So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ガジェット ブログトップ

念願の Garmin ForeAthlete 235J を手に入れたぞ。 [ガジェット]

5月のヒマラヤの会員セールでかねてから欲しかった Garmin ForeAthlete 235J を購入しました。海外では Forerunner 235 という製品名で販売されていて、日本版は日本語化と「みちびき」への対応がされているようです。

g235-1a.jpgAppleの製品などと比べてパッケージにはほとんど気を使わないようで、はっきり言って3万円を超える程度の価格帯の商品とは思えない程の安っぽさです(苦笑)。色はオレンジ/黒をチョイスしてみました。
手首に付けた状態で計れる光学式心拍計を搭載しているので別途心拍数を計測するベルト等を着ける必要がありません。(精度はそちらの方が高いそうです。)
50m完全防水なのでランニング後に水洗いしても大丈夫ですし、約42gと非常に軽いので付けて走っても全く気になりません。
Apple Watch 2はApple Payが使えるのでかなり魅力的だったのですが、如何せんGPSを使った状態での電池の保ちが気になったので結局こちらを選びました。

付属品一式です。充電ケーブルと表裏の色が反転した交換用のベルト、ベルト交換用の工具と説明書が入っていました。説明書はWebからPDFで落とすこともできるのでiPhoneなどに転送しておくと便利かと思います。保証期間は購入から1年間となっています。
以前使っていたランニングウォッチ(TIMEXのもの)はベルトの付け根から折れて使えなくなってしまったということもあったので、ベルトの交換できるという点は個人的にかなりポイントが高いです。ベルトにはたくさん穴が開いているので自分の手首の太さにぴったりと合わせることができるのもいいですね。

g235-2a.jpg
充電ケーブルの長さは1mほどで、時計本体にクリップを挟んでUSB充電器等を使う形になります。私には1mはさすがに短く感じたのでAmazonでエレコムのUSB延長ケーブルも買いましたが、データ転送はともかく充電に使う場合は延長ケーブルと充電器との相性のようなものが出る可能性があるので注意が必要です。
(Amazon basicの延長ケーブルでは充電できませんでしたが上記エレコムのケーブルでは大丈夫でした。)


初期設定をしようと電源を入れてみたところバッテリーが放電してしまっていたようで先に充電する必要がありました。充電が終わり改めて電源を入れてみたところ、初っ端からトラブルに遭遇です。
起動画面の「Garminのロゴ」が出たまま数分経っても待てど暮らせど一向に立ち上がる気配がありません。
どうやらいきなり起動画面でフリーズしてしまったようです。

マニュアルに記述のあるマスターリセット方法は、
   1. ForeAthlete235の電源を切る
   2.『LAP』ボタンを押しながら『POWER』ボタンを押して、電源を入れる
   3.『ユーザーデータを消去しますか?』とメッセージが表示される
   4.「はい」を選択するとユニットが再起動され、工場出荷時の初期状態に戻る
なのですが、そもそも起動画面のGarminのロゴが出ている状態でフリーズしてしまっているので「1」の電源を切る操作ができない状態になってしまったのでどうしようもありません。

初期不良品に遭遇してしまったのか、はたまたいきなり修理行きかとがっかりしましたが、なにか強制的に電源を切る方法があるはずだ思って検索していると、「すべてのボタン長押し」で電源を切ることができるという情報を寄せている方が居たので試してみたところどうにかこれで無事電源を落とすことができました。
その後念のためマスターリセットの手順を踏んだ上でようやく初期設定に進むことができてホッとしました。



そのままでは時計の表示面がプラスチックのようで傷付きやすそうだったので保護フィルムを貼っておくことにしました。ランニング時は腕振りや体操などをしていて公園などの手すりに「カンッ」という音と共に時計の表示面を当ててしまうこともありがちなので予防策です。

タブレットやスマホよりも貼り付け面積が小さいのでホコリが入ってしまう心配も少なく、比較的容易に貼ることができました。ホコリ取り用にコヨリのようにしたセロテープを用意しておくとより作業がしやすいと思います。見やすさ重視で低反射タイプにしてみました。


製品登録はマニュアルでは日本の代理店であった「いいよねっと」で購入後30日以内に行うよう書かれていましたが、「いいよねっと」が今年の4月に吸収されていて今は「ガーミンジャパン」で製品のサポートが行われるようになっています。また、この吸収に伴って製品登録をする必要は無くなったようで、現在は製品保証書と購入履歴の証明ができればサポートを受けることができるそうです。


製品登録は必要なくなりましたが、「Garmin Connect」「CONNECTIQ」 といったサービスを利用するには「Garminアカウント」の作成が必要ですので「http://www.garmin.co.jp/」からなるべく早く作成しておきましょう。CONNECTIQ ではウォッチフェイスや搭載アプリを多数の候補の中から切り替えることができるので気分転換にもなります。アプリの転送にはやや時間がかかるかなと感じました。

スマホがあるなら「Garmin Connect Mobile」は是非インストールしておきましょう。アプリを立ち上げるだけでBluetooth接続で連携して走行データを自動的にGarmin ConnectへアップロードしてくれるのでいちいちPCに繋いで転送させる手間が省けますし、スマホでの走行データの確認もバッチリです。

ディスプレイの視認性も良好で太陽光下だけでなく暗くなってきてもバックライトがあるので問題ありません。もう少し解像度が高ければ最高だったかなとは思います。バッテリーの保ちもかなりよく、GPSをフル稼働させてもフルマラソン程度は問題なさそうです。



とにかくモチベーション維持に最高ですね。走ったコースや距離・時間・平均ペースや高低差など様々な情報が記録されるのでランニング後にニヨニヨしてしまいます。Garmin Connectで見ると信号待ちで止まったり歩いていた区間まで一目瞭然で面白いですね。衛星の補足はとても早く、米国のGPSだけでなくロシアのGLONASSや日本の「みちびき」の補完信号にも対応しています。(現状補足できる「みちびき」は1機のみですが。)

無事打ち上げが成功してみちびきが4機体制での運用が始まったとしてももさすがに誤差1m以下!なんてのは補強信号対応に受信機の改良が必要なのでファームウェアでどうこうするのは無理でしょうが(価格やバッテリーの問題もありそうです)、少なくともビル街などで衛星の信号を受信できない場所はさらに減るでしょうし多少なりとも精度の向上も望めるかも知れないので期待したいところです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今更ですがApple Pencilを買ってみました。 [ガジェット]

iPad Proを買った当初はまあ必要ないかなと思っていたのですがせっかくの売りの機能の一つですし、どうしても試してみたくなって結局Apple Pencilも購入してしまいました。久しぶりに佐川急便の配送でしたが配送能力がパンクしてしまった状態が続いているのか荷物の追跡機能がかなりアバウトになってしまっていますね。以前はもう少ししっかりしていた記憶があるのですが・・・。

毎度のことですがAppleの製品にはきちんとした説明書のようなものは同梱されておらず、極々基本的な使い方の書かれた紙しか入っていないので以下リンクの辺りくらいは見ておいてもよいでしょう。

a-pen-1a.jpgパッケージングはやはりさすがですね。iPhoneやiPadと同様の梱包の仕方で、箱に入っているだけなのに製品を取り出す喜びのようなものを感じてしまいます。
付属品は、Lightningケーブル用の充電アダプターと予備のペン先が一つに、ペアリング方法などが簡潔に書かれた紙のみとシンプルそのもの。一瞬どうやってパッケージを開けるのか分かりませんでしたが、箱のペン先の方にベロが付いていてそれを引き出して開けるのですね。
箱からすっと引き出す時の絶妙の抵抗感がまた心地いいのです。


長さ17.6cm、重量20.7gですが持ってみると意外にずっしりとした感じを受けます。ところが重量バランスが良いのかペンを握ってみると不思議と重さを感じることも無く非常に持ちやすいのに驚きます。

iPadに貼っている保護フィルムの表面がガラスなのでどうしても紙に書くのとは違ってツルツルした書き心地になってしまいますが、なにせペン先のレスポンスがとてもいい。強めに書けば線が濃く太くなり、傾きを変えて書けば鉛筆の腹でこすったように濃淡を変えながら塗りつぶすこともできる。iOS標準のメモアプリでもかなりの事ができるのは面白いですね。描き心地に関しては紙のような描き心地になる保護フィルムもあるようなのでペンタブレットとしての利用がメインの方はそちらを使ってみるのもいいかも知れません。


欠点はやはりどうしても気になってしまうペアリング方法。iPadのLightningコネクタにぶっ刺しというのは差した姿がプラカードみたいでなんともマヌケです。ジョブズが存命なら絶対にOKがでなかったでしょう。この方法で15秒接続すると30分使える程度に充電もできるそうですがあくまでも緊急用ですね。何かの拍子に引っかけたりすると折れてしまいそうですし常用する人はあまりいないと思います。
また、胸に挿すクリップのようなものがないのでコロコロと転がってしまいます。(物にでも当たって止まらない限り止まった時に必ずキャップ付け根のApple Pencilロゴが上に向いて止まるのはすごい。)長いので胸ポケットに差すというわけにはいきませんが転がり防止のためにあっても良かったんじゃないかと思います。
Lightning端子のキャップと充電用のアダプターがとても小さいので無くしてしまわないか不安もあります。

そこで、もしキャップと充電用アダプターを無くしてしまった場合、純正品が購入できるのか気になったのでAppleのサポートに聞いてみたところ、
         Apple Pencil Cap         1,200円+税
         Apple Pencil Charger Adapter   600円+税
で売ってくれるそうです(送料込み)。尚、購入時にはApple Pencil のシリアル番号の確認が必要になるので準備しておいてください。(シリアル番号は箱の裏のシールに書かれています。)


私は充電の度にアダプターを探して付けたり外したりが煩わしかったので下記のような雌型コネクタの付いたLightningケーブルを別途買うことにしました。これだとアダプターの紛失の心配もせずに済むので家で使うには悪くないと思います。シリコン製のキャップホルダーなどとセットになっていますがこれも着けるとデザイン的に好きになれなかったのでケーブルのみ使っています。(転がり防止にはいいのかも知れませんが。)

アプリはとりあえずメモ用に「GoodNotes」、お絵かき用に「MediBang Paint」を入れてみました。「アイビスペイント」もよさそうなので試用して気に入ったら購入するかも知れません。「Procreate」も定番のようですね。簡単なスケッチを描く場合でもレイヤー機能が使えるアプリだと大雑把に下書きをして別のレイヤーでなぞって清書したりできるので本当に便利です。


欠点もありますが一度使ってしまうとこの反応の早さと便利さに手放せなくなると思います。最初はちょっと高いなと思って購入を躊躇していましたが、追加で1万円出す価値は十分にありますね。もっと早くに買っていても良かったかな。



Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers


CASIO PROTREK PRT-60WWJ の電池を交換 [ガジェット]

ランニング用に使っていたタイメックスのT5H381というスポーツウォッチのバンドの付け根付近に亀裂ができてしまっているのを見ているとそこからポッキリ折れてしまいました。樹脂バンドがこれほど脆いとは・・・。交換も不可能なようなのでどうしようかと思っていましたが、ふと随分前に電池が切れたきりほったらかしにしていたCASIO PROTREK PRT-60WWJ(WWFモデル) の存在を思い出し、電池交換に挑んでみました。

protrek-1b.jpgまずはバンドを外して裏蓋を開けます。普通のプラスネジですが非常に小さいので精密ドライバーくらいは用意した方がいいです。
右側の写真は蓋を開けるとすぐに目に入る白い樹脂製の部品と防水用のパッキンを取り去ったところです。緑〇印のところに2つ小さなバネがあるのでひっくり返したりして無くさないように注意が必要です。
組み立てるときは取り外した樹脂製部品の裏の電極部分と緑〇印のバネが合うようにはめ込みます。ムーブメントを外してしまうと戻すときに各ボタンのかみ合わせで苦労することになりそうなので気をつけて作業していきます。

電池は赤〇印のところのストッパーを外すと取り出せるようになります。ちょっとコツが必要ですが極細のマイナスドライバーの先などを突っ込んでてこのような感じで動かしてやると外れるので隙間から電池を抜き取ります。(私は幅1mmのマイナスドライバーを使いました。)

protrek-2a.jpg
交換用の電池は「CR2016」という型番のリチウムコイン電池です。
型番の「C」 は二酸化マンガンリチウム電池
   「R」 は円形
   「20」は直径20mm
   「16」は厚さ1.6mm を表しています。
どこのメーカーのものでもかまいませんが電池の厚さを間違えると蓋が閉まりませんので注意です。120円ほどでした。


交換したら再びストッパーを押し込んで電池を固定します。外すときと違ってこちらは簡単でした。
裏蓋の裏には電池交換後に必要な時計のリセット作業などについて書いてあります。

protrek-3b.jpg<クリックで拡大>
裏蓋に指示のあるとおり、時計の赤〇印の「AC」と刻印されている端子と電池のプラス極とをショートさせて時計をリセットします。私は細いリード線を折り曲げて使いました。

時計の文字盤を下から覗き込んで「95 1-1 12:00」の表示が見えていれば成功です。
あとは防水パッキンと最初に外した白い樹脂製の部品をはめ込んでから裏蓋を閉めれば作業完了です。
裏蓋のネジを閉めるときは対角に少しずつ閉めていきましょう。

protrek-4a.jpgスキーの時などによく使っていたので傷だらけになってしまっていますがライトの点灯(ゾウガメ)も問題なさそうですし、時刻を合わせてバンドを再び取り付ければ完成です。
パッキンもかなりダレていたので防水性能は期待出来ませんが、ジョギングに使う位ならもうしばらくは大丈夫でしょう。そろそろスマートウォッチの購入も考えているのでその間保ってくれれば御の字です。
なによりも20年前近くのデジタル時計がそれも何年もの間ずっとほったらかしにしてたのに電池交換だけですんなり動いたのには驚きました。しっかり作られていたのですね。


ちなみに防水検査もちゃんとしてもらいたいという場合にはカシオのサポートから依頼することもできます。
修理お申込み(WEB修理受付サービス)
このモデルの場合は3,150円(税込み・送料別)のようでした。この料金には電池交換の他、防水検査やパッキンなどの部品代も含まれているそうです。依頼する場合は往復2週間程度は見ておいた方が良いでしょう。
(より大規模な修理になって修理代金が大きくなる場合は見積もりの連絡もくれるそうです。)


iPad Pro 9.7inch 128GB のApple整備済品を入手しました。 [ガジェット]

昨年末に iPad Pro 9.7inch 128GB Wi-Fi モデルのApple整備済品を入手しました。
ずっと第4世代のiPadを使ってきたのですが、さすがに32GBの容量ではなにかと厳しくなっていて買い換えを検討していたのです。一時はスピアネットを使った米国からの個人輸入も検討していたのですが、円安に振れてメリットがなくなってしまったため保留していました。

そう言えば整備済品もあったなと思って「整備済製品&旧モデル新品」のページを見たりしていたのですが、米国Appleでは昨年9月か10月頃には既に整備済みiPad Pro 9.7インチの販売が始まっていたものの日本では品目リストに追加されても一向に販売が始まりませんでした。そうこうしているうちに円安がさらに進み、またそろそろAppleの価格改定があるんじゃないかと思いながらチェックしていると、12/21の夜についに販売開始されているのを発見しました!発見当初は32/128GBのWi-Fiモデル全色の在庫があったのですが、スペースグレイの128GBは人気が高いのか一瞬で売り切れてしまいました。幸い私はシルバーにしようと思っていたのでよかったのですが、どうせならApple Payで決済出来ないかと調べていたのでちょっと焦りました。(この話はまた後ほど)

Appleの整備済品(refurbish品)は初期不良や返品・修理などでAppleに戻ってきた商品を再整備して外装やバッテリーを新品に交換し、品質確認テストされた後新品同様1年間の保証が付けられたもので、購入後30日以内ならApple Careに加入することも出来ます。どうしてもまっさらの新品じゃないと嫌だというのでなければ非常に魅力的な選択肢だと思います。特にAppleの整備済品は評判もいいようですし。

価格は15%引きで、本体61,900円に消費税を合わせて66,852円で入手することができました。1万円ほど浮いたのでそのうちApple Pencilも買ってみようかと思っています。実は購入直後に今年はAppleが初売りを再開するらしいと知り、うっ早まったか・・・と思ったものの当日は対象外で杞憂に終わりほっと胸をなで下ろしたのはナイショです(笑)。商品券などが付く可能性もあったのですよね。

ipad pro -1b.jpg
このように段ボールの中で中空状態で保持されていて配送時に商品に傷つかないように配慮されています。
化粧箱の表面がiPadの側面をあしらったデザインではなく「Apple Cretified Refurbished」と書かれていて区別できるようになっていること以外通常の新品と何ら変わらない梱包でした。21日の夜に発注して翌日出荷、到着は23日の昼でクロネコさんの配送でした。配送履歴を見ているとどうやら羽田から航空便で近くまで飛んできたようです。

ipad pro -2.jpgiOSは10.1がプリインストールされていました。付属の充電器はサイズこそ変わらないものの第4世代の12Wから10Wへと変更されていました。
第4世代と比較してみるとやはり狭額縁化と重量の軽減からか画面サイズは変わらずに横幅が1.5cm程小さくなっただけなのにそれ以上にコンパクトになったような印象を受けました。437g(Pro)と652g(第4世代)の差は持ってみると相当大きいですね。電子書籍を読むのは特に楽になりました。

実際に使ってみるとまず、iOS10との組み合わせでは指紋認証が本当に便利です。銀行やカード会社・証券会社などの一部のアプリでもホームボタンにさっと触れるだけで認証されるので非常に使い勝手がよいです。無線LANの11ac対応の恩恵も十分に得られています。第4世代では11aまででしたのでアプリのダウンロードやWebページの表示の速さなど体感で感じることができています。スピーカーも4ヶ所になったのでステレオ感も十分得られ、本当にこのサイズでよくここまで鳴るなと感心します。128GBと容量もたっぷりあるので少々高音質の音源やアプリを色々入れたところで当面心配することはなさそうです。もちろんゲームでも高いグラフィック描画性能のおかげでかなりの余裕が感じられます。nasne 連携でのテレビ視聴がまた枕元で寝ながら海外サッカーをを見る場合などにとても便利です。イヤフォンを付ければ深夜でも音を気にする必要もありませんしね。
不満点は例のカメラの出っ張りくらいでしょうか。これも背面保護を兼ねて適当な保護ケースを付けてしまえばフラットにできるのでほぼ気にはなりません。

ipad pro -3.jpg液晶保護フィルムはamazonで売られていた旭硝子の強化ガラスを使ったフィルムを使ってみました。ガイドシールやクリーニング用品が充実していて気泡やホコリを入れず綺麗に貼る事が出来ました。効果を試すような場面は訪れて欲しくないものですが保険です。指の滑りや感度への影響はあまりないようです。


3月頃にはiPad Pro 2が出るという噂もありますが、遅れそうだという話も聞きますし円安などが影響して価格が高くなってしまう可能性もあります。某大統領のせいで米国生産になって価格が上がってしまうというケースはあったとしてもまだまだ先の話ではあるでしょうけど(笑)。待てるなら待つのもありですが特に電化製品は欲しいと思った時が買い時。現行品のiPad Proも数年は十分に使用に耐えると思いますし多少なりとも安価で入手できる整備済品も購入の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
その後も再入荷してもすぐに捌けてしまう状態が続いているようですので、欲しい方はできるだけこまめにチェックして見つけたら素早く確保してしまう方がよいでしょう。





さて、冒頭のApple Payの件ですが・・・。
鳴り物入りで日本でもサービス開始されたApple Payですが、なんとAppleのオンラインストアが対応していませんでした。SafariやiPhone/iPadのストアアプリからなら決済出来るかもと思って試してみたのですがやはり決済手段として用意されていませんでした。そこでネタにもなるかと問い合わせてみたところ、
 ・私(サポート担当者)もApple製品の購入の際、Apple Payの支払いを思い浮かべるだろう。
 ・案内するから安心してね。(?)
 ・既に米国などではオンラインストアでApple Payの利用が出来るが、まだ日本では利用の準備が出来て
  いないようだ。
 ・対応状況や開始などについての詳しい情報を案内することは出来ない。
 ・今後利用が可能になった場合、ウェブサイトやApple Storeアプリで公開された情報を確認頂してもらう
  ことが可能だと思われる。
 ・フィードバックを元にApple Payの顧客体験の向上に務めていくね。
(一部要約・改変しています)

とまるで他人事のような返事が来ました。
Suicaや実店舗の方ではそこそこ広まりつつあるようですが、旗を振るはずのAppleがこのような意識だとは本気で広める気があるのかとちょっと呆れてしまいました。決済時にちょくちょくエラーが出てるらいしいのは初期だからある程度仕方ないとしてもなかなか前途多難なようです。



※ 1/16 追記
Apple Care+ に関してはどうするか迷っていましたが。結局加入することにしました。Webでの加入手続きは決済画面で真っ白のページが表示されてしまって上手くいきませんでしたが、サポートに電話するとその場ですぐに加入手続きが終わりました。これで甥っ子姪っ子が遊びに来ても安心です(笑)。



MLMV2J/A iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 128GB スペースグレイ

MLMV2J/A iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 128GB スペースグレイ

  • 出版社/メーカー: Apple(アップル)
  • メディア:


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

携帯を iPhone SE に変更 [ガジェット]

もう10年近く使い続けていたガラパゴス携帯の Panasonic P904i がとうとう力尽きて壊れてしまいました。バッテリーも少し妊娠しかけていましたし、いい加減買い換えないといけないなとは思っていたのですが、通話はできるものの画面が全く表示されなくなってしまいました。9月にiPhoneの新機種が出るようなのでとりあえずそれを見てから決めようと思っていましたが、残念ながらそれまで保たせることは出来ませんでした。

ipse-1b.jpg Xperia や iPhone6/6s などと比較した上で結局 iPhone SE に決定しました。最終的に決め手になったのはサイズ。片手にすっぽり収まるサイズがとても魅力的でしたし、iPhone 5s とほぼ同じデザインとはいえCPUが第4世代iPadと同世代のA9チップに強化されているなど各所に手が入れられていて、ただの廉価版ではないという所が気に入りました。
また、Xperiaは音楽関係の機能がかなり魅力的でしたが発熱がかなり多そうな点、iPhone 6はいくつか不具合を抱えているらしい点(タッチ病など)が気になりました。6sはやはりやや高価なのとサイズですね。iPadもあるので携帯は最低限のことができればいいかなというのも理由の一つです。

メモリは64GBのモデルにしました。これだけあれば音楽などもかなり入れられるし快適に使えるでしょう。
113gという重量の割にはずっしりしているなと感じました。カメラの画質も充分、勿論メールやTwitterに音楽も聴けてゲームや地図、マーケット情報のチャートまで見れるのに手の平サイズ。10年前のガラケーと比べるのはアレですがほんとすごい時代になりましたね。レスポンスもとてもいい!


液晶保護用のフイルムとケースは【Spigen】の「iPhone SE ガラスフィルム(2枚セット・硬度9H)」と「iPhone SE ケース(米軍MIL規格取得 落下・衝撃吸収)」にしました。
フイルムの方はクリーナーなども付属していて位置決めもし易く、気泡を入れること無くすんなり貼り付けることができました。タッチ感度に影響することも無く指の滑りも良好です。
ケースの方も裏が透明なのでiPhoneの美しさを損なうことも無く、適度にエッジがあるので滑りにくくなり手によく馴染みます。Lightning端子やイヤホンジャックの位置も問題ありません。
どちらも所詮は保険ですが、携帯ってあっと思ったら落としてたりしますからね。これで少しは安心して使うことができるでしょう。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ガジェット ブログトップ