So-net無料ブログ作成
PCソフト ブログトップ

PC用のミュージックプレーヤーは「TuneBrowser」をメインに使う事にしました [PCソフト]

手持ちのCDはほとんど全てをiTunesの「ALAC(Apple Lossless Audio Codec)」でリッピングしてNASに放り込みました。「ALAC」は可逆圧縮方式のオーディオコーデックで、音質を劣化させること無く圧縮・復号することができるとされています。「FLAC(Free Lossless Audio Codec)」も同じ可逆圧縮方式のオーディオコーデックでどちらも現在では広く使われていますが、事CD音源のリッピングに限った話では元の音源が44.1kHz・16bitでしか収録されていないので好みで選んで構わないと思います(ただしiTunesは現在の所FLACの再生に対応していません)。

CDをリッピングしてデジタルデータ化しておくことはNASなどに入れておくと便利という事の他にも早めにやっておくべきだと思う理由があります(バックアップは必須ですが)。実は以前こんなことがありました。荷物整理の一環で手持ちのCDのいくつかを中古ショップの買取に出したのですが、パッと見た感じ傷も無く再生にも何ら問題がなかった一部のCDが盤面に微小な穴が空いているとして買取不可とされたのです。どうやら蒸着されたアルミ簿膜に劣化が生じていたようです。

CDは印刷層(ラベル面)、保護層、反射層(アルミ簿膜の記録層)、樹脂層(裏側のポリカーボネイト基板)の4層構造となっているのですが、どうやら寿命があり数十年が限度とされているようなのです。アルミ簿膜の記録層では剥離してきたり酸化や湿度の影響を受けたりして経年劣化が起こるようですし、ポリカーボネート層についても加水分解が進んで白濁してしまい、酷い場合には読み取り不能になってしまうということが起こるそうです。もちろん製造時の品質なども大きく影響するのでしょうが、寿命という話に限れば適切に取り扱われた昔のアナログレコードの方が長持ちするようです。


リッピング作業をiTunesで行っていたこともあって半ば必然的にPCでのミュージックデータの管理もこれまでずっとAppleのiTunesを利用していました。アーティスト名・曲名などは当然として大方のアルバムジャケット画像を自動取得してくれますしタグ編集(歌詞の追加など)も割と行いやすいのですよね。とはいえ、リッピングしたALACのmp4ファイルだけでも5000曲・150GB程にもなってくるとiTunesではスクロールなどがかなり重くなってしまいます。また、購入などで徐々に増えつつあるFLACやoggなどのファイルは別の再生ソフトを使わないと聴くことができません。

Sony の「Music Center for PC」や、有料ソフトでは DigiOn の「CurioSound」などを試してみて両者に付いているアップサンプリング機能が意外にも古いmp3のファイルなどでかなりの効果があることが分かったのですが、いまいちUIなどが好きになれなかったのでもう少し探してみることにしました。

そんな中目に留まったのが Tiki さんが開発を続けられている「TuneBrowser」。DSD / FLAC / ALACなどのハイレゾ音源にも対応している他、MP3 / Ogg Vorbis / AAC / WavPack / Wave / AIFF / APE / WMAと非常に幅広いフォーマットに対応しています。PCからの出力についてもASIO / WASAPI排他モードまでしっかりサポートしてくれています。

ダウンロードは開発者の方のHP以外にも「窓の杜」からも行うこと可能で、Microsoft Store版もリリースされています。「Free Edition」と「 Full Edition」が用意されていて、500曲以内の管理であれば「Free Edition」で無料で使わせて頂くことができます。管理できる曲数以外の機能制限はありませんので十分に体験できると思います。

tb-01.jpg
TuneBrowserのせいではありませんが、Windows 10のスケーリング機能を使っていない4K解像度のディスプレイにほぼデフォルトの状態で起動するとこのようにとても表示が細かくなって使いにくい状態なのでいくつかカスタマイズしていくことにしました。



まずは「ファイル」→「設定」→「表示の設定」から
 ・ 「ツールバー」で「大きなボタンを使う」を「Yes」に
     これで再生・停止・RepeatなどのUIの操作ボタンが大きくなります
 ・ 「フォント」に移り、
     「ウインドウの基本フォント」
         フォルダツリー部分などのフォントの種類・大きさ
     「ダイアログボックスの基本フォント」
         曲のプロパティなどダイアログボックスを開いた時のフォントの種類・大きさ
     「ビューフォントの拡大率」
         再生中のアルバム曲リスト部分等のフォントの表示倍率
         「1」が標準で「1.5」が最大になるようです
をそれぞれ調節して「OK」を押します。フォントサイズを「14pt」に、ビューフォントの拡大率を「1.5」にしてみた状態が下のSSです(分かりにくければごめんなさい \(__ ) )。

tb-02a.jpg
初回起動時に登録する楽曲ファイルフォルダの指定を求められますが、後からいつでも追加することができます。対象となる楽曲ファイルやフォルダを「TuneBrowser」にドラッグ&ドロップするだけです。使ってみると分かると思いますが、大量の楽曲ファイルを登録しても動作は非常にキビキビしていて使いやすいです。作者の方がfoober2000で不満だったところを改良する目的で作り始めたと言われている通りかなり自由にカスタマイズすることも可能で、データを打ち込んでおけば上記SSのように歌詞を表示させることもできます。

また、TuneBrowserには「SoX Resampler」というアップサンプリング機能が搭載されています。foobar2000のプラグインとしても有名らしいので知っている方も居られるでしょう。機能は「ファイル」→「設定」から「再生の設定」にある「SoX Resamplerの設定」で「リサンプル処理する」を「Yes」にすることで有効化できます。リサンプル後のサンプリングレートの指定や一定上のサンプリングレートの楽曲は変換させない(ハイレゾファイルに余計なことをしない)といった設定が行えます。全くの主観ですがはっきり分かるくらいの良い方向への変化を感じ取ることができました。少なくとも私にとっては厚みの増した心地よい音に聞こえます。

他に気になる点では、TuneBrowserの初期設定では楽曲のダブルクリックで再生が始まるようになっていません。感覚的にもダブルクリックで再生が始まる方が自然に感じるのでここも修正してやることにします。「ファイル」→「設定」で「再生の設定」から「楽曲のダブルクリックで再生する」を「Yes」に変更してやればOKです。


しばらく使ってみてとても気に入ったのでMicrosoft Store版の方に課金させて頂きました。作者の方のHPから直接Paypalなどで支払う事も可能ですが、Microsoft Store版の方は自動更新機能が使えるので管理が楽だと思います。Microsoft Store版の課金は立ち上げた「TuneBrowser」上で行うことになります。
tb-03a.jpg「ヘルプ」→「バージョン情報」で表示されるダイアログボックスの「Microsoftストアで購入」ボタンから購入できます。購入時にアカウント確認として「PIN」を入力(Microsoftアカウントに設定しているものです)する必要があります。支払い手段にPayPaが使えるのは安心ですね。

尚、Microsoft Storeでの価格は米ドル/円の為替相場によって若干の変動があるようです。


-----------------------------------------------------------

さて、操作性や見た目の良さ以外にもこちらのソフトを使う事にした大きな理由がもう一つあります。それは TuneBrowser が「OpenHome」に対応しているということです。「OpenHome」は、ネットワークオーディオの標準となっている「DLNA」の改良版のような仕組みで、対応している機器ならばタブレットやスマートフォンから操作することができるようになります。
tb-04oh.jpg
「OpenHome」を利用できるようにする為にまず TuneBrowser の「ファイル」→「設定」と進み、「ネットワークの設定」で「OpenHome対応を有効にする」を「Yes」に、「LAN I/F」で使用するLANポートを指定してやります。注意喚起のダイアログボックスが出ますが許可して問題ありません。


iPhone、iPadといったiOS機器では下の「Linn Kazoo」というアプリ(無料で利用できます)を使ってPCで起動している「TuneBrowser」の操作を行うことができるようになります。
LINNはスコットランドの高級オーディオ機器メーカーで英国王室御用達としても指定されており、ネットワークオーディオ界では老舗なのだそうです。DLNAを採用せず作り上げてきた独自のシステムを元に公開された「OpenHome」は国内でもTEACなどのオーディオ機器メーカーが採用するなど徐々に広まりを見せているようです。Marantz・Denon連合も正式に採用してくれればいいんですけどね。

linnkz-1a.jpg
linnkz-2.jpg
上がiPhone 8でLinn Kazooを使ってみた場合、左はiPad Proでの様子です。ただ、どちらの場合もアプリの安定性・接続性がイマイチなのですよね。繋がってしまえばかなり使い勝手がよいのですが、接続待ちの状態が続いたりアプリが落ちてしまうことがあります。一応スマホ・タブレットのLinn Kazooを先に立ち上げておいてからPCのTuneBrowserを立ち上げるようにした方が認識させやすいようです。


以前はあまりこのようなことは無かったように記憶しているのですが、iOS側のアップデートやアプリの更新が影響している可能性もあるのでそのうち改善されるかも知れません。機嫌の良いときはほんとにあっさりと繋がるのですよね・・・。接続さえ出来てしまえば本当に使いやすいアプリなのでなんとかもう少し安定して欲しいところです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

「tftpd64」 を使ったファイル転送方法をメモ [PCソフト]

tftpd」はTFTP serverとTFTP clientの機能以外にもDNS serverやDHCP Server、SNTP serverなどの機能を持ったフリーのオープンソースソフトウェアで、「tftpd64」はその64ビット版です。初めて利用したのですがちょっと戸惑ったのでメモとして利用方法を残しておきます。

ダウンロードは「こちら」から。 32bit版も用意されていますが、v4.64からは64bit版推奨となったようです。Windows 10なら何も問題はありませんね。ここではこの64bit版を前提とします。

インストーラー版を使った場合はWindowsのスタートボタンのメニューから、Zip版を使った場合は解凍したフォルダ内の「tftpd64.exe」をダブルクリックで起動するので初期設定をしていきます。
tftpd-4.jpg今回は TFTP Server 機能さえ使えればいいので余計な設定は全て外してしまいました。tftpd64を立ち上げたら最初のウインドウの「Settings」から
① 「GLOBAL」タブで「TFTP Server」以外の
  チェックを外し、
② 「TFTP」タブの「Base Directory」で転送する
  ファイルを置いているパスを指定
③ 「Advanced TFTP Options」の「Bind TFTP to
  this address」に転送元のPCのIPアドレスを指定
④ 「OK」ボタン押してTftpd64を再起動

「tftpd64」は設定を済ませた状態でソフトを起動するだけで既にTFTPサーバーとして動いています。戸惑ったというのはこの点の事で、何か操作が必要なのかと思っていました。「Current Directory」が転送するファイルを置いたパス、「Sever interfaces」が転送元PCのIPアドレスになっていることを確認して意図通りになっていればOKです。


「tftpd64」を待機状態にしておき、ここでは Allied Telesis の AT-x210(予めIPアドレスを振っておく必要があります) と「telnet」を例にとって話を進めます(LANに繋いでおく必要はありますが「Tera Term」のコンソールでも同じです)。

AT-x210にログインしたら、「copy tftp flash」以下は対話式で進めていくことになります。
「dir」コマンドなどで確認し、転送したファイルサイズ等に齟齬がなければOKです。「tftpd64」は終了してしまってかまいません。

tftpd-2.jpg

ファイルの転送速度もそれなりに出るのであまりストレスは感じませんでした。ZMODEMではやってられません(苦笑)。telnet上でファイルの転送は可能ですがファームウェア更新作業自体はコンソールターミナル接続でやったほうがいいですね。更新中の進捗状況が全くわからないので・・・。  




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iTunesのアップデート後に「CD Configuration」フォルダが見つからないというエラーへの対処法(Windows版) [PCソフト]

iOS11の配布開始に向けて一足先にiTunesが「12.7.0.166」にアップデートされたのですが、Windows10の環境へインストールしたところ、iTunesの起動時に「[CD Configuration] フォルダが見つからない」というエラーメッセージが表示されるようになってしまいました。

iOSのアップデートはWi-Fi経由だとかなり時間がかかる上に失敗のリスクもあるのでできればPCのiTunes経由でバックアップを取りつつ行う方が安心かと思います。ただこの場合iTunesを最新版にしておかないとiOSのアップデートは行えないのでiTunesは更新して置かざるを得ません。また、エラーを無視しても使い続けることもできますが何より気持ち悪い上にCDからのリッピングができなくなってしまいます。手持ちのCDは粗方ALACでリッピングしてNASに入れてしまっていますが今後買うCDの事を考えるとやはり使えるようにしておきたいところ。

対処法としては、
Cドライブに作られている [C:\Program Files\iTunes\CD Configuration]フォルダ を、iTunesがインストールされているドライブのフォルダにコピー(例えば [D:\iTunes] に)してやればOKです。

調べてみるとこのトラブル、過去(10年ほど前)にも起きていたようですね。なぜまた今復活してしまったのかわかりませんが・・・。CドライブにiTunesをインストールしている場合はこの問題は起きませんし、そのうちiTunesのアップデートで修正されるのでしょうが、また今後同様な問題が生じたときのためにメモとして残しておくことにします。


余談ですが、iOS11からはFLACもサポートされるとのことでWindows版iTunesでも扱えるようになるかもと期待していましたが、少なくとも今回のアップデートではまだ実装されていないようですね。ちょっと残念。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ShurikenでiCloudのメールが受信できなくなってしまったので調べてみました。 [PCソフト]

もう長いことWindows PCのメールソフトにはJustsystemのShurikenというソフトを使っています。
(現行最新版はShuriken 2018。パッケージ版とダウンロード版がありますが後者で十分だと思います。)

So-net や G-mail はもちろん iCloud のメールも全て一つのソフトで管理することができ、迷惑メールフィルタや遅延送信機能、キーワードやアドレスを設定しておくことで自動で色々なフォルダに仕分けしてくれる機能などが充実していてとても便利なので愛用していたのですが、今日になって突然 iCloudメールの送受信が出来なくなってしまいました。

iCloudのメールアドレスはメインで使っている訳では無いし、iPhoneやiPadからは正常に送受信できるので諦めてしまってもよかったといえばよかったのですが、ちょっと調べてみることにしました。


結論から言うと原因は iCloud2 ファクタ認証 でした。

今日やったことと言えば、iPhoneとiPadのiOS10.3へのアップデート。そういえば端末の再起動時に2 ファクタ認証を使うかどうかの選択画面が出てきて、セキュリティ向上になるならいいかと特に考えることもなく使う設定にした結果、メールサーバーへの認証時に弾かれてしまっていたのでした。

これは「App 用パスワードを使う」ことで回避することができます。
具体的には
  1. Appleホームページ下部の「Apple IDの管理」からアカウントページにサインイン。
     (2ファクタ認証が有効になっているとiPhoneなどに6桁のパスコードが表示されるので、
      それを使ってサインインします。)
  2. 「セキュリティ」の「App 用パスワード」の下の「パスワードを生成」をクリック。
  3. 「Shriken」など区別しやすい名前を入力して「作成」をクリック
  4. App 用パスワードが作成できたら、Shurikenの「設定」→「アカウント登録設定」→「受信」と進
    み、今まで使っていたiCloudのパスワードの代わりに新しく発行したApp 用パスワードをコピペし
    てやればOKです。

以上で今まで通り使うことができるようになるはずです。恐らくShriken以外の他のメールソフトでも同様の設定で大丈夫だと思います。



参考までにShurikenでのiCloudメール送受信設定値を載せておきます。お役に立てましたら光栄です。

受信設定
設定項目 設定値
受信(IMAP4)サーバーの名前 imap.mail.me.com
ユーザー名 (iCloudユーザー名)@me.com
パスワードの保存 する
パスワード (発行したApp 用パスワード)
受信サーバーポート番号 993
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 しない

送信設定
設定項目 設定値
送信(SMTP)サーバーの名前 smtp.mail.me.com
送信サーバーのポート番号 587
SSLを使用 する
STARTTLSを使用 する
送信前の受信サーバーによる認証(IMAP before SMTP) しない
SMTP認証 する
SMTP認証に受信サーバーのアカウント情報を使う 使う



Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

Shuriken 2018 通常版 DL版|ダウンロード版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: Software Download


PC TV Plus で録画番組がPCへ転送できない場合の対処法 [PCソフト]

元々 PS3/PS4 の周辺機器として登場した SONY の nasne ですが、別途アプリの購入が必要なものの現在は iPad などのタブレットやPCでもテレビの視聴・録画ができるようになっていて非常に便利に使えるようになっています。プレイステーションを持っていない人にもお勧めできます。

nasneをPC上から利用できるようになる「PC TV Plus」というSONY製のソフトが販売されています。ダウンロード版のみの販売で、3,000円+税/台からとなっています。14日間利用できる体験版を落とすことができるので、自分のPCで使えるか不安な方はまず試用してみるとよいでしょう。体験版でも特に機能制限はされていないので一通りの機能を試すことができます。気に入ったらオンラインで購入してあげてください。程なく解除キーが送られ来ますので、アプリにそちらを入力すればそのまま正式版として使うことが出来ます。

「PC TV Plus」にはnasne単体では出来ない録画済みの番組をBDに焼いたりPCへ転送したりする機能も付いています。nasneに外付けしていた古いHDDを2TBのものに取り替えようと思い、その前に残しておきたい番組をPCへ転送しておこうと思ったのですが、いざ作業に取りかかると「番組データ準備中です。しばらく経ってからもう一度お試しください。」というメッセージが出て、待てど暮らせどいつまで経っても転送できないという問題に遭ってしまいました。何度試しても同じメッセージがでてきます。

結論から言いますと VM Ware Player(仮想PC構築ソフト)の一時的なアンインストールであっさりと解決しました。どうやら VM Ware Player の仮想ネットワークアダプターが悪さをしていたようです。BDへの書き出しが出来ないという人も同じ問題に当たっている可能性がありますのでもし仮想PC構築ソフトを利用しているようでしたら一度アンインストールしてみることをお勧めします。

どうしたものかと調べていると、同様の仮想PC構築ソフトであるVirtualBoxをアンインストールすることで解決したという方も見かけましたので現状仮想PCとはものすごく相性が悪いと言わざるを得ないようです。

時々仮想PCも使うことがあるので当面は排他利用と諦めて必要になったらインストールするくらいしかなさそうですね・・・。あと、PCへ退避させた録画ファイルをnasneに新しく付けた外付けHDDへ書き直すということは出来ないようです。ちょっと残念。



※ 追記 ※

コメントより貴重な情報をご提供頂けました。仮想PC構築ソフトのアンインストールまでは必要では無くあくまでも仮想ネットワークアダプターを一時的にでも殺しておけばいいようです。
Windows 10ではコントロールパネルから「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」の「ネットワークの状態とタスクの表示」→「アダプターの設定の変更」で使用できるネットワークの一覧が表示されるので、そこで対象の仮想ネットワークアダプタを右クリックし、「無効にする」をクリックすれば行けると思います。(すいません、まだ未確認です。)
近いうちに検証してみたいと思います。「たいやき」様、ありがとうございました。



nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • メディア: Video Game


Windows版 iTunes で購入した映画が観られなくなった場合の対処方 [PCソフト]

Windows版の iTunes で購入した映画が観られなくなってしまった場合の対処方法メモ。

iTunesでの映画購入はほんとに便利だと思います。何よりディスクを保管しておくスペースを取りませんし、いつでも気軽にPCやiPad・iPhone(さすがにiPhoneで映画を見ようとは思いませんが)で再生することが可能で、音声も5.1ch対応で外部機器に繋げば大迫力で楽しむことができます。最新のDolby AtmosやTrueHDなどは現状無理ですが、どうしても高音質で観たい場合はDisk版を購入すればいいかなと思っています。比較的新しい映画でもちょくちょくセールをやっているのもありがたいですね。

ただ、iTunes Sotre で映画を購入したのに観られないというケースが時々生じてしまうようです。そうしたケースがあるということは iTunes Sotre のレビューを見ていて知っていたのですが、自分にも降りかかってしまったので暫定的な対処方法のメモを残しておくことにします。

再生途中で止まってしまうだけなら回線の混雑などの影響も考えられるので事前にダウンロードしておくことである程度回避可能だとは思うのですが、ダウンロードも済ませてあるのにいざ再生しようとすると音すら鳴らずに真っ暗な画面が延々表示されるだけという事がありました。(メニュー画面や特典映像は表示されたり他の映画で観れるものがあったり駄目だったりするから余計に混乱しました。)
ファイルが壊れているのかとも思い、再ダウンロードしたりもしてみましたが改善されません。

そこで
 1. 一旦ダウンロード済みの映画をiTunes上で右クリック→「ライブラリから削除」でファイルを保持した
   まま削除する。
 2. iTunes上部の「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」で残しておいたファイルを指定。
以上で再び見ることができるようになりました。

OS再インストール時でも映画を購入したことはいちいちダウンロードし直さなくてもファイルに紐付けされているようなのでバックアップしておいた映画のファイルでもiTunes Sotreの認証さえ済めばそのまま観ることができるようです。


どちらかというと映画レンタルでこの問題の報告が多いようですが、レンタルの場合は購入履歴の「問題を報告する」からAppleのサポートに出来るだけ早く連絡することをお勧めします。返金も含め、丁寧に応対してくれるようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
PCソフト ブログトップ