So-net無料ブログ作成

「tftpd64」 を使ったファイル転送方法をメモ [PCソフト]

tftpd」はTFTP serverとTFTP clientの機能以外にもDNS serverやDHCP Server、SNTP serverなどの機能を持ったフリーのオープンソースソフトウェアで、「tftpd64」はその64ビット版です。初めて利用したのですがちょっと戸惑ったのでメモとして利用方法を残しておきます。

ダウンロードは「こちら」から。 32bit版も用意されていますが、v4.64からは64bit版推奨となったようです。Windows 10なら何も問題はありませんね。ここではこの64bit版を前提とします。

インストーラー版を使った場合はWindowsのスタートボタンのメニューから、Zip版を使った場合は解凍したフォルダ内の「tftpd64.exe」をダブルクリックで起動するので初期設定をしていきます。
tftpd-4.jpg今回は TFTP Server 機能さえ使えればいいので余計な設定は全て外してしまいました。tftpd64を立ち上げたら最初のウインドウの「Settings」から
① 「GLOBAL」タブで「TFTP Server」以外の
  チェックを外し、
② 「TFTP」タブの「Base Directory」で転送する
  ファイルを置いているパスを指定
③ 「Advanced TFTP Options」の「Bind TFTP to
  this address」に転送元のPCのIPアドレスを指定
④ 「OK」ボタン押してTftpd64を再起動

「tftpd64」は設定を済ませた状態でソフトを起動するだけで既にTFTPサーバーとして動いています。戸惑ったというのはこの点の事で、何か操作が必要なのかと思っていました。「Current Directory」が転送するファイルを置いたパス、「Sever interfaces」が転送元PCのIPアドレスになっていることを確認して意図通りになっていればOKです。


「tftpd64」を待機状態にしておき、ここでは Allied Telesis の AT-x210(予めIPアドレスを振っておく必要があります) と「telnet」を例にとって話を進めます(LANに繋いでおく必要はありますが「Tera Term」のコンソールでも同じです)。

AT-x210にログインしたら、「copy tftp flash」以下は対話式で進めていくことになります。
「dir」コマンドなどで確認し、転送したファイルサイズ等に齟齬がなければOKです。「tftpd64」は終了してしまってかまいません。

tftpd-2.jpg

ファイルの転送速度もそれなりに出るのであまりストレスは感じませんでした。ZMODEMではやってられません(苦笑)。telnet上でファイルの転送は可能ですがファームウェア更新作業自体はコンソールターミナル接続でやったほうがいいですね。更新中の進捗状況が全くわからないので・・・。  






アウトドア&フィッシング ナチュラム
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。