So-net無料ブログ作成
映画・音楽 ブログトップ

「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」が圧巻! [映画・音楽]

「オペラ座の怪人」はフランス人作家のガストン・ルルー氏が1909年に新聞の連載小説として発表しました。翌年に出版されて以来幾度となく様々なアプローチから映画化され、ミュージカルとしても1986年初演のアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲「オペラ座の怪人」と1991年初演のモウリー・イエストン作曲「ファントム」の2作品が有名です。日本では劇団四季が「オペラ座の怪人」を、宝塚歌劇団が「ファントム」を上演しているようで共に非常に好評のようですね。

映画版で個人的に記憶に残っているのは確か大学生の頃だったか相当前に一度だけ深夜に見たクリスティーヌが「You're my little shadow~♪(これも記憶が怪しいのですが)」と切なげに歌い出すシーンのある白黒映画のバージョンだったと思うのですが、もう一度見たいと思って探しているものの全く見つからないのですよね。Wikiなどを見る限り白黒の映画は1925年版(1929年版)が最後のようですしどこかで記憶違いでもしているのでしょうか。


それはともかくとしてここで取り上げる「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」は、2011年にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでアンドリュー・ロイド=ウェバー版ミュージカルの初演から25周年を記念して行われた特別公演の模様を収録したものです。アンドリュー・ロイド=ウェバーは「オペラ座の怪人」以外にも「ジーザス・クライスト=スーパースター」「キャッツ」「エビータ」の作曲を行うなど正にミュージカル界の巨匠です。各回5,000人、2日間で3回のみというこの公演のチケットは即完売となり、世界各国のスクリーンでも衛星生中継されました。日本ではWOWOWで放映された他映画館などでも上映されていたそうですね。

とにかくロイヤル・アルバート・ホールの荘厳な雰囲気の中で奏でられるロックの要素も加わったオーケストラの重厚なサウンドと各キャストの歌唱力、華麗なダンス、豪華な衣装の数々が圧巻の一言!どの曲も素晴らしいのは言うまでもありませんが、舞台美術では大型ディスプレイも効果的に採り入れるなどミュージカルも進化しているのですね。2幕制で途中休憩を挟んだ約2時間20分の本公演と後述の20分程のカーテンコールの模様が収録されていてボリュームたっぷりです。一体どれ程の人がこの公演に関わっていたのでしょうか。舞台に上がるキャストだけでも軽く100人以上は居たように思います。それに加えてオーケストラや照明、メイク、美術・・・。とんでもない規模です。





カーテンコールではアンドリュー・ロイド=ウェバー本人が登場し、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュを初め本作に関わってきたスタッフの献身を労います。ロンドン公演オリジナル・キャストの紹介に続き初代ファントムを演じたマイケル・クロフォード、更に「My Angel of Music !」と元妻でもあり初代クリスティーヌ役を務めたサラ・ブライトマンをステージに招き上げます。ちなみにサラが初代クリスティーヌを演じていた当時の公演チケットは数ヶ月先まで売り切れてしまうという状態だったそうで、オペラ座の怪人への出演を機に世界的なディーバとして広く認知されることとなりました。

そして「The Phantom of the Opera」の熱唱が始まります。サラ・ブライトマンに加えてカナダ初代ファントムのコルム・ウィルキンソン、オーストラリア初代ファントムのアンソニー・ワーロウ、当時のロンドンでファントムを務めていたペーテル・ヨーバック、ロンドンの次期ファントムに決まっていたジョン・オーウェン・ジョーンズと4人もの「ファントム」との共演です。最後はサラの迫力有るソプラノボイス(全盛期は過ぎてしまったようですがそれでもまだまだ!)にファントム達が入れ替わり立ち替わり「Sing, my angel of music !」「Sing for me !」と合いの手を入れつつ今回ファントムを務めたラミンも加わって曲は「Music of the Night」へと続き、満場の拍手に包まれる中この豪華絢爛な特別公演は幕を下ろします。


iTunes Storeで購入し(勿論レンタルもあります)、Apple TVからAVアンプに繋いで視聴しましたが画質・音質とも非常に満足のいくものでした。出来れば重低音の出せる環境で視聴していただきたい作品です。それにしても家に居ながら何度でも見返すことが出来るのが非常にありがたいですね。英語ですが字幕も付いていますし、カメラワークも秀逸でとにかく作品としてのクオリティが高いのであまりミュージカルを見たことがないという方にも是非ともお薦めしたい一本です。


ディスク版の方がいいという方はこちらをどうぞ。 ↓↓↓
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

映画『ラ・ラ・ランド(La La Land)』を iTunes Store で買いました [映画・音楽]

映画『ラ・ラ・ランド』が「ヒットムービー期間限定価格」ということで iTunes Store で安くなっています。販売元の意向なのか残念ながら4KやDolby Atmosには対応していませんが、非常に魅力的な価格になっていたので購入してしまいました。iTunes Store では時折こういったセールを行っているのでたまにはチェックしておく事をお勧めします。MACはどうなのか知りませんが、iTunes StoreのチェックはPCのITunesで行うよりはiPadでするのが見易いですね。

今回のセールでは他に「グレイテスト・ショーマン」「ブレードランナー 2049」「インターステラー」「この世界の片隅に」などが対象になっています。また、こちらのセールとは別に「ベストセラー★ベストプライス」というコーナーで「500円以下」「800円以下」「1000円以下」「1300円以下」「1500円以下」と価格帯別のセールも行われています。こちらの方は常時行われていて、時々対象となる映画が入れ替わっているのでチェックしておくと思わぬ掘り出し物に巡り逢えることもありますよ。

iTunes Store では4KやDolby Atmosに対応した作品が徐々に増えていて、以前に購入していた作品でも気がついたら無料でアップグレードされていたなんて嬉しいこともあるのですが、配給会社によってはどうも4K版の配信はあまりさせたくないという方針になっている所があるようです。特にDisneyやLucasfilm(スターウォーズシリーズ)、PONY CANYONなどはかなり望みが薄いですね。FOXもDisney傘下になってしまったので今後出てくる作品に関しては厳しくなるかもしれません。


『ラ・ラ・ランド』自体については既にテレビ放映もされましたので今更語るまでもありませんが、ロサンゼルスを舞台に女優になることを夢みてカフェで働きながらオーディションを受け続けるミア(エマ・ストーン)と将来は自分の店で自分の「ジャズ」を心ゆくまで演奏したいと思っているものの資金も無く、なかなか自分の思うような演奏をさせてもらえず燻っているジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)の物語です。互いに刺激し合いつつも、開業資金作りの為に入ったバンドの成功で忙しさのあまり逢う時間が減り、バンドの為に妥協した音楽を演奏するセブへの反発やなかなか花を咲かせられないエマ自身の葛藤からやがてすれ違いが始まる・・・といった感じです。





ゴールデングローブ賞で7部門でノミネートされてその7部門全てで受賞する快挙、その後のアカデミー賞でも14部門でノミネートされ6部門を受賞するなど輝かしい受賞歴を持つこの映画は軽快なステップのダンス、美しい旋律のメロディ、儚く切ないストーリー、ちょっとレトロな感じのする映像全体の色使いが独特の雰囲気を醸し出している映画ですね。特にカリフォルニアの夕闇迫る情景をバックにエマとセブが掛け合いながらダンスを踊る「A Lovely Night」のシーンがとても印象的で心に残っています。

オリジナル・サウンドトラック・アルバムはこちら ↓↓↓

サントラの方も1300円とかなり安くなっています。

私としては大好物のジャンルなのですが、ミュージカル映画なので好き嫌いは分かれるとは思います。少し前までAmazon Prime Videoでも観ることができたので既に何度も観たのですが、やはり好きな映画はいつでも気が向いたときに観れるようにと購入してしまいました。舞台化の話も進んでいるようですね。実現はまだしばらく先になりそうですが、そちらでも是非観てみたい作品です。

タグ:映画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「アリー/ スター誕生」の配信版をiTunes Storeで購入しました。 [映画・音楽]

BDなどのディスク版の発売は5月22日とまだかなり先ですが、iTunes Storeなどで配信版の販売は既に始まっています。ポスターやポストカードなど物理的な特典こそ付きませんが、僅か2,500円という価格で4K HDRにDolby Atmosという豪華な環境で視聴することができるiTunes版は、Apple TV 4Kを持っている方には歓喜の仕様でしょう。インタビュー映像やミュージッククリップ集など特典映像もたっぷり付いてきます。





この「アリー/ スター誕生」という映画自体は1937年に公開された「スタア誕生(A Star is Born)」のリメイク作品なのですが、驚くことになんと3度目のリメイクとなるそうです。オリジナル版と2作目のスタア誕生はハリウッド女優になる話でしたが、バーブラ・ストライザンドが主演した3作目から歌手として成功する話に変わり、ジュディ・ガーランド主演の2作目からは「歌」がとても重要な存在となっています。

有名カントリー歌手のジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)がコンサートの後偶然立ち寄ったバーでアリー(レディー・ガガ)のパフォーマンスを気に入り、その後聴いた自作曲の完成度と歌唱力に惚れ込んで半ば無理やり自分のステージに立たせて歌わせたことから一気にスターダムを駆け上がっていくといったストーリーですが、落ちぶれていくスターとのし上がっていくヒロインという構図はオリジナル版で使われて以来数多くの映画作品に影響を与えてきたのだそうです。

ブラッドリー・クーパーが監督兼主演男優、レディー・ガガが主演女優を務めて見事な成功を成し遂げたこの作品ですが、実は当初の企画ではクリント・イーストウッド監督で主演女優はビヨンセが予定されていたそうです。ところがその後数々の出演候補者との交渉が不調に終わったりビヨンセの降版、イーストウッドからクーパーへの監督交代などとなかなかの難産となった作品です。過去に作られてきた「スタア誕生」の全てがアカデミー賞やゴールデングローブ賞などで有力部門で高い評価を受けていたということもあり、製作にあたってのプレッシャーも相当なものだったでしょう。完成した作品を観る限りそのような経緯の影響など微塵もなく、最初から予定調和されていたかのような素晴らしい出来にしか思えませんが。

レディー・ガガの存在は無論知っていましたが、奇抜なイメージが強くてこれまでまともに音楽を聴いたことはありませんでした。素顔もこの映画で初めて見ましたが、とにかく驚いたのが彼女の歌唱力の高さ。これ程声が出せるとは思っていませんでした。この映画の前回のリメイク作品で主演していたバーブラ・ストライザンド、「Rose」「For the Boys」のベット・ミドラー、「Evita」のマドンナなど歌手でありながら映画女優としても成功した方はそう多くはいないと思いますが、レディー・ガガも間違いなくこの中の一人ですね。

この映画の中に散りばめられた楽曲はどれもとてもレベルが高く素晴らしいものばかりです。ブラッドリー・クーパーも凄い人ですね。渋い声がカントリーミュージシャンという役柄にぴったりでこれがまた上手い。テレビCMでもよく流れていた主題歌の「Shallow」はグラミー賞やアカデミー賞など数々の賞にノミネートされ、世界中の多くの国で週間チャート1位に輝いたようですが、その他にも冒頭のジャクソンとアリーの出会いのシーンで流れるガガの「La Vien Rose」(これがまた見事なシャンソン!)、ピアノ弾き語りで始まる「Always Remember Us This Way」、朗々と歌い上げる「Is That Alright?」、ラストに流れる「I'll Never Love Again」は故ホイットニー・ヒューストンを思い起こさせたりと正に名曲揃いで下のサウンドトラックアルバムの方も大ヒットしているそうです。



世界各国での賞賛ぶりから比べると同時期に公開されていた「ボヘミアンラプソディ」の方に話題性を奪われてしまったのか今ひとつ日本では盛り上がりに欠けていたようですが、こちらも是非観て頂きたい作品です。この映画はミュージカル映画ではありませんが、「ラ・ラ・ランド」「マンマ・ミーア!」など音楽を主体とした映画が好きな方には間違いなく薦められる一本だと思います。


P.S. 劇中の楽曲がほんとに良かったので結局サントラアルバムの方も買ってしまいました。「I'll Never Love Again」の拡張版も入っていますよ。



タグ:映画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の予約が始まりましたね。 [映画・音楽]

まだまだ興業も続いているし日本での発売に関する情報が全く出ていなかったので当分先かとも思っていましたが、発売・配信開始予定日は4月17日ということで唐突に予約が始まりましたね。17日になったのはクィーンが初来日したのが1975年の4月17日でこれを記念してこの日が「クィーンの日」とされているからなのだそうです。実は私、そのような記念日が出来ていることは知りませんでした(汗)。まあ記念日として制定されたのは2015年(来日40周年記念に作ったらしい)だそうですが。




私がQueenと出会ったのは中学生だった頃です。ちょうど洋楽なんかを聴き始めて間もない頃で、友人が勧めてくれたのがきっかけでした。映画のタイトルにもなっている「Bohemian Rhapsody」は長い曲だった為かFMラジオなどで曲が流されてもほとんどの場合後半の曲調がガラッと変わる辺りでフェードアウトされてしまっていたことを覚えています。最後がまた正気に戻ったかのような美しい終わり方なのにね・・・。今でもあちこちで流されている「We Will Rock You」「We Are the Champions」などの皆で一体になることの出来る曲や「Don't Stop Me Now」「The Show Must Go On」「Radio Ga Ga」など好きな曲はいくらでもありますが、4人のメンバー全員が作曲出来たということもあって多様性が本当にすごいですね。これまでも何度も日本でブームを巻き起こしてきたバンドですが、これまで知らなかった方や新しい世代の方にも映画をきっかけにまた新たに知って頂くことができて一ファンとしても嬉しい限りです。

さて、冒頭で触れたとおり既に各店で様々な特典が付いたものや4K版などの予約が始まっているわけですが、私は iTunes Store で配信版を購入することにしました。と言いますのも、iTunes Storeで購入した場合Tシャツやポスターなどの物理的な特典こそ付きませんが、Apple TV 4K を持っていればたった2,500円で4K映像版にDolby Atmos音声という仕様で楽しめてしまうからです。4K UHD版はディスクで買うと通常版ですら倍以上の価格になってしまいますし(そもそもUHD BDを再生できる機器を持っていません)、iTunes Extraとして特典映像も付いています。買切り型の配信版もAmazonやPlayStation Video、Google Playなど色々なところで購入することができますが、現状日本で4K+Dolby Atmosという環境で視聴することができるのはApple TV 4Kくらいじゃないかなと思います(違っていたらごめんなさい)。

映画同様下記リンクのサウンドトラックアルバムも1985年のLive Aidで披露された5曲の音源も収録されていてかなりの人気になっているようですね。



特典TシャツやBD/DVDのディスクが必要な方は店舗で予約するとよいでしょう。他にもポストカードやポスター、タンクトップなど店舗によって様々な特典が用意されているようです。


※ 4/17 追記 ※

既に配信が始まっています。iTunes Extraによる特典映像は、
 スペシャル映像特典として
   ■ 「ボヘミアン・ラプソディ」製作秘話(5分49秒)
 製作の裏側として
   ■ “ライヴ・エイド” パフォーマンス映像(未公開映像込みの完全版:21分55秒)
   ■ ラミ・マレック:フレディになるまで(16分13秒)
   ■ よみがえるレガシー(21分44秒)
   ■ “ライヴ・エイド”をもう一度(19分56秒)
 オリジナル劇場予告編集(3種)
と盛りだくさんの内容でした。BD版の特典映像と同じ内容に製作秘話が追加された形ですね。


【Amazon.co.jp限定】ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (特典映像ディスク&オリジナルTシャツ付き)[Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (特典映像ディスク&オリジナルTシャツ付き)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

タグ:映画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
映画・音楽 ブログトップ