So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Yamaha の RTX830 と RTX1210 向けに v6プラスに正式対応したファームウェアが公開されたそうなので早速試してみました。 [通信・ネット関係]

つい先日 Yamaha の RTX830 RTX1210 向けに正式にv6プラスに対応したファームウェアが公開されました。特にRTX830の方は昨年10月の発売以来初めてのファームウェアアップデートとあって、v6プラス対応以外にも機能追加や仕様変更、バグフィックスなど膨大な数の修正が入っています。

RTX830 Rev.15.02.03 リリースノート
  ・脆弱性対応: 0件
  ・機能追加 : 26件 (CLI機能拡張、GUI Forwarder、v6プラス対応機能、Oracle Cloud
          InfrastructureとのIPsec接続対応、FQDNフィルター、PPPoEパススルー等)
  ・仕様変更 :42件
  ・バグ修正  : 103件
RTX1210 Rev.14.01.28 リリースノート
  ・脆弱性対応: 0件
  ・機能追加 : 12件 (v6プラス対応機能、Oracle Cloud InfrastructureとのIPsec接続対応、L2MS
          対応機種追加等)
  ・仕様変更 :26件
  ・バグ修正  : 23件


これまではUSBメモリにファームウェアをダウンロードし、ルーターに読み込ませて更新していましたが、今回はWebの管理画面からのファームウェアアップデートを試してみました。
firmupdate-1a.jpg「管理」タブから「保守」へ進み、「ファームウェアの更新」→「ネットワーク経由でファームウェアを更新」で「進む」をクリックすると自動的に更新可能なファームウェアがあるかどうか確認されます。更新可能なファームウェアがあった場合は「実行」をクリックするとソフトウェアライセンス契約が表示されるので「同意する」を押すとものの30秒ほどで完了しました。その後再起動させてやると即座に新しいファームウェアが適用されます。
もちろん従来のUSBメモリを使ってのアップデートやCUIから「http revision-up go」と打って行うことも可能です。ただ、簡単とは言えファームウェアアップデートであることには違いは無いのでくれぐれも更新中の停電にだけは要注意です。最悪メーカー送りになってしまいます。


さて、早速正式にv6プラスに対応したということでサンプルも公開された新しい形式でのconfigを試してみることにしました。config設定例や解説などは以下のサイトに書かれています。


ただ、仕様書を読んでいると気になる記述が・・・。
   「ONU直下での動作を推奨しますが、「v6プラス」に対応しておらず配下にIPv6アドレスを配布する     ホームゲートウェイであれば動作が可能です。「v6プラス」に対応したホームゲートウェイの配下     では動作しません。」

まず、ひかり電話契約が無くRAプロキシの方のconfigを使える方は上記「ONU直下での動作」にあたるので、Yamahaさんの設定例を放り込むだけでほぼすんなりと動くだろうと思います。

うちのHGWはPR-S300NEなのですが、残念ながらどうも駄目な方の条件に当てはまっているようです。まあダメ元でとりあえず一度は試してみるかと設定例を放り込んでみたのですが、IPv6の通信はできるもののやはりトンネルが上手く張れない様子。フレッツジョイントの管理画面「 http://192.168.1.1:8888/t/ 」から「IPv4の一時停止」にチェックを入れてHGWのCEとしての機能は殺してますし思いつくことはそれなりに色々試してはみたのですがこれ以上は私の手には余るようです。マップサーバーとの通信はフレッツジョイント対応のHGWがあると通して貰えないのかも知れません。回線契約上の制限だとおっしゃっている方もいらしたようですしYamahaでも検証された結果そういう記述になったのでしょうから仕方なさそうですかね。
  
「 tunnel encapsulation map-e 」、「 nat descriptor address outer 1000 map-e 」と記述するだけでアドレス計算やポートレンジ設定が自動化されるということは将来的にIPv6のプレフィックスやマップルールが変わった場合の心配をする必要が無くなるということなので、保守もかなり楽になりそうだっただけに残念です。

固定電話の必要性もかなり低くなってきていますし、仮にひかり電話契約を廃止してHGWのルーター機能を停止してもらった場合にどうなるのかということについてはちょっと気になる所です。


ただ、新しいファームウェアを適用するとv6プラスでの通信が出来なくなってしまうかというとそういうわけではなく、これまでやっていたようにIPv6アドレスのプレフィックス部分からIPv4アドレス、割り当てられたポート番号、CEのIPv6アドレスを割り出して書き込んだconfigを使えば問題無くv6プラスを使うことができています。自動設定の恩恵は受ける事ができないというだけです。将来的にプレフィックスが変わった場合は再計算が必要になる事もあるかも知れませんが、一応やり方はもう分かっていますしそれはまあその時ということで・・・。半固定と言われていますしそれ程頻繁にコロコロ変わることも無いでしょう。

キモとなる部分で楽が出来る新しい形式のconfigが使えなくても基本的には 「以前の記事」 の設定で大丈夫なはずですが、今回のファームウェアアップデートによっていくつか改善されている点は反映することが出来ます。

まず、前回のRTX1210のファームウェアアップデートで実装されたのと同じくRTX830でも「nat descriptor masquerade port range」コマンドで設定できるポート範囲の個数が4個から16個に増やされ、ポートレンジ指定は1行にまとめることができるようになりました。

つまり、16ポートx15ブロック=240ポートの指定は、

と書くことができるようになっています。これまではちょっと裏技的な方法でしたからこれで安心して利用できそうです。変更後確認してみると以下のようになりました。


また、「ip tunnel tcp mss limit」は設定の初期値がautoになって省けるようになっています。他にもセキュリティ強化、FQDN(Fully Qualified Domain Name)フィルター機能への対応、フィルターなどの負荷軽減、Web GUIのレスポンス向上などは享受することができます。

4月中旬にv6プラスへ切り替えてからファームウェアの更新やconfigの変更に伴う再起動以外でまだ一度も回線が切断されたというようなこともありませんし、コンスタントに回線速度も出ていてやはりYamahaのルーターの安定性はなかなかのものだと思います。サポート期間も長いですし10G回線が本格的に普及してくる頃くらいまでは十分頑張ってくれるだろうと期待しています。


今回はセキュリティ強化が主ですが、NVR510やFWX120など多くの機種へのファームウェアアップデートも同じ日に来ています。すでに販売が終了されているRTX1200や発売から15年も経っているRT57iまで未だに更新されているというのは驚きです。マイクロソフトのOSの切り捨てっぷりと比べると凄さがよく分かります(苦笑)。



まだまだYamahaルーターを使ってv6プラスの設定を行っている方の情報は少ないのでもしここはこうした方がいいよというのがあればお知らせ願えると助かります。




※ 7/10 追記 ※

コメントにてRTX1210を使ってHGW配下でのv6プラス接続に成功したという方からご連絡を頂きました。
一旦v6プラスを解除して再契約が必要とのことですが、v6プラスの肝の部分を自動設定で済ませたい方や興味を持たれた方は以下の hinananoha 様のブログをご覧になってみて下さい。niftyとso-netの違いや機材の違いはありますが同様の手順でいけるのではないかとは思います。お報せ頂きありがとうございました。

(hinananoha 様ブログ)


※ 9/5 追記 ※

予想通り少し遅れはしましたがNVR510とNVR700Wにもv6プラスに正式対応したファームウェアがリリースされたようです。NVR510はRev.15.01.13、NVR700WはRev.15.00.14で対応しています。「こちら」からリリースノートの確認とファームウェアのダウンロードが可能なので興味のある方はどうぞ。



ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

ヤマハ RTX830 ギガアクセスVPNルーター

  • 出版社/メーカー: null
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

  • 出版社/メーカー: ヤマハ(YAMAHA)
  • メディア: Personal Computers


nice!(0)  コメント(13) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ONKYO DAC-HA200 ではじめてのポタアン! [AV機器]

ONKYO製ハイレゾ対応USB-DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプの「 DAC-HA200 」を買ってみました。移動中に音楽を聴く時は Beats X などのBluetoothイヤホンが便利なのでそれで十分なのですが、寝床で音楽を聴いたり動画やTVを見たりするのに一つ欲しいなと思っていたのでした。

実売1万円~3万円くらいのポタアン市場はかなり競争が激しいようで、各社から様々な製品が投入されています。2014年7月発売とこの手の製品ではかなりのロングセラーとなっていたDAC-HA200以外には、SONYの「PHA-1A」、2月に発売された FiiOの「Q1 Mark II」を候補としていましたが、最終的にさすがに販売終了が近いのかかなりお手頃な価格になっていたDAC-HA200を購入することに決めました。

詳細な仕様はこちらから ⇒⇒ DAC-HA200 SPECIFICATION

外観を見ても分かるとおり、TEACの HA-P50 とは共同開発による姉妹機にあたります。両者ともDACはBurrBrown製の「PCM 5102」を採用していますが、オペアンプにHA-P50 が「OPA1652」を使用しているのに対してDAC-HA200では「MUSES 8920」を採用することと、それぞれのスマホ用アプリの違いで特色を出しています。特にDAC-HA200では「 ONKYO HF Player 」のアップサンプリング機能がなかなか優秀なようです。

この非常にコンパクトなサイズにしては入力系統もUSBがMicroとType-Aの2系統、アナログに光入力まで可能となかなかに豊富で、iOS・Android双方のスマホに接続して使う事ができるほかノートPCと一緒に持ち歩くというのも良さそうです。また、最近のiPhoneはイヤホンジャックが廃止されてしまって3.5mmミニプラグの有線イヤホンがそのままでは使えなくなってしまっているので将来iPhoneを買い換えた時も本機があるとお気に入りのイヤホン・ヘッドホンを使い続けることができます。

ha200-1.jpg正面にはボリュームノブ(電源スイッチを兼ねています。)、ヘッドホン端子(3.5mmステレオミニプラグ)、光/アナログ入力端子(光ミニプラグ/3.5mmステレオミニプラグ兼用)、GAIN切替スイッチと電源・バッテリー充電状態のインジケーターがあります。

付属品は、USB-Micro USBケーブル、USB-A DC充電ケーブル、スマホなどを固定する為のシリコンゴムバンドx2本となっていました。充電器は付属しませんが、普通のスマホ用充電器を使う事ができます。

ha200-2.jpg背面には電源端子、オーディオ信号入力用のMicro USBとUSB Type-A端子、入力系統切替スイッチが配置されています。前面・後面共に端子部分を保護するような出っ張りがありますが、前面はボリュームやL字型のイヤホンジャックを保護するに足る位の長さが確保されているものの背面のそれは短く、スマホなどと接続するUSBコネクタなどもほとんど剥き出しの状態になってしまいます。レビューなどを見ているとUSBコネクタが破損したというものをちょくちょく見かけますが、確かに鞄などに入れていると負荷がかかるだろうなと思います。

ボディはボリューム部分の赤いラインがアクセントとなっており、なかなかの高級感があります。スマホなどとほぼ同じサイズに210gはややずっしりしていますが、ボディは金属製で強度は十分です。

iPhone SEと重ねてみるとぴったりのサイズでした。付属のシリコンバンドでまとめてみましたが、かなりの厚さになるのでポケットに入れるというのはやはり無理がありそうです。iPhone SEとの接続には手持ちで一番短かった20cm程の Powerbeats3 付属のLightning-USB ケーブルを使ってみましたが、コネクタ部分の出っ張りは如何ともし難いですね。鞄に入れて持ち運ぶとしてもやはりコネクタにはかなり無理がかかるのではないかと思いました。腰にベルトで固定できるような方法があれば移動中も使いやすいかも知れませんが。
持ち運びを考えた場合、とにかく使用中に正面からイヤホンケーブル、背面からはスマホとの接続用USBケーブルと両端からケーブルが出てしまうのがよろしくないです。コネクタの配置を工夫して正面にボリュームとステレオミニジャック、USB端子を配置できていればもっと使い勝手がよかっただろうと思います。


音に関してはとても満足しています。SONYのヘッドホン「 MDR-100A 」と接続してみたところ、iPhoneやiPadのイヤホンジャックから直接接続した時と比べて明らかに音の厚みが増していると感じることができました。今まで聞こえていなかった繊細な音も聞き取ることができ、ちょっとした驚きがありました。イヤホンではONKYOの「 e-700m 」を接続してみましたが、こちらもやはり低音が締まってしっかり聞こえるようになったようで弦楽器などの響きもよく、全体的に情報量が増えたように感じます。

間にポタアンを挟むことで音質的にはしっかり変化を感じることができ、ボリューム調節もDAC-HA200で楽にできるのでよいのですが、イヤホンなどに付いているリモコンを使ってのスキップや停止などの操作ができなくなってスマホなどで直接操作せざるを得ないのは仕方のない事とはいえやはりちょっと不便ですね。


「 ONKYO HF Player 」も試してみました。本来はハイレゾ再生機能のロック解除に1,200円を支払ってアプリの拡張パックを購入する必要がありますが、DAC-HA200 を接続していると無料で同等の機能が使えます。iOSとAndroidの両方に対応しているほかにWindows版とMac版も存在しますが、Windows版はプレイリストなどが申し訳程度の機能しか無く。正直使いにくいとは言えませんでした。Windows上でアップサンプリングの行えるソフトは色々あるので他のソフトを使った方がよいと思います。Mac版については使ったことが無いのでなんとも言えません。

iPhone・iPadとの接続では、DAC-HA200を接続するとアプリで感知してONKYO HF Playerの機能ロックが解除され、FLACやDSD、Ogg Vorbisなどのハイレゾ音源の再生機能が使用できるようになります。

再生できる曲はiPadやiPhone本体のiTunesライブラリに保存されている曲に限られます。そのためリッピングなどをした曲はあらかじめスマホなどに転送しておく必要があります。NASなどのネットワーク機器からの再生には対応していません。また、同じスマホに保存されていても他の音楽ダウンロードサービス(dミュージックなど)で購入した曲は保存場所が違うのか認識されません。再生させたい場合はリッピングした曲などと同じようにiTunesのフォルダに転送しておく必要があります。

多少事前準備に手間がかかる面はありますが、アプリの操作性自体は歌詞表示などにも対応しており、まずまずと言ったところです。iPhone・iPadではアプリ上で「48kHzモード」に設定するとアップサンプリング機能が有効になって96kHzでの再生が可能になるようです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windows 10 April 2018 Update を適用してみました。 [Windows 関連]

日本では5月1日になってしまいましたが米国時間の4月30日に公開直前で不具合が発覚したようで延期されていた Redstone 4(RS4)こと Windows 10 April 2018 Update の一般利用者向け配信が始まりました。

Win-AU1.jpg
放っておいてもWindows Update経由で5月8日以降自動配信されるそうですが、さっさと適用してしまいたい人やPCを複数台所有している場合などはISOファイルを落としてしまってインストールする方が時間節約もできると思います。大型アップデートとなるとそれなりにPCが使えない時間が生じてしまいますしね。
ISOファイルは以下のサイトから落とすことができます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックすると「MediaCreationTool1803.exe」というファイルがダウンロードされます。このツールを立ち上げて指示に従っていくと任意のフォルダにアップデート用のISOファイルを作成することができます。私の場合ファイルサイズは3.5GBになりましたが、環境によって多少の増減はあるかも知れません。
USBメモリやDVD-ROMを作成しておけばクリーンインストール用のメディアも作成できるようですが、アップデートするだけならISOファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「エクスプローラー」で開くで仮想DVDドライブにマウントすることができるのでそこから「setup.exe」を立ち上げてやればOKです。

まずAMD FX-8300 + Radeon 7850 のサブPCの方へ入れてみて再起動ループなど致命的な事にはならなそうだという事を確認した後 Core i7-4790S + GTX1070 のメインPCの方へ入れることにしました。
インストールにかかった時間はサブPCの方が約1時間、メインPCの方が40分程でした。それぞれ2~3回再起動していたと思います。再起動が始まるまでは作業しながらでも大丈夫ですが、やはりそれなりに時間的余裕のある時にアップデートした方がいいと思います。


インストール後、半ば予想はしていましたがドライバーの上書きによって Creative Soud Blaster ZxR の音が出なくなっていました。前回のFall Creators Updateの時もそうだったのですが、S/PDIF関係の入出力が認識されないようです。なんでこんなドライバが認証通ってるんでしょうかね。この問題はもう何度か遭遇しているので、デバイスマネージャーからZxR関係のドライバを一旦削除して再起動し、現時点で最新版の(Creativeのサイトでもう長いこと放置されているのですが)「SBZxR_CD_L13_1_01_05.exe」というドライバセットを再インストールすることで解決することができました。

前回のFall Creators Update時は無効化していたハイバネーションや高速スタートアップがOSアップデートによって有効化されてしまったりといった事もありましたが、こちらに関しては今回は大丈夫でした。

ああ、あとひとつ。アップデート後タスクマネージャーを見ているとSSDの書込が100%近い状態がずっと続くようになってしまっていたのですが、どうもOneDriveが悪さをしていたようで一旦PCとのリンクを解除し、HDDに移動させたOneDriveフォルダに設定し直す事で大人しくなったようです。


Excel、Photoshop Elemnts 15、PowerDVD 16、各種取引ツール、Shuriken等のJustsystem製品、iTunes、TV視聴ソフト、ブラウザ各種などチェックしてみましたがとりあえず今のところ問題はなさそうです。


追加された機能などは以下の記事を読むと把握できるでしょう。



※ 5/9 追記 ※
JustsystemのATOKを利用していていざ入力しようとするとMicrosoft IMEに勝手に切り替わってしまうことが時々あって煩わしいため削除していたMicrosoft IMEがまたもやOSアップデートの適用で復活していました。使いにくくてしょうがないのでスタートボタンから、「設定」→「時刻と言語」→左側メニューの「地域と言語」で「優先する言語」の「日本語」をクリックし、「オプション」ボタンで「キーボード」のリストの中から「Microsoft IME」を削除しておきました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット