So-net無料ブログ作成

Allied Telesis AT-x210 のファームウェアを更新しました [通信・ネット関係]

前回の続きです。

今回入手した個体のファームウェアは「5.3.4A-2.3」というリリース当初のものが入っていました。現在の最新ファームウェアは「5.4.7-0.1」で発売時から既に30回近くのアップデートが行われている様子。不具合修正や機能追加などがされているのでアップデートしておくことにします。ただ、最新版にアップデートする為には一旦「5.4.3B-3.17」というファームウェアを使ってブートローダーを「2.0.8」から「2.0.24」に上げてから改めて行うという二段階の作業が必要なようです。

まず現在の状況を確認しておきます。「特権EXECモード」で
ファームウェアは「こちら」からダウンロードしておきます。(ファームウェアダウンロードには本体のシリアル番号が必要です。)今回はブートローダーのアップデートも必要なので「ブートローダー バージョンアップツール(x210-5.4.3B-3.17.zip)」と最新版ファームウェア(x210-5.4.7-0.1.zip)の両方をダウンロードして解凍し、ファイルの移動をさせやすい場所に置いておきます。

さて、新しいファームウェアをAT-x210に転送する方法ですが、最初はコンソールポートから「Z Modem」で転送しようとしました。AT-x210側で「copy zmodem」として受信待機させておき、Tera Termの「ファイル」→「転送」→「ZMODEM」→「送信」として送信するファイルを指定してやれば転送が始まります。始まります・・・が・・・転送速度が920byte/sec(7360bps程度)程で落ち着いてしまいました。コンソールポートの速度が9600bpsなのでまあこんなものなのでしょうが、とにかく遅い!16Mbyteのファイルを転送しようとしたら5時間ほどかかってしまいます。さすがにこれではやってられないということで、「tftpd64」を使ってTFTPで転送させたところ1Mbps程度は出てくれて快適でした。「tftpd64」を使ったファイル転送方法については宜しければ「こちら」もどうぞ。転送が終わった後「dir」コマンドでファイルサイズなどに問題がないか確認しておきます。

ファイルの転送さえ出来てしまえば後は簡単です。今回はブートローダーとファームウェアのアップデートを一度で済ませます。「グローバルコンフィグモード」で
このように設定することで再起動後まずブートローダーのアップデートが行われ、自動的にバックアップ用ファームウェアを通常用ファームウェアとして指定し直した後再起動されます。また、この時バックアップ用ファームウェアの指定も「Not set」となります。アップデート作業中に電源だけは落とさないように注意。

再起動後ログインして「show system」を実行し、ブートローダーとファームウェアが意図通り更新されていれば作業完了です。バージョンアップツール「x210-5.4.3B-3.17.rel」は不要なので「delete」コマンドで削除しておきます。

ファームウェアの改版履歴は「こちら」のページ下部からリリースノートを見ることができます。
(要シリアル番号)



【CISCO互換ケーブル】FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル

【CISCO互換ケーブル】FTDI chipset USB RJ45 コンソールケーブル

  • 出版社/メーカー: Lontion Industrial
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。