So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン「 h.ear on MDR-100A 」を買ってみました。 [AV機器]

もう長いことヘッドホンは audio-technica の ATH-A900 を使っていたのですが、後継機が出て安くなっていたSonyのハイレゾ対応ヘッドホンの h.ear on MDR-100A を購入してみました。

ATH-A900 は2002年に発売されてから2011年まで実に9年間も販売され続けたヘッドホンで、ボロボロになったイヤーパッドを数回交換した以外ケーブルの断線や故障がなくデザインも気に入っていたのでなかなか買い換えるきっかけがなかったのですよね。(イヤーパッドは上位のATH-A1000X用のものに交換して使用していました。)

mdr100a-0b.jpg      【主な仕様】
● 形式:密閉ダイナミック(耳覆い型)
● ドライバーユニット:40 mm、ドーム型
  (CCAWボイスコイル)
● 感度:103dB/Mw
● 再生周波数:5Hz-60,000Hz
● インピーダンス:24Ω (1kHz)
● 最大入力 :1500mW (IEC)
● 質量:約 220 g (本体のみ)

Bluetooth接続やノイズキャンセリングのない有線モデルですが、家で使うつもりなので問題ありません。
2015年の発売当初は2万円を超えていましたが幾度かの値下げとこの秋に後継機種が発売されたこともあって随分手に入れやすい価格になりました。ただ、生産は終息に向かっているようですので購入を考えている方は早めに決断した方がいいかも知れません。

箱の中にはこのように折りたたまれて入っています。付属のポーチに入れてコンパクトに持ち歩けるようになっているのですね。付属ケーブルはリモコン/マイク付きとないものの2種類がありますが両方とも1.2mのL型コネクタですし、主にスマホやDAP・Walkmanなどでの利用を想定しているのがわかります。リモコンを使っての曲の再生開始/停止やスキップなどはできますが、音量の調節機能は付いていません。
mdr100a-5a.jpg
ケーブルはきしめんタイプですがやや癖が付きやすいようです。絡みつきはほぼ気になりません。リケーブルは可能ですがヘッドホン本体のコネクタがやや特殊なので選択肢はあまり多くなさそうです。一応SONY純正の MUC-S30UM1 (標準プラグ/3.0m )なども用意されていますが、ヘッドホン本体の価格を考えるとちょっと勿体ないような気がしてしまいます。


☆ 装着感
本体自体の軽さもあってフィット感は悪くないですね。内部が広くなるように立体縫製されたイヤーパッドが耳全体を覆って顔の輪郭で支えるような形になるので側圧で耳が圧迫されて痛くなるようなことはあまりなさそうです。ケーブルが衣服に擦れたりして拾ってしまうノイズはケーブルの材質もあってあまり気にならないレベルでした。

☆ 音質
ベース辺りの音域がやや強く出ている感じは受けましたがバスドラムも心地よく響く感じで変に誇張されておらず、このあたりの調節はさすがSONYだなと思いました。高音部も刺さるような感じは受けず聴き疲れはしにくそうです。遮音性に関してはある程度外の音も聞こえますしそれなりに音漏れもあるようです。個人的には弦楽器や女性ボーカルとの相性が特にいいように感じました。現状の価格を考えれば充分に満足のできる音質だと思います。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
MDR-100A はやや制限があるとはいえケーブルの取り替えが効くので断線による故障リスクへの心配はさほどないのですが、ヘッドホンで一番痛みやすいのはやはりイヤーパッド。どうしても破れができたりボロボロと表面が剥がれたりしてきてしまいます。以前のATH-A900は幸い安価で入手しやすい交換用イヤーパッドが販売されていたので数年ごとに取り替えながら延命させて来たのですが、どうやらMDR-100A用のものはほとんど市場で見かけない模様。(Amazonで1件見かけはしましたがレビューを見る限り本当に使えるかどうか怪しそうなシロモノ・・・。)

そこでソニーのサポートチャットで聞いて見たところ、保守部品を購入して自分で交換すること自体は可能とのこと。将来に備えてとりあえず見積を取ってみたのですが支払い方法は代金引換払いのみだそうで・・・。
なんと片側一個につき3,888円、これに代金引換払い手数料込みの送料が648円プラスされて左右ワンセットで合計8,424円!(全て税込み)

もっと上のクラスのヘッドホンならいざ知らず、とても現状のMDR-100Aの購入価格には見合いません。このヘッドホンに関しては実質イヤーパッドの寿命=製品寿命と考えた方がよさそうですね・・・。ノイズキャンセラ搭載モデルやコラボモデルなどバリエーションも多数出ているので純正イヤーパッドでもせいぜい左右ワンセット3~4,000円位で入手できるかと思っていたのですが甘かったようです。下手にカラーバリエーションが豊富なのも一因なのでしょうか。この点だけは非常に残念です。

取りあえず問い合わせ先は こちら です。問い合わせに対する返信自体は2時間ほどで頂けました。


ソニーのヘッドホンユーザー向けサイトの記述によるとイヤーパッドを少しでも長持ちさせるにはパッド表面に付着する汗や皮脂などを時々拭き取ってやるのがいいのだそうです。保守部品の入手性に難があるのは本当に残念ですが大事に使ってやれば3~4年くらいは保ってくれるだろうと期待しています。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

Aterm WG1800HP2 の「WPA2の脆弱性(KRACKs)」対策済みファームウェアへのアップデート [通信・ネット関係]

11/30付で少し古いNEC製無線LANルーターの多くにも少し前に世界中で騒ぎになった「WPA2の脆弱性(KRACKs)」に対応したファームウェアがリリースされました。

Aterm WG2600HP/WG1800HP2/WG1800HP/WG1400HP/WG1200HP/WF1200HP2/WF1200HP/WF300HP2/WR8165N/WR9500N/W500P/W300P/WL300NE-AG       バージョンアップのお知らせ
(Aterm WG2600HP2/WG1900HP/WG1800HP3/WG1200HP2/WG1200HS2については10/30付で既にリリースされています。)

これは、Wi-Fiの暗号化技術である WPA2(Wi-Fi Protected Access II)の脆弱性で、この脆弱性を突かれると最悪の場合カード情報やパスワードなどを盗み読まれたり、ランサムウェアなどを仕込まれてしまう恐れがあるそうです。この脆弱性の発表当初はかなり深刻な問題になるのでは無いかと危惧されましたが、幸いなことにクライアント(Wi-Fi子機)側のソフトウェアやファームウェアの改修など比較的修正しやすい問題で済んだようです。(あまりに古い機種では放置されるでしょうが。)
【重要】「WPA2」の脆弱性に関するお知らせ
ルーターモード・ブリッジモードで利用する場合にはこの脆弱性の影響は無いので、WG1800HP2をブリッジモードで無線LANのアクセスポイントとしか使っていないうちの場合はまあ放置してもいいのですが念のため適用しておくことにしました。中継器モードと子機モードで利用する場合は速やかにアップデートしておくべきでしょう。


リンクのページから「WG1800HP2 ファームウェア Ver1.0.14」をダウンロードし、任意のフォルダに解凍すると、「wg1800hp2_1_0_14.bin」というファイルが生成されます。

1014-1.gifブラウザでWG1800HP2 の管理画面に入ります。左のメニューの「メンテナンス」から「ファームウェア更新」へ進み、「ローカルファイル指定」にチェックを入れた後「ファイルを選択」ボタンを押して先ほど解凍したファームウェアを指定してやります。

「更新」を押すとすぐにアップデートが始まり、しばらくすると自動的に再起動されますので、再度管理画面を開いてきちんと更新されたか確認しておくと良いでしょう。まあ「自動更新」でも大丈夫なんだろうとは思います。

いずれにせよアップデート中は停電やコンセントを引っかけて抜いてしまうようなことの無いようにだけは注意してください。最悪メーカー送りになってしまいます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット