So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

AVアンプを Marantz NR1608 に交換! [AV機器]

そろそろ4k対応のディスプレイを買いたいと思っていたのと、年度末かつそろそろ後継機が発表される時期にさしかかっている事もあってお買い得価格になっていたので、2月の終わりにAVアンプをONKYOのNR365から MarantzのNR1608 へと買い換えました。1ヶ月ほど使ってみたので感想など書いてみようと思います。NR365を買った時は個人的に4k環境なんてまだまだ必要ないだろうと思っていたのですが、PS4 Proが発売されたり動画配信サービスで4kに対応する所が出てきたりと予想以上に普及してきているようです。

AVアンプというとスピーカーも含めて入出力端子の多さから大型で背の高い重量級モデルが多く、コンパクトなモデルを探そうとすると選択肢がかなり限られてしまいます。その少ない選択肢の中でMarantz の NR1608 は機能的にも音質的にも頭一つ飛び抜けてるのではないかと思います。(他のコンパクトモデルとは少し価格帯も上になりますがお買い得な時期ですし。)

1608-1.jpgHDMIの入力は前面も合わせて8系統もあって十分な数が確保されています。最近ではゲーム機やApple TV、Fire TV Stickといった動画視聴サービス用のSTB(Set Top Box)などのHDMI入力が必要な機器が増えているのでこの数は将来的にもかなり安心感があります。
反面HDMI出力は1系統しか用意されていませんが、このコンパクトな筐体と背面にぎっちり配置された端子群を見ているとやむを得ないかなとは思います。
スピーカー端子もバネ式の簡素なものではなく、バナナプラグにも対応したしっかりしたものを備えています。
「かんたんスタートガイド」以外の取扱説明書はPDFマニュアルです。NASに入れてiPadで見れるようにしているのでかえって邪魔にならずありがたいです。
電源ケーブルとHDMIケーブルをモニターに繋いで電源を入れるだけで画面上に「セッタップアシスタント」が表示され、マニュアルなど読まなくても指示に従っていくだけで一通りのセットアップができてしまうというのには驚きました。接続に不慣れな人のことまでよく考えられていると思います。

リモコンを使って画面を見ながらセットアップを進めていくわけですが、噂通りリモコンの操作性はボタンを押してからワンテンポ遅れるような感じで決していいとは言えませんね。いや、はっきり言ってかなり悪いです。iPhoneなどでiOS用アプリである「Marantz 2016 AVR Remote」と「HEOS」アプリがダウンロードできるのでできるだけ早く落としてスマホをリモコンとして使えるようにした方が断然快適に操作することができると思います。

MarantzのAVアンプには「Audyssey MultEQ」という使用する部屋の音響特性に合わせて最適な音場補正を自動で行ってくれる機能が搭載されています。こちらも付属の測定用マイクを繋いで画面の指示に従って何度か測定してやるだけで簡単にセットアップできるのですが、カメラ用三脚などを持っていない人のために立派な紙製の組み立て式マイクスタンドまで付属しています。他にもスピーカーケーブルを区別しやすくするシールセットが付属していたりと細かな気配りがなかなかすごいと思いました。測定後に自分で微調整はした方がいいと思いますが、大体の設定を自動でしてくれるというのはやはり便利なものです。


さて、NR-1608にはFM/AMチューナーが内蔵されています。これまではONKYOのT-433というFM/AMチューナーを使っていましたが機材整理も兼ねてこちらに任せることにしました。ただ購入前に色々調べているとNR1608に内蔵されているFMチューナーへアンテナ線を繋ぐにはPAL型のコネクタが要る模様。PAL型というと主に欧州で使われている規格だったと記憶していますが、日本で使われているオーディオ機器のFMアンテナ接続部はF型がほとんどで私もコネクタなどは持っていません。しかもPAL型コネクタと言われてもオスとメスの区別があって更に太さの異なる種類もあるようで、製品写真から適合しそうな変換プラグを探そうとして困ってしまいました。
1608-2.jpgそこでNR1608の取扱元であるディーアンドエムホールディングスのサポートにメールで連絡して聞いてみたところ、日本アンテナの「LP-P-SP」というF型L字接栓を案内して頂けました。
営業時間中でしたが連絡してから2時間ほどで丁寧な回答を頂けましたしサポートセンターの対応はなかなか迅速でよいのではないでしょうか。早速購入してみましたが、小型の部品の割にとても作りがしっかりしていて見事にNR-1608のFMアンテナ端子に適合し、ばっちりFMも聴けるようになりました。

今時のAVアンプらしくネットワークオーディオプレイヤーとしての機能も充実していて、「HEOS」という機能を使ってNASからの楽曲再生はもちろんのことTuneInで提供されている世界中のインターネットラジオや、有料プランでの契約があればSpotifyやAmazon Prime Musicなども利用できます。ただ、残念ながら日本では既にかなり普及しているradikoの直接再生機能がありませんでした。
1608-3.jpgなんとか再生できる方法はないものかと思っていたところ、Apple製品を使っている場合は「AirPlay」という機能が使えることに気付きました。AirPlayという機能の存在自体は以前から知っていたものの具体的にどういう風に使えるのかよく分かっていなかったのですが、使ってみるといやはや便利便利。
繋ぎ方はiPhoneなどでradikoアプリを立ち上げて再生しておき、画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示させたら左の画像の赤丸の部分をタップして表示される「Marantz NR1608」を選ぶだけ。
これでradikoに限らずiPhoneやiPadなどで再生している全ての音声をNR1608から鳴らすことが出来、ゲームのBGMすら飛ばすことができます。(遅延は結構ものすごいですが。)
さらにiPhoneやiPadからコントロールセンターのスライダーを上下させるだけでアンプのボリューム調節まで出来てしまう(!)便利さには本当に驚きました。

AirPlayの話が続いてしまいますが、PCで起動しているiTunesの再生もネットワーク経由で直接NR1608を鳴らすことができます。M-DAXという圧縮オーディオの補正機能も併用できるのですが、これは結構効果が得られるようでちょっと分かるくらい差のある豊かな再生音が得られて驚きました。

フロントDali Zensor3、センターDali Zensor Vokal、リアONKYO D-108M、サブウーファーFostex PM-SUB8でセットアップしてみましたが映画を観るにも音楽を聴くにも個人的にはなかなか満足いく環境にできました。リアも変えたいところではありますが欲を言えば切りが無いし・・・。現時点で利用可能なオーディオフォーマットに幅広く対応していますし、プリアウト端子を装備していたりバイワイヤリングに対応していたりと将来的な拡張性があるというのは頼もしい限りです。4k映像出力に関してはまだ肝心のモニターが用意できていないのでもうしばらくの間はお預けです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サブウーファーの音量を手元で調節できるように FOSTEX のボリューム・コントローラーを入れてみました。 [AV機器]

先日サブウーファーを FOSTEX PM-SUB8 へ変更し、操作パネルが背面にあって弄りにくいので普段はオートスタンバイ機能をONにして使っているのですが、信号の入力レベルに反応するのでどうしても欲しいなと思う時になかなか起きてくれなかったり逆に深夜など今は必要ないのにという時でも鳴り始めたりしてしまうことがあります。

pc1e-1d.jpgそこでAVアンプの Subwoofer Preout 端子とPM-SUB8の間に同じ FOSTEXから発売されている PC-1e というボリューム・コントローラーを入れてやることにしました。
見ての通り、2連の可変抵抗を使って信号レベルを絞るだけの極々単純な製品です。6cm四方くらいの手の平に乗る大きさですが裏には滑り止めもあり、筐体も金属製で作りはしっかりしています。部品を集めて自作することも充分可能ですが、2,000円ちょっとで買えますしケース加工の手間や価格を考えると素直に買ってしまった方がいいでしょう。これをベースに改造している方もいらっしゃるようです。
入力側がφ3.5mmステレオミニジャック、出力側がRCAピン(L,R)となっています。逆差しをするとボリュームを絞った時に信号が出力側でショートするのでしない方がいいです。最悪機器破損に繋がりかねません。

AVアンプの Subwoofer Preout と接続するのに当たってモノラルRCA→3.5mmミニプラグというケーブルは市場で見かけなかったので、Amazon basic のサブウーファー用ケーブル(値段の割になかなかしっかりしたケーブルです。)の片方をちょん切って3.5mmミニプラグに付け替えて使う事にしました。安価なケーブルだとこうした事をするのに抵抗感を感じなくて済むのでよいです(笑)。

pc1e-2b.jpg付け替える3.5mmミニプラグにはΦ2.5mm~5.0mmまでのケーブルが使える AMPHENOL の KS3PC-AU を使ってみました。絶縁確保用のチューブも付属しています。Hot側の端子にはガイド穴が空いていてとても半田づけし易くなっていますが、Cold側はそうしたガイド穴が無いので端子部に予備ハンダを施しておかないとやりにくいと思います。また、ケーブル保護用のゴムブッシュが付属していますが今回使用したAmazonのケーブルは通せなかったので使用せず別途熱収縮チューブで補強しておきました。

pc1e-3b.jpgRCAケーブルでサブウーファーとの接続を済ませた後、AVアンプ側のサブウーファー出力を少し高めに設定しておいてオートスタンバイ機能が反応しやすくしつつサブウーファー本体のボリュームを小さめにして使う事にしました。
これでサブウーファーが必要ない時はPC-1eのボリュームを絞っておけば起動させずに済みます。
ボリュームノブに一応窪みはありますが触っても分かりにくいので、特に暗いとボリュームがどの辺りにあるのか分かりにくい事だけが残念です。


やはりわざわざサブウーファーの背面に手を伸ばしてボリューム調節をせずに手元でできるというのは非常に便利ですね。金属筐体なので机上に置いても安っぽさは感じません。



FOSTEX ボリューム・コントローラー PC-1e(B) ブラック

FOSTEX ボリューム・コントローラー PC-1e(B) ブラック

  • 出版社/メーカー: FOSTEX
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

So-netのIPv6 IPoEの接続先事業者が変わるらしい。 [通信・ネット関係]

4月17日申込分からSo-netのIPv6 IPoEの接続先事業者(VNE)が変わるそうです。

So-netではPPPoE接続の混雑が続いていることからこれまでは密かに希望者のみに提供していた(知名度はそこそこあったようですが)IPv6 IPoE接続を積極的に推進していく方向に舵を切ったようです。(今のところ相変わらず上記の案内ページはSo-netのトップページから辿り着くのは困難ですが。)

これに伴ってIPv6 IPoEの接続先が今まで提供されていたインターネットマルチフィードの「transix」サービスからJPNE(日本ネットワークイネイブラー)が提供する「 v6プラス 」というサービスへ変更されることになったようです。設備費用の負担などを巡って何か揉めたのかどうかといったような事は知る由もありません。新規にIPoE接続を利用し始める方は特に気にする必要はないのでしょうが、既にSo-netでtransixサービスを利用してIPoEサービスを利用している顧客も順次強制的にv6プラスの方へ移行されてしまうそうです。当然ある程度の移行準備期間などはあると思われますが、今のところ情報がほとんど出されておらず、どれだけの猶予があるのかもわかりません。また現在の利用者への告知メールなども今のところ届いていません。案内ページがひっそりと更新されているだけです。

IPv6 IPoEの利用自体に関しては現状と変わるところはありません。影響があるのはIPv4の通信に関してで、transixでは「DS-Lite」という方式を使っていたのに対してJPNEのv6プラスでは「MAP-E」という通信方式が使われる事になります。DS-Liteに関してはSo-netの公認があったわけではなかったのでこの件で何か文句を言ったところで無駄でしょう。どちらもIPv6での通信の中にトンネルを張ってカプセル化したIPv4通信をバイパスさせるような形態が取られているのですが、DS-Lite方式ではNAPTをVNE事業者側のトンネル終端(AFTR:Address Family Transition Router)で一括して行う(NATステートフル/CGN=Carrier Grade NATとも言う)のに対して、MAP-E方式ではトンネル始点の利用者側のルーターでNAPTを行う(NATステートレス)という違いがあるそうです。その性質上DS-Lite方式ではユーザー側のルーターの負荷は少ないものの利用可能なポートの指定をする事ができなかったのに比べてMAP-E方式ではユーザー側のルーターの負荷上昇がある代わりにある程度の割り当てられたポートの範囲で指定が可能になるということのようです。


実際の運用としてはNTTの光回線と共にひかり電話を契約していて300シリーズ以降のHGWがNTTから貸し出されているユーザーは「http://ntt.setup:8888/t」からアクセスできる「配信済み事業者ソフトウェア一覧」という画面でHGWの追加機能としてIPv4の設定ソフトが配布されるそうなので特に自前でルーターを用意しなくても利用できるようにはなるはずです。ひかり電話の契約がない場合はNTTからHGWを借りるか市販のルーターを使うかになると思います。

Yamahaのルーターが使えるかどうかについてはちょっとやってみないとわかりません。IPv6 IPoEに関してはこれまでのものが使えると思いますが、MAP-E方式でのトンネルを使ったIPv4通信に関してはYamahaの設定例にも一応載ってはいるものの、まだ導入されてみた方の事例が少なく、自分で計算しなければならない部分があるのとIP マスカレードで利用するポートの範囲が足りないと書いておられる方も見かけましたのでうまくいくかどうかよくわかりません。
(コマンドリファレンスには「Rev.14.01 系以降では、同一のポート番号を使用して複数の接続先とのセッションを確立できるため、本コマンドで設定したポート数を超えるセッションの確立が可能である。」とあるのでRTX1210、RTX830、NVR510/700W辺りではいけそうな気がするのですがどうなのでしょうか。)
⇒「ポートセービングIPマスカレード」という機能だそうです。



ようやく関西圏でもサービスが始まったのでこの際NUROへの切り替えも考えましたが、NUROは工事がかなり混雑しているようで地域によっては申込から開通まで数ヶ月かかるというケースも起きているようです。auひかりの回線はこの3月から回線工事費分割払い期間が30ヶ月から60ヶ月に延ばされたり解約の際に回線の撤去工事費が3万円も請求されるようになったので個人的には選択肢にすらなり得ません。また別のDS-Lite方式を採用しているプロパイダへの乗り換えをするにしても接続料が今までより上がってしまったりするのでとりあえずこのまま情報収集を続けつつSo-net側の切り替えを待ち、一通り使ってみてから改めて判断しようと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

SONYのヘッドホン:MDR-100A用に長めのヘッドホンケーブルを作成してみました。 [AV機器]

SONYのMDR-100Aにはリモコン付きと無しのそれぞれ1.2mの長さのケーブルしか付属して居らず、AVアンプなどに接続して使う場合には短すぎてかなり不便です。やはり2.5m~3m程度の長さは欲しいところですが、最近のヘッドホンはスマホやDAPなどのポータブル機器での利用を念頭に置いているのか短いケーブルしか付属していないケースが多いようです。
ヘッドホンやイヤホンのケーブルを交換して音質を変えようという「リケーブル」という行為がわりと広まっているようで交換用のケーブル自体は様々なメーカーからそこそこ豊富に発売されています。(期待した効果が得られるかどうかなかなか微妙なところではありますが・・・。)ただ、SONYのMDR-100AやMDR-1Aなどでは残念ながら下記理由で買えばどれでも使えるというわけにはいきません。

100a-r1b.jpg左の写真はMDR-100A本体への接続部分ですが、写真の様にプラグの根元の所に段差と羽根の付いた少し特殊な形状になっています。このような段差のないプラグでは端子の奥まで届かずヘッドホンの片側からしか音が出なかったりします。また、この段差部分の直径が同じような形状で市販されているケーブルの多くより小さくなっているので更に選択肢が少なくなっています。
既製品でAVアンプなどでも使いやすい3m程度のものを買うとなると、 SONYの MUC-S30UM1(3.0m)OYAIDE の HPSC-35(2.5m)辺りくらいになってしまうのですが、どちらも主に上位機種のMDR-1Aなどで使われることを想定しているようでそこそこいい値段がしますし、MDR-100A本体の価格を考えると少し勿体ないような気にならずにいられなかったので自作してみることにしました。今回は音質がどうこうというより利便性の向上の為です。


100a-r2a.jpgまずは3.5mmのステレオミニプラグの選定です。
ヘッドホン本体側のプラグは上記理由からあまり選択肢は多くありません。今回は4極バランスプラグの
  NOBUNAGA Labs NLP-PRO-IS3.5/4
にしました。「日本製」の文字にも惹かれます。
機器接続側のプラグはなんでも良かったのですが、せっかくなので同じメーカーで合わせることとし、
  NOBUNAGA Labs NLP-PRO-TP3.5
を使うことにしました。こちらは3極です。
どちらのプラグも仕様上では4mmまでの太さのケーブルが使えるようになっています。


ヘッドホン側のプラグも3極でよいという場合はやや入手性が悪くなりますが、オヤイデの P-3.5SRHP でも大丈夫なはずです。

100a-r4a.jpgケーブルは Mogami Neglex 2893 という4芯シールドケーブルを使うことにしました。Φ4.8mmとやや太めですがケーブルはとてもしなやかです。発注単位の都合上3m購入しましたが、ちょっと長すぎるかなと思ったので2.5mにして使うことにしました。ベルデンの88760/88761なども考えましたが調べているとかなり固いケーブルらしく、ヘッドホンケーブルとしての取り回しなどを考慮してMogami 2893の方にしました。せっかく4芯なのでなんちゃって独立グランドケーブルもどきということで(笑)。信号ケーブルは全て色分けされているので作業し易くて助かります。


手持ちには以前ホームセンターで購入したΦ2mmとかなり太い極普通の鉛入りハンダしか無かったので、オヤイデ電機の 音響専用合金ハンダ SS-47 (50g) も用意しました。半田ごても本当は極細のコテ先のものがあればいいのですが、こちらはとりあえずコテ先をヤスリで削って尖らせて使うことにしました。
また、細かい半田づけ作業になるので適当な小型のバイス(万力)と、端子部の絶縁&補強用に熱収縮チューブくらいはあった方がいいと思います。

100a-r5a.jpg左が結線図になります。
MDR-100AやMDR-1Aの4極端子はやや特殊な結線になっているようなので注意が必要です。(L(-)とR(-)が逆になっているのが主流のようです。)この辺りの融通が利くのは自作ケーブルのいいところですね。
端子部分の黒いところは絶縁用の樹脂部品になっています。半田ごてを当てすぎると溶けてしまうので素早く作業を終わらせる必要があります。

100a-r6c.jpg
ケースのケーブルを通す部分の内径が4mm、ケーブルの外径が4.8mmなので僅かな差ですがそのままではギリギリケーブルを通すことができません。なのでリーマーを使ってぐりぐりやって少し直径を広げてやりました。シェルは真鍮製なので加工は楽です。また、シェルや熱収縮チューブなどは先にケーブルに通しておくのを忘れないように。結構ありがちな失敗ですが絶望を味わうことになってしまいます。。。


まずは練習を兼ねて比較的作業の楽な3極の方から半田づけしていくことにします。プラグの端子部分に当てがいながら線材の長さを調節し、被覆を剥いて予備ハンダを施しておきます。こちらは3極なのでL(-)とR(-)は纏めてよじっておきました。プラグをバイスに固定して予め端子部分にも予備ハンダを乗せておき、できるだけ短時間で作業を終わらせられるようにしておきます。(絶縁部が溶けるので。)
共通GNDをまず半田づけして線材が動かないようにし、その後ラジオペンチでL(+)とR(+)の線材をつまみながらを半田づけしました。作業後テスターで導通検査をしてショートしてないことを確認します。
100a-r7b.jpg
次に4極の方です。こちらも同様にまずプラグの端子部分に当てがいながら線材をカットし、被覆を剥いた線材とバイスで固定したプラグ端子の双方に予備ハンダを施しておいてから先にL(-)を半田づけしてケーブルを固定し、L(+)→R(+)→R(-)の順に半田づけしました。細かい分3極プラグより難易度は上がります。
こちらもテスターで導通検査をしてショートしてないことを確認してから熱収縮チューブを被せてプラグケースとの絶縁を確保しておきます。熱収縮チューブの収縮にはライターなどでさっと炙る人が多いようですが私は煙草は吸わないので手持ちが無く、半田ごての根元部分に紙を巻いてワンクッション置いたものを直接チューブに押し当てるという荒技を使いました。とてもお勧めできる方法ではありませんが・・・。
100a-r8a.jpg
半田づけがかなり細かい作業になるので通販番組なんかで見かける頭に固定できるサンバイザー型のルーペのようなものがあるとかなり作業が楽になるかと思います。関係ないですが撮影用にスマホ用のマクロレンズが欲しいなあ・・・。

100a-r9a.jpg最後にもう一度ショートしてないか確認をし、完成したケーブルをヘッドホンに取り付けてみました。ヘッドホン側のプラグもカチッと気持ちよく奥まではまり、見た目にも統一感があってなかなか良い感じです。
早速音を出して確認してみましたが音質的にも問題は無く、左右に音を振ってもきちんと出力されていて結線ミスなどもなさそうで安心しました。主にAVアンプへの接続用として使うつもりなので機器接続側のプラグは直接6.3mmの標準プラグにしてもよかったのですが、汎用性を考えて3.5mmのミニプラグを使いました。変換プラグも標準→ミニよりミニ→標準の方が遥かに入手しやすいですし、標準→ミニの変換プラグはジャックの方の強度が心配になる見た目ですしね。
3月に発売されたばかりのMDR-1AM2もヘッドホン側のプラグの段差部分の直径や結線はMDR-1A/MDR-100Aと同じようなので同様にケーブルを作成することができると思います。まあ1Aクラスのヘッドホンでしたら市販のケーブルを買ってもいいでしょうが。

そうそう、作業中にハンダの付いたコテ先を誤ってプラグのネジになっている部分に当ててしまい、付着したハンダのせいでシェルがねじ込めなくなってしまってハンダを除去するのに苦労する羽目に陥りました。このようなことにならないようにご注意を・・・って普通はしませんよね(苦笑)。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー