にいてもPCに繋いでいるスピーカーなどからの再生をコントロールできるようになるということです。

iOS版のアプリは下のリンクをクリックしてもらうかApp Storeで「remote」とでも入力して検索すれば「iTunes Remote」というアプリ(無料です)がすぐに見つかると思います。

インストールしてアプリを立ち上げたら「設定」でホームシェアリングをONにすると(Apple IDでのサインインは必要)「iTunes Library」が表示されるようになるはずです。ただインストールされたアプリの名前が「Remote」としか表示されないので何のアプリなのか分かりにくいです。せめて名前を変えれるといいのですけどね。操作方法はiOS標準のミュージックアプリとほぼ同じです。

itrmt-1a.jpg

欠点はiTunesに登録している曲数が多くなるとスクロールさせて目当てのアーティストの曲を探すのが大変になってしまう点。この辺りはフォルダの階層を使って見やすくできるDLNAで再生した方が使いやすいかなとは思います。プレイリストは使えるので作っておいた方がいいかも知れません。

正直無理に使う必要はないのですけどね。スピーカーから再生するならDLNAでもAir Playでもなんでもいいのですが、まあこんな方法もありますよということで。



タグ:iPhone iPad Pro
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。