So-net無料ブログ作成

PC用のミュージックプレーヤーは「TuneBrowser」をメインに使う事にしました [PCソフト]

手持ちのCDはほとんど全てをiTunesの「ALAC(Apple Lossless Audio Codec)」でリッピングしてNASに放り込みました。「ALAC」は可逆圧縮方式のオーディオコーデックで、音質を劣化させること無く圧縮・復号することができるとされています。「FLAC(Free Lossless Audio Codec)」も同じ可逆圧縮方式のオーディオコーデックでどちらも現在では広く使われていますが、事CD音源のリッピングに限った話では元の音源が44.1kHz・16bitでしか収録されていないので好みで選んで構わないと思います(ただしiTunesは現在の所FLACの再生に対応していません)。

CDをリッピングしてデジタルデータ化しておくことはNASなどに入れておくと便利という事の他にも早めにやっておくべきだと思う理由があります(バックアップは必須ですが)。実は以前こんなことがありました。荷物整理の一環で手持ちのCDのいくつかを中古ショップの買取に出したのですが、パッと見た感じ傷も無く再生にも何ら問題がなかった一部のCDが盤面に微小な穴が空いているとして買取不可とされたのです。どうやら蒸着されたアルミ簿膜に劣化が生じていたようです。

CDは印刷層(ラベル面)、保護層、反射層(アルミ簿膜の記録層)、樹脂層(裏側のポリカーボネイト基板)の4層構造となっているのですが、どうやら寿命があり数十年が限度とされているようなのです。アルミ簿膜の記録層では剥離してきたり酸化や湿度の影響を受けたりして経年劣化が起こるようですし、ポリカーボネート層についても加水分解が進んで白濁してしまい、酷い場合には読み取り不能になってしまうということが起こるそうです。もちろん製造時の品質なども大きく影響するのでしょうが、寿命という話に限れば適切に取り扱われた昔のアナログレコードの方が長持ちするようです。


リッピング作業をiTunesで行っていたこともあって半ば必然的にPCでのミュージックデータの管理もこれまでずっとAppleのiTunesを利用していました。アーティスト名・曲名などは当然として大方のアルバムジャケット画像を自動取得してくれますしタグ編集(歌詞の追加など)も割と行いやすいのですよね。とはいえ、リッピングしたALACのmp4ファイルだけでも5000曲・150GB程にもなってくるとiTunesではスクロールなどがかなり重くなってしまいます。また、購入などで徐々に増えつつあるFLACやoggなどのファイルは別の再生ソフトを使わないと聴くことができません。

Sony の「Music Center for PC」や、有料ソフトでは DigiOn の「CurioSound」などを試してみて両者に付いているアップサンプリング機能が意外にも古いmp3のファイルなどでかなりの効果があることが分かったのですが、いまいちUIなどが好きになれなかったのでもう少し探してみることにしました。

そんな中目に留まったのが Tiki さんが開発を続けられている「TuneBrowser」。DSD / FLAC / ALACなどのハイレゾ音源にも対応している他、MP3 / Ogg Vorbis / AAC / WavPack / Wave / AIFF / APE / WMAと非常に幅広いフォーマットに対応しています。PCからの出力についてもASIO / WASAPI排他モードまでしっかりサポートしてくれています。

ダウンロードは開発者の方のHP以外にも「窓の杜」からも行うこと可能で、Microsoft Store版もリリースされています。「Free Edition」と「 Full Edition」が用意されていて、500曲以内の管理であれば「Free Edition」で無料で使わせて頂くことができます。管理できる曲数以外の機能制限はありませんので十分に体験できると思います。

tb-01.jpg
TuneBrowserのせいではありませんが、Windows 10のスケーリング機能を使っていない4K解像度のディスプレイにほぼデフォルトの状態で起動するとこのようにとても表示が細かくなって使いにくい状態なのでいくつかカスタマイズしていくことにしました。



まずは「ファイル」→「設定」→「表示の設定」から
 ・ 「ツールバー」で「大きなボタンを使う」を「Yes」に
     これで再生・停止・RepeatなどのUIの操作ボタンが大きくなります
 ・ 「フォント」に移り、
     「ウインドウの基本フォント」
         フォルダツリー部分などのフォントの種類・大きさ
     「ダイアログボックスの基本フォント」
         曲のプロパティなどダイアログボックスを開いた時のフォントの種類・大きさ
     「ビューフォントの拡大率」
         再生中のアルバム曲リスト部分等のフォントの表示倍率
         「1」が標準で「1.5」が最大になるようです
をそれぞれ調節して「OK」を押します。フォントサイズを「14pt」に、ビューフォントの拡大率を「1.5」にしてみた状態が下のSSです(分かりにくければごめんなさい \(__ ) )。

tb-02a.jpg
初回起動時に登録する楽曲ファイルフォルダの指定を求められますが、後からいつでも追加することができます。対象となる楽曲ファイルやフォルダを「TuneBrowser」にドラッグ&ドロップするだけです。使ってみると分かると思いますが、大量の楽曲ファイルを登録しても動作は非常にキビキビしていて使いやすいです。作者の方がfoober2000で不満だったところを改良する目的で作り始めたと言われている通りかなり自由にカスタマイズすることも可能で、データを打ち込んでおけば上記SSのように歌詞を表示させることもできます。

また、TuneBrowserには「SoX Resampler」というアップサンプリング機能が搭載されています。foobar2000のプラグインとしても有名らしいので知っている方も居られるでしょう。機能は「ファイル」→「設定」から「再生の設定」にある「SoX Resamplerの設定」で「リサンプル処理する」を「Yes」にすることで有効化できます。リサンプル後のサンプリングレートの指定や一定上のサンプリングレートの楽曲は変換させない(ハイレゾファイルに余計なことをしない)といった設定が行えます。全くの主観ですがはっきり分かるくらいの良い方向への変化を感じ取ることができました。少なくとも私にとっては厚みの増した心地よい音に聞こえます。

他に気になる点では、TuneBrowserの初期設定では楽曲のダブルクリックで再生が始まるようになっていません。感覚的にもダブルクリックで再生が始まる方が自然に感じるのでここも修正してやることにします。「ファイル」→「設定」で「再生の設定」から「楽曲のダブルクリックで再生する」を「Yes」に変更してやればOKです。


しばらく使ってみてとても気に入ったのでMicrosoft Store版の方に課金させて頂きました。作者の方のHPから直接Paypalなどで支払う事も可能ですが、Microsoft Store版の方は自動更新機能が使えるので管理が楽だと思います。Microsoft Store版の課金は立ち上げた「TuneBrowser」上で行うことになります。
tb-03a.jpg「ヘルプ」→「バージョン情報」で表示されるダイアログボックスの「Microsoftストアで購入」ボタンから購入できます。購入時にアカウント確認として「PIN」を入力(Microsoftアカウントに設定しているものです)する必要があります。支払い手段にPayPaが使えるのは安心ですね。

尚、Microsoft Storeでの価格は米ドル/円の為替相場によって若干の変動があるようです。


-----------------------------------------------------------

さて、操作性や見た目の良さ以外にもこちらのソフトを使う事にした大きな理由がもう一つあります。それは TuneBrowser が「OpenHome」に対応しているということです。「OpenHome」は、ネットワークオーディオの標準となっている「DLNA」の改良版のような仕組みで、対応している機器ならばタブレットやスマートフォンから操作することができるようになります。
tb-04oh.jpg
「OpenHome」を利用できるようにする為にまず TuneBrowser の「ファイル」→「設定」と進み、「ネットワークの設定」で「OpenHome対応を有効にする」を「Yes」に、「LAN I/F」で使用するLANポートを指定してやります。注意喚起のダイアログボックスが出ますが許可して問題ありません。


iPhone、iPadといったiOS機器では下の「Linn Kazoo」というアプリ(無料で利用できます)を使ってPCで起動している「TuneBrowser」の操作を行うことができるようになります。
LINNはスコットランドの高級オーディオ機器メーカーで英国王室御用達としても指定されており、ネットワークオーディオ界では老舗なのだそうです。DLNAを採用せず作り上げてきた独自のシステムを元に公開された「OpenHome」は国内でもTEACなどのオーディオ機器メーカーが採用するなど徐々に広まりを見せているようです。Marantz・Denon連合も正式に採用してくれればいいんですけどね。

linnkz-1a.jpg
linnkz-2.jpg
上がiPhone 8でLinn Kazooを使ってみた場合、左はiPad Proでの様子です。ただ、どちらの場合もアプリの安定性・接続性がイマイチなのですよね。繋がってしまえばかなり使い勝手がよいのですが、接続待ちの状態が続いたりアプリが落ちてしまうことがあります。一応スマホ・タブレットのLinn Kazooを先に立ち上げておいてからPCのTuneBrowserを立ち上げるようにした方が認識させやすいようです。


以前はあまりこのようなことは無かったように記憶しているのですが、iOS側のアップデートやアプリの更新が影響している可能性もあるのでそのうち改善されるかも知れません。機嫌の良いときはほんとにあっさりと繋がるのですよね・・・。接続さえ出来てしまえば本当に使いやすいアプリなのでなんとかもう少し安定して欲しいところです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。