So-net無料ブログ作成

The Witcher 3: Wild Hunt に嵌まりました [ゲーム]

本当に今更なのですが The Witcher 3: Wild Hunt にすっかり嵌まってしまいました。評判がとても高いのは以前から知っていて少し前のSteamのセールでPC用のGOTY版(Game Of The Year Edition)を買ってはいたのですがあまりゲーム自体しなくなっていることもあって買ったことで満足して放置していました。GWにちょっとやってみるかと手を出してみたところすっかり虜になってしまったというわけです。

The Witcher 3自体発売されたのが2015年の5月ともう4年も前のゲームなのですが2度の大型DLCが追加されました。現在はGOTY版として発売後に発表されたDLCが全て含まれたバージョンを格安で購入することができるようになっています。プラットフォームもPC版の他PlayStation4やXbox Oneなどが用意されており、海外のゲームだけに色々とエグい描写もあるのですがとにかくストーリーが非常に練られていてボリュームがとんでもない量です。クリアできるのがいつになるのか全く分かりません。

ポーランドのファンタジー作家であるアンドレイ・サプコフスキ氏原作の小説を原作としたシリーズ物ですが、私のようにいきなり3作目からプレイしても問題なくストーリーを追っていけると思います。(過去からの繋がりが覗える描写はそこかしこに出ては来ますが。)中世辺りの時代背景に剣と魔法のある架空世界を舞台とした世界観になっていて、魔女が迫害されていたり(妖婆という恐ろしい魔女もいますが)エルフやドワーフといった種族が居たりグールや幽鬼などの魔物が居たりと正に王道と言えるRPGです。



グラフィックは上のトレーラー集を見て頂ければ分かるとおり非常に高品質です。ムービーだけでなくオープンワールドの中をこのレベルのグラフィックでプレイできるというのだから驚きです。数年前のゲームであるからかGTX1070とちょっと前のGPUでも4K解像度下でとても快適なプレイができています(髪の毛の表現だったりと完全な最高設定にこそしていませんが)。

道中では選択肢次第で結構物語の方向が変わったり派生クエストが発生したりといったこともあるので緊張感もあっていいですね。基本的にはお使いクエストが多いので面倒くさがりの人には苦痛になる部分もあるかも知れませんが。

まだプレイをしたことがないけど興味を持たれた方、このゲームは自信を持ってお勧めできますよ。基本的にいつでもセーブして中断はできますがプレイ時間はかなりのものになると思いますけどね。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール  [ゲーム]

※ 拡張パック「Gathering Storm」動作確認済み ※


Civilization VI ではデフォルトでマップのスクロール方法がマウス左ボタンホールドでの掴み移動とキーボードのカーソルキー(←↑↓→)に割り当てられています。また、設定でマウスカーソルを画面端に持っていくと自動スクロールさせるようにすることも出来るのですが、ちょっと敏感すぎたりして使いにくいのでこちらの機能はOFFにしています。このままでもゲームはできますが、やはり右手にマウスを持ちながらキーボードのカーソルキーを触るより多くのゲームで標準になっている「WASD」キーを使った移動のほうが馴染みがあってやりやすいと感じる方が多いでしょう。

こちらもゲームファイルの編集で可能にすることができますので方法を書いておきます。
他と同様、Steamクライアントのニュースから辿れる "Civilization 6 Tweaks And Tips" という記事
を参考にさせて頂きました。

Civilization VI ではデフォルトで「A」を攻撃、「W」を傑作画面の表示に割り当てられていますので、事前準備として ゲーム中のキー割り当て画面で先に適当なキーを割り振っておいてください。私はついでに「スペースキー」を攻撃に、ターンスキップを「N」キーに振っておきました。

また他と同様ゲームファイルをいじることになりますので試す方は必ず以下の方法でバックアップをとり、いつでも元に戻せるようにしておいてください。実は私も以前ここの設定で何かを間違えたらしく、一切ゲーム画面のスクロールが出来なくなってしまったことがあります。バックアップからリネームして戻すことで無事事なきを得ましたので、やはりバックアップは大事だと感じた次第です(苦笑)。

バックアップから戻す場合は一旦ゲームを終了してから行ってください。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. DefaultKeyDownHandler で検索し、
     if( uiKey == Keys.VK_UP ) then
  を
     if( uiKey == Keys.VK_UP or uiKey == Keys.W ) then
  で置き換える。
  以下同様に
     if( uiKey == Keys.VK_RIGHT or uiKey == Keys.D ) then
     if( uiKey == Keys.VK_DOWN or uiKey == Keys.S ) then
     if( uiKey == Keys.VK_LEFT or uiKey == Keys.A ) then
  で置き換える。(もちろんWASD以外のキーを割り振ることも出来ます。)
5. これでWASDキーでマップスクロール出来るようになりますがこのままでは一度キーを押すと押しっぱ
  なしの状態になってしまうので次のセクションの DefaultKeyUpHandler でも同様に置換していきます。
     if( uiKey == Keys.VK_UP or uiKey == Keys.W ) then
     if( uiKey == Keys.VK_RIGHT or uiKey == Keys.D ) then
     if( uiKey == Keys.VK_DOWN or uiKey == Keys.S ) then
     if( uiKey == Keys.VK_LEFT or uiKey == Keys.A ) then
6. 上書きして終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに一旦戻してやり
  直してみる。


これで右手にマウス、左手はキーボードのオーソドックスなスタイルで快適にプレイできるようになります。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法 [ゲーム]

※ 拡張パック「Gathering Storm」動作確認済み ※


Civilization VIでは、視点を回転させるにはAltキーを押しながらマウス左ボタンをホールドすることで両方押している間は自由にマップの回転が可能になるのですが、マウスなりAltキーなりを離すとクルッとデフォルトのカメラ位置へ戻ってしまいます。

視点を回転させた状態で固定させるにはゲームファイルの修正が必要です。
方法は Steamクライアント のニュースの "Civilization 6 Tweaks And Tips" という記事中リンクから辿れる
   How to keep camera rotated - solution
   http://steamcommunity.com/app/289070/discussions/0/340412122410046153/
に書いてあるのですが、英語なので一応日本語で紹介しておきます。

ただゲームファイルをいじることになりますので試す方は必ず以下の方法でバックアップをとり、元に戻せるようにしておいてください。確認はしていますが最悪再インストール等が必要になってしまう可能性もないとは言い切れません。


1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. 編集→検索から UnitMoveRestrictions を探し、
     local m_kTutorialUnitMoveRestrictions :table = nil; (138行目辺り)
  の後の行に以下の2行を加える。

5. 再び検索から UpdateDragMap を探し439行目辺りからの
     if m_isALTDown then
     UI.SpinMap( m_dragStartX - x, m_dragStartY - y );
     else
  を

  で置き換える。
6. また検索から EndDragMap を探して直下の行(455行目辺り)をコメントアウトする。
    例)「UI.SpinMap( 0.0, 0.0 );」の冒頭に「--」を付けて「-- UI.SpinMap( 0.0, 0.0 );」とする。
7. 上書き保存して終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに戻す。

以上でAltキーとマウス左ボタンを離しても離したときの状態で視点位置が固定されます。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法 [ゲーム]

※ 拡張パック「Gathering Storm」動作確認済み ※


ゲームファイルをいじることになりますので修正前に元のファイルのコピーは作成しておいてください。ファイル編集後、効果を得るにはゲームの再起動が必要なようです。

Steamクライアント のニュースから "Civilization 6 tweaks and fixes guide" という記事を参考にさせて頂いています。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\UI と辿り、WorldInput.lua を探してコ
  ピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで WorldInput.lua を開く。
4. 編集→検索から local PAN_SPEED を探し、
     local PAN_SPEED :number = 1;
  のようになっている部分の number = 1 の数字を2に変える。
5. 上書き保存して終了。ゲーム内でテストしてみてダメならコピーしておいた元のファイルに戻す。

マウス移動では効果がよくわかりませんがカーソルキーやWASDキー(別途書き換え必要)で移動させる場合は体感でわかるくらいにスクロール速度が上がったはずです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI での視点カメラの高さと傾きの変更方法 [ゲーム]

Civilization VI での視点カメラの高さと傾きの変更方法をメモ。

事前のバックアップ推奨。バックアップから戻す場合は一旦ゲームを終了してから行ってください。

1. SteamのライブラリーからCivi Ⅵを右クリック→プロパティ→ローカルファイル→ローカルファイルを
  閲覧をクリックする。
2. エクスプローラーが立ち上がるので \Base → \Assets →\ArtDefs と辿り、Camera.artdef を探してコピーを作成しておく。(右クリックしてフォルダ内ドロップ→ここにコピーを選択)
3. テキストエディタで Camera.artdef を開く。
4. 以下、変更点
  私はそれぞれ上から 30、50、1800、100 としています。

2番目の寄った時の傾きを80にしてみたところ異空間が見えて駄目でした(笑)。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI に新たな拡張パックとして「Gathering Strom」が発売 [ゲーム]

最近全然起動していなかったCivilization VIですが、2月に「Gathering Strom」という第2弾の新たな拡張パックがリリースされました。公式に紹介文とトレーラーは以下より。





新たな9人の指導者と8つの文明の追加とそれに伴う固有ユニットや遺跡、自然遺産などが追加され、火山噴火や洪水・竜巻、ペストの流行などの災害が起きるようになりました。またそれに伴ってダムで治水対策をしたりといったことも可能になったようです。他にもトンネルを掘ったり運河を作ったり鉄道を引いたりと内政でできることがかなり増えています。これまでは一度確保すると使い放題だった資源も有限となり、他国との取引の材料とするかユニット生産のための備蓄を優先するかといったことを考える必要もあるようです。


ゲーム本体は発売から2年半程になるのでもうSteamのセールでかなり割り引いて販売されるようになっています。お持ちで無ければまずは体験版をダウンロードしてみるとよいでしょう。もし気に入ったのであれば「Gold Edition」を購入すると一つ前の拡張パック分までDLCが全て入っているのでセール時に購入してみては如何でしょうか。Windows版、Mac版のほかiPadなどでプレイできるiOS版も発売されています。

私は今回の拡張パックを「green man gaming 」というサイトで予約購入しました。こちらは海外のサイトですが、steam上の新作ゲームでも割引価格で予約できることがあるので時々利用しています。ただ、地域制限などで無効なキーが送られてきたという話が過去にはあったようなので万が一の場合は自力で交渉する必要があります。少なくとも決済にはPayPalを通しておくことをお勧めします。

---------------------------------------------------------

ゲームファイルの「worldinput.lua」 をいじってやるといくつか操作性を改善させることが可能です。「Gathering Strom」で動作確認済みのファイル改変記事リンクを張っておきますのでよろしければご利用ください。念のためバックアップを取っておいてから修正作業することだけは強くお勧めしておきます。

Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール
Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法
Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Playstation 4 Pro(CUH-7100BB)への買い換えとHDD交換とシステムソフトウェア再インストール [ゲーム]

6月中に使い切ってしまわなければならない期間限定ポイントがかなりあったので貯まっていたSo-netのポイントも併せてPlaystation 4をProに買い換えました。

ps4p-1.jpgPlaystation 4 Pro としては第二世代となる「CUH-7100BB」です。スペック上はほぼ前モデルのCUH-7000と同性能とのことで、CPUはAMD Jaguarアーキテクチャベースの8コア・2.1GHz、GPUもAMDのRadeonベースの4.20TFLOPS、8GBのGDDR5をメインメモリとして備えています。付属するDual Shock 4も第二世代のもので、本体内部の一部の部品変更のみを理由に型番が変わったとのことです。最大消費電力もどちらも310Wとなっていて違いはありません。
ただし、静音性に関しては初代Proよりかなり改善されているそうです。


PlayStation 4 スペック比較
機種 PlyaStation 4 (CUH-1000AB) PlayStation 4 Pro (CUH-7100BB)
CPU AMD Jaguarベース 8 core 1.6GHz AMD Jaguarベース 8 core 2.1GHz
GPU AMD Radeonベース 1.84TFPS AMD Radeonベース 4.20TFPS
Memory GDDR5 8GB + DDR3 256MB GDDR5 8GB + DDR3 1GB
解像度 1920x1080dpi/30 fps 3840x2160dpi(4K)/60fps
光学ドライブ BD 6倍速/DVD 8倍速 BD 6倍速/DVD 8倍速
消費電力 最大250W 最大310W
寸法 275x53x305 mm 295x55x327 mm
重量 約2.8kg 約3.2kg
発売日 2014.2.22 2017.10.2

基本モデルのPlayStation4とPlayStation4 Proの主な仕様の違いは上の表の通りですが、CPUとGPUの性能が大きく引き上げられてUHD(4k)表示に対応したことがPlayStation4 Proの最大の特徴です。Gran Turismo SPORTが4Kの美しい画面で楽しめるというだけで私には十分魅力的でした。

また、初代のPlayStation 4ではタッチセンサー方式だった電源スイッチがPlayStation 4 Proでは物理ボタンになっていますね。私は遭遇したことがありませんでしたが、何もしていないのに勝手にディスクを吐き出すというタッチセンサーが原因と思われる不具合を訴えていた方が少なからずおられたという事は聞いていましたので、その辺りの事情への対策なのでしょうかね。コストカットの為か意匠も変更されていて高級感は少し減ってしまっています。せっかく4K表示に対応したのにUHD BDの再生に対応していないことだけは本当に残念に思います。

ps4p-2.jpgさて、購入したPlayStation 4 Proは1TBの2.5inch HDDを搭載しているのですが、こちらは東芝製の「 MQ01ABD100」という5400rpmモデル。インターフェースもSATA 300とあまり高性能の物ではなかったので、これまでPlayStation 4の方で使用していたHGST製の「 HTS721010A9E630」に入れ替えることにします。こちらはSATA 600の7200rpmと標準搭載されていたHDDよりいくらか性能アップが期待出来ます。可能であればSSDに入れ替えたかったですがまだまだ大容量モデルは高価ですからね・・・。

「 HTS721010A9E630」は以前のPlayStation 4で既に3年程使用していたので念のためPCに繋いで不良セクタなどが出ていないかツールを使ってチェックしてみましたが全く問題ないようでした。取り外した東芝のHDDはチェックした上でヤフオク!ででも処分することにします。


☆ システムソフトウェア再インストール ☆

HDDを入れ替えたらPlayStationのシステムソフトウェアの再インストールが必要です。特に難しいわけではありませんが、事前にいくつか準備しておく必要があるので今後同様な事があったときのためにメモとして残しておきます。

まずは大前提としてFAT32かexFATでフォーマットされた1.1GB以上の容量のあるUSBメモリを用意します。PlayStation 4はNTFSなどでフォーマットされたUSBメモリは認識できませんので注意が必要です。
具体的な手順については以下の公式ページ下部にある「システムソフトウェアを再インストールする」の手順に従って作業を進めていきます。

1. PCに1.1GB以上の空き容量のあるUSBメモリを差してFAT32かexFATでフォーマットをかけ、エクスプ
  ローラを使ってUSBメモリ上に「PS4」というフォルダーを作成し、更にその中に「UPDATE」という
  アップデートファイル(再インストール用)を保存するフォルダーを作っておきます。
2. 上記HPから最新バージョンの「再インストール用の」システムソフトウェアをダウンロードして先ほど
  作成したUSBメモリの「UPDATE」フォルダーに保存します。この時ファイル名は「PS4UPDATE.PUP」
  としておくこと。
3. PS4の電源を完全に切って電源ランプが消灯していることを確認。電源ランプがオレンジ色に点灯してい
  る場合は、PS4の電源ボタンを7秒以上(「ピッ」という音が2回するまで)押し続けて電源を切っておく
  こと。
4. アップデートファイル(再インストール用)を保存したUSBメモリをPS4に差し、電源ボタンを7秒以上
  押したままにする。これでPS4がセーフモードで起動します。
5. [PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)]を選んで画面の指示に従ってイン
  ストールを終える。

あとは初期設定を済ませば使えるようになります。セーブデータはPlayStation Plusの方へ上げてあったので特に困るようなことはありませんでした。


取り外したHDDのパーティションをPCで見てみたのですが、下のSSのように細分化されていて驚きました。

psp-partition-a.jpg


セットアップを済ませた後いくつかソフトウェアを入れ直して早速使ってみましたが、消費電力はかなり上がっているはずなのに初代のPlayStation 4と比較してPlayStation 4 Proはかなり静かになりますね。




PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • メディア: Video Game


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI でDirectX12版の起動用ショートカットを作成する方法。 [ゲーム]

※ 拡張パック「Rise and Fall」動作確認済み ※

Civilization VI でDirectX12版の起動用ショートカットを作成する方法がSteamのフォーラムに投稿されていたようです。DX12版が追加されてからしばらくの間、なんとかショートカットから直接起動できないものかと色々調べたりしていたのですが上手くいかず、すっかり諦めていました。

方法は、
Steamランチャーを起動して、ライブラリ→ゲームのリストからSid Meier's Civilization VIを選んで右クリック→プロパティ→「一般」タブの「起動オプションを設定...」をクリックして

をボックス内に記述してOKボタンを押します。
「<SteamLibrary>」の所は各自がSteamをインストールしているドライブ・フォルダに置き換えてください。(Dドライブ直下にインストールしている場合は「D:\Steam」など)

「ショートカットを作成」ボタンを押すとデスクトップ上にDX12版Civilization VIのショートカットが作成されるのでそれをダブルクリックすればいちいちSteamのランチャーを介さずともすぐプレイできるようになります。


注意点としてこの起動オプションを設定した状態では今後DX11版の起動はできなくなります。(削除すれば元に戻せます。)また、Steamランチャーからゲームを起動する場合、以前と同じようにDX11版かDX12版かを選ぶチェックボックスが表示されますが、どちらを選んでもDX12版が立ち上がるようになります。

とは言ってもDX12版の実装当初こそ不安定なところがあって時々落ちたりフリーズしたりしていましたが、現在はグラフィックボードのドライバ熟成などもあってかなり安定しているようなので特に困るようなことはないかと思います。(当然ながらDX12版の起動にはDX12で動く環境が必要です。)
DX11版とDX12版のどちらが立ち上がっているのかの確認はWindowsのタスクマネージャーで行うことが可能です。(プロセスタブのアプリのところに表示されます。)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI "SUMMER 2017" アップデート [ゲーム]

Civilization VI に "SUMMER 2017" アップデートと追加のDLCが実装されました。Mac版とLinux版は少し遅れるそうです。
(公式HP上のパッチ内容はまだ日本語化されていないようですが、SteamライブラリのCiv6→ニュース→英語のパッチ情報のタイトルをクリックすると日本語訳が見れるようになっています。)


今回の追加DLCはヌビアという文明とそのシナリオパックです。追加料金498円でSteam上で購入可能ですが、Delux版購入者は今回のDLCも追加負担無しに楽しむことができます。当初の予定では前回のPersia and Macedon Civilization & Scenario PackまでがDelux版で追加料金無しに得られる範囲のはずでしたが、不満が多かったのか今回のヌビアともう二人の指導者を含むDLCまでが含まれるようになったそうです。In the coming monthsとなっているので秋頃には遊べるようになるのでしょうか。

多数の要望が寄せられていたにもかかわらずバグが残っていたためずっと実装が延期されていたという、生成されたゲームの「リスタートボタン」がようやく実装されました。ゲーム中の「メニュー」から「最初から」を選ぶと同じマップでのリスタートができるようです。ただこの場合でもスタート位置や資源配置はランダムになるようで、全く同じ条件からの再スタートができるというわけではないようです。

今回もバランス調整や不具合修正が多数入っているようですが、外交画面ではかえって不具合?が増えてしまっているような気がします。他国との交渉時に美術品や遺物などを要求しようとした場合に、一見交渉できるように見えて実際にはボタンが押せないことがありました。どうやら自都市の遺物などを入れるスロットに空きが無い場合にこのような挙動になってしまうようです。他にも同盟が非常に組みにくくなっていたり、相手側から和平の申し出があったときに異常にたくさんの都市を要求できたりとどうも挙動がおかしい印象を受けます。AIに関しては大分良くなってきているとは思います。また、破城槌と攻城塔が現代の都市攻撃にも有効という訳の分からない仕様も修正されたようです。アップデート後のフリーズはゲーム中にOSを巻き込んでというのが1回、ゲーム終了時のフリーズは特に影響はありませんが何度か遭遇しました。

継続的にアップデートされているのは有り難いことなのですが、新たな不具合が出てきたりバランス調整が極端になったりと完成という状態になるのはいつのことなのでしょうかね。


SPRINGアップデートでは上書きされてなかった worldinput.lua に再度手が入ったようでファイルをいじっている場合はまた書き直しが必要になります。動作確認済みの修正記事のリンクを張っておきますのでよろしければご利用ください。
Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール
Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法
Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Civilization VI "SPRING 2017" アップデート [ゲーム]

Civilization VI に "SPRING 2017" アップデートと追加のDLCが実装されました。
https://civilization.com/ja-JP/news/entries/civilization-vi-spring-2017-update-now-live

今回の追加DLCはペルシア・マケドニア文明 と シナリオパックです。追加料金1,199円でSteam上で購入可能ですが、Delux版購入者は今回のDLCも追加負担無しに楽しめます。


今回は2つの文明のセットですが今までと違ってなぜか個別購入ができない上に価格も上がっているようです。理由は分かりません。Delux版の購入者への無料追加DLCはここまでのようです。結局Delux版は共通のAztekに加えてPOLAND、Norway、Australia、Persia、Macedoniaの各文明とシナリオに加えてサントラ2種が付いていたのでそれなりにお得だったかなとは思います。

バランス調整では港の使い勝手がだいぶよくなりました。灯台や港湾を建てるとそれぞれボーナスも得られるようになっています。航空機では爆撃機がかなり強力になっています。


今回はいつもアップデートの度に上書きされてしまって書き直しが必要な worldinput.lua に変更はありませんでしたのでこのファイルをいじっている場合は今までのままで動きます。一応動作確認済みの修正記事のリンクを張っておきますのでよければご利用ください。

Civilization VI での「WASD」キーを使ったマップスクロール
Civilization VI でのマップ視点の回転とその固定方法
Civilization VI のマップスクロール速度を上げる方法
  


AIはまだまだ改善の余地がありますね。特に敵も航空ユニットを作る事は作ってくるのですがそれを使って攻撃してくるということが無いようでこちらから一方的に殴り放題になっています。また大量の陸上戦闘ユニットを海上に浮かべていたりとよく分からない行動も多く見られます。

また、アップデート後巨大マップでプレイしていてあと少しで制覇勝利というところでAIの思考中に落ちてしまう進行不能バグに遭遇してしまいました。時々は意図的にセーブしていたのですがその時は直前のデータしかなく、どうにもならないのでそのゲームは破棄しました。発売から半年ほど経ちましたがまだ不具合もちょくちょく残っているのですよね。スパイの移動できる都市が少なくなってしまうというバグもあるようです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム